フォト

最近のトラックバック

« 阿修羅06 | トップページ | 谷間 »

2011年5月 1日 (日)

ちょうど良い?

Rimg0568

 おやつを目の前にしながら、じっと待つことしかできない「ちち(仮名)」さん。実は彼女、こういう高いところに乗っているものをとって食べる、ということができないのです。どんな好物が載っていても、ただじっと見ているだけです。

 この桟に前脚をかければ簡単に食いつけるはずなのに、なぜかできないのが不思議なところです。元気すぎるほどの彼女ですから、こういうところがひとつぐらいあってもちょうど良いのかもしれません。

Rimg0574

 私のところは「犬のブログ」なのだと主張しておりますが、ほとんどそう思われていないようです。良識あるヘンタイ倶楽部の面々が「犬のブログの人」などと呼んでくれているのが、その何よりの証拠です。読んでくださっている皆さん、ほとんどが萬年筆趣味を通じてお近づきになった方々ですから、無理もないところです。

 オークションで変な萬年筆を見つけたときに,とりあえずネットで検索してみて、そこで得られた情報をもとにして頑張るかどうかを決める、なんてことがよくありました。ならば恩返しの意味を込めて萬年筆などの情報提供をしよう、というのがブログを始めた動機でした。やるからには毎日更新でいこう、というので、日めくりならぬ「くまめくり」なのです。

Rimg0570

 昭和の日にお見せしたお粗末なコレクションの中で、「アレは何だ?」とお問い合わせをいただいたものがありますので、本日はその中の1本、久しぶりに登場のPILOTジャスタスです。今現在、販売されていた当時の店頭ディスプレイともどもでオークションに出ておりますが、なかなかいいお値段ですね。

 このペン、神戸の名店、ル・ボナーの松本氏も大絶賛で、一時はこればっかり使っていらっしゃったというほどのヘンタイなペンなのです。1本の萬年筆で固いペン先と柔らかいペン先、両方味わってもらおうという意欲作でありました。

Rimg0577

 セーラーのヘンタイペン先としてつとに有名なエンペラーと同じようなものがペン先についていて、首軸のローレットが刻まれた部分から先をつまんで回すことで、其の金属板が長くなったり短くなったりするのです。エンペラー様のものが長くなればペン先は固くなり、短くなれば柔らかくなるというわけですが、その機構ゆえに、設計思想と相反するかのような問題点が潜んでいるのです。

Rimg0576

 これが最も長くエンペラー様のものを出した状態、すなわち最もペン先のタッチが固くなる状態です。こいつはペン先が撓るのを邪魔するのが目的でついているわけですので、その形状も、折り目が入った、いかにも曲がりにくそうなものとなっています。それでも、この状態で実際に書いてみると、今時のペンよりもはるかに柔らかい感じがいたします。

Rimg0575

 ペン先が最も柔らかく感じられる状態にセットしたところです。エンペラー様のものが退いたあとに、べったりとインクが残っていることから、この金属片はしっかりエンペラーとして働いていることがわかります。逆に、ペン先が柔らかく感じられるというこの状態では、インクの供給が心許ない感じがしないでもありません。ペン先が撓る分、ペン芯からも離れがちになって、早めに書く人ですと実際にインクが途切れてしまうこともあるようです。

Rimg0578

 紙に降ろして,グッと筆圧をかけてみたところです。ほとんど撓っていないように見えますが、手にはそれなりに撓っている感覚が伝わってきます。で、期待しつつエンペラー様のものを下げて同じことをしてみると、これはもう、ボンジョルノ松本氏が「なんだこれ?」と叫ぶのも無理はない、と思えるヘンタイぶりなのです。

Rimg0579

 目に見えて撓っておりますね。けれども、こうやって撓ることが仇となって、インクが十分には来ないのですから、世の中うまくいかないものです。

 車のメーカーでいえばトヨタにもたとえられる、ある意味面白みがないように思われるPILOTですが、結構ヘンタイなペンを世に送り出しているのです。そういったものを、しばらくは阿修羅の合間にご紹介していこうと思います。

Rimg0569

« 阿修羅06 | トップページ | 谷間 »

コメント

特に最近は売れる車しか出さないトヨタですが、以前はセラなどのヘンな車も存在しましたね。
どうも私の中では、肝心なところが足りない同士でセラとジャスタスがかぶるんですよ。
セラ=重いくせに非力なエンジン
ジャスタス=ペン芯の供給能力が貧弱・・・

 su_91 さん

 大昔であればS800とか、これは、とおもうよう
なすばらしいクルマもけっこう出しているトヨタ
ですけれど、結局は商売優先になってしまう。
だからこそ、大きくなったんでしょうけれど。

 MR系なんてのもありますけれど、フィアットが
やったことをまねしたんだといってしまえばそれ
までですし。海外自動車ショーでは必ずメジャー
で展示車の寸法はかってた、といわれる会社です
からね。

 オリジナリティあふれるクルマを出す力はある
のに、売れそうにないからと出さない。セラも、
バブル時代だったから形だけ作ってみました、と
いうことなんでしょう。あのドアのメカだけでも
重たくなりそうですよね。

 セーラーのペン芯がついて、CON-70つけられる、
そんなジャスタスがあったらすばらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038470

この記事へのトラックバック一覧です: ちょうど良い?:

« 阿修羅06 | トップページ | 谷間 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30