フォト

最近のトラックバック

« 白黒はっきり | トップページ | 不易と流行 »

2011年5月27日 (金)

尾翼

Rimg0933

 すねて寝ているところを撮ろうと忍び寄ったとき、台所の方でビニール袋をカシャカシャいわせる音に反応して顔を上げた「ちち(仮名)」さん。なかなかフォトジェニックです。だんだんと大人になってきたのか、こうしてドテッと寝そべっていることも多くなってきましたが、相変わらず飼い主の声、袋を開ける音などには敏感に反応して飛び起きる彼女です。

Rimg0940

 奈良の人が岡崎まで行って飼ってきた変なペン。だいたい、街の文房具屋さんのショウケースにこういうペンが並んでいる(それも複数)ことがおかしいのですが、そのおかしさに反応してしまう方はもっと重症なのかもしれません。

 存在は知っていて、1本ぐらいは・・・・・と思っていたのですが、そもそも店頭においてあるのをあまり見かけません。これでもかっ、とディスプレイされていたのと、ペンクリでお世話になったら何か購入、という基本方針があることからいただいてきたものです。

Rimg0941

 こんな感じで、ケースの中においてあったのです。まず思ったのは、この尾翼、とれるのかなぁ、ということと、尾翼がついたまま、ケースの蓋が閉まるのかなぁ、ということでした。完全にボールペンのことは無視してます(笑)。

 宇宙で書けるからと言っても、そうそう宇宙に行くわけでもありません。第一、飛行機に乗るのも怖い人が宇宙船なんてとんでもない話です。逆さまに角なんて状況も考えにくいですから、加圧された特殊インクの書き味がどんなものか、ということぐらいですね。

Rimg0943

 アメリカすなわちクローム、っていうイメージが強いのですが、これもしっかりクローム。ピカピカに磨き上げてもすぐに指紋でベタベタですが・・・・・。ちなみにこの尾翼、ジャンボジェットをイメージしたものだとか。名前もずばり、エアプレーンペン、です。品番も400ALって、できすぎた感じですね。

Rimg0945

 リフィルにアドレスが書いてあるんですねぇ。初フィッシャー、オモロイ発見ばっかりです。ネット上のアドレスもFISHERでなくてSPACEPENなんですね。で、エアプレーンペンですからして、この尾翼は外れません。そうなると、次のポイントはケースに収まるかどうかということになります。

Rimg0946

 はい、ただこれだけ。横倒しにしたら収まるようにできてるんですね、このケースが。尾翼が乗っかっているところは、成形された「上げ底」が他の部分より低くなっています。このアングルで撮るまで、胴軸のギザギザは何だろう、と思っていたのですが、これ、ジャンボジェットの客室にある窓なんですね。飛行機ですもんね。

« 白黒はっきり | トップページ | 不易と流行 »

コメント

ああ、懐かしいな。
昔、文適堂に置いてあったような覚えがあります。

ジャンボジャンボねぇ。2001年宇宙の旅のオリオン号なんてのもどうなのかな?
今はなきパンナムの宇宙ステーションへの連絡便。


スンマソ。

 二右衛門半 さん

 こういうところも竹内文具店の魅力ですね。
ヘンタイ臭がプンプンしてます。

 くーべ さん

 形からするとやっぱりオリオン号の方が
ちかいですね。ディスカバリー号とはちと
違いますもんね。

 パンナムがもう無いのだと知ったときは
軽いショックを受けたものです。兼高かおる
世界の旅とかであのマーク見てコレが飛行機
だと思って育った世代ですから。

これを見るのはずいぶんと久しぶりの、スペースペンですね。

以前のフエンテに、スペースペン並の性能を持つペンが安価に手に入るという話が書いてありました。そうするとこの「変なペン」、ますます見かけなくなりました。

スペースペン、一度は使ってみたいのですが、そう言いながらちっとも使っていません。

 達哉ん さん

 その、安価でありながら性能は同等、という
ペンの方はけっこう出回ったのでしょうか。

 短くて持ちにくそうでいて、ポストすると
そこそこの長さになり、尾翼にも手はあたりません。
書き味はなかなか気持ちの良いものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038496

この記事へのトラックバック一覧です: 尾翼:

« 白黒はっきり | トップページ | 不易と流行 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31