フォト

最近のトラックバック

« エジプトの星 | トップページ | 製図器 »

2011年4月 1日 (金)

初心

Rimg0006

 吠えまくっている「ちち(仮名)」さんです。いえ、写真を取り違えたわけではありません。おぉ~い、私のおやつはぁ~?、と食卓に座っている長男に呼びかけている最中に、花粉症でしょうか、目がかゆくなって瞬いたところなのです。彼女は普通の犬以上に毛が抜けやすい感じで、その抜けた毛があちこちにくっついて悪さをすることがよくあるのです。

Rimg0099

 今日から新年度。私の職場でも、4人のフレッシャーを迎えました。彼ら、彼女らにとっては、朝から教育委員会に呼び出されてあぁだこぅだと言われたあと、夕方にやっと解放されたと思ったところへ、勤務先の校長が現れて「さぁ、行こうか」と拉致された、という感じでしょうか。

 一方、職場の方ではフレッシャーの到着を今か今かと待っているわけです。私なんかは、彼らが帰るときに駅までの近道を教えようと一緒に歩いて行ったほどで、まぁ、それだけの思いを持って職場に迎えようと誰もが思っているわけですし、新人さん達もフレッシュな気持ちでさぁ頑張るぞと思っていることでしょう。そういう初心に立ち返って、今日はありきたりに萬年筆の基本、仏壇萬年筆を引っ張り出してきました。

Rimg0101

 これまた吸入方式の基本、レバーフィラーです。釣りはフナに始まってフナに終わる、ということですが、吸入方式も色々ある中、やっぱり壊れにくいこいつがいちばんです。かなり高い競争率を乗り越えて教師になったのに、すぐに壊れてしまう人が結構います。それはとっても残念なことですし、職場としてはそういう人を出さないようにがんばりたいと思うわけです。本人にとっても職場にとっても、やはり初心忘れるべからず、無事これ名馬というのは基本である訳です。

Rimg0106

 萬年筆の基本のひとつが、クリップの美しさでしょう。胸ポケットに挿した場合、露出しているのはクリップと天冠だけですから、某M社みたいにここに石をはめ込んだりするあざとい会社が出てくるほどです。ごくごく普通の形をしたクリップに、メーカーの名前が彫ってあるだけ。それでいて、とっても美しい。やはり、こういうのがクリップの基本でしょう。

Rimg0108

 ペン先はもちろん大切ですが、ペン芯もおろそかにはできません。カトウセイサクショカンパニーがセーラーの金ペン先を導入する際、ここはやはりペン芯も一緒に、とすすめられたのを断ったという噂がありますが、それを聞くととっても残念な気持ちになります。名にし負うセーラーのペン芯、そいつがついていたら、もっと魅力的な(すぐにインクの出る)ペンになっていただろうに、と思ってしまうのです。

 その点このペンは基本に忠実ですから、大切なペン芯をステンレスでがっちりガードしてあります。やはり初心とか基本とかいうのは大切にしたいものですね。

Rimg0109

 ペン先は鉄板の14金(変な言い方?)です。萬年筆のペン先としては、やはり14金が最高というのは、その道の達人、どなたに伺っても必ず出てくるお話です。忘れられがちではありますが、ペン先の切り割りの先に開いている穴は、形にかかわらず「ハート穴」と呼ばれております。それがこのペンでは、しっかりとハートの形に開けられている、これまた基本に忠実なペンということになりましょう。

Rimg0107

 宝石の重さはキャラット。表示はCですが、金の品位は純金で24カラット。ドイツ系では14C、あるいは1000分率での表記。英語圏では14Kあるいは14KT、日本では14K(キン)ですね。広島の二右衛門半さんが某団体に加入するときに、会員番号を選べると聞いて「じゃ、わたし、750ぅ!」と叫んだのが二右衛門マスター継承順位1位の奥様。それを聞いてとっても難儀な顔をしながら「まぁさかぁ、585はあいてないよねぇ・・・」と控えめに聞いてみる広島半ご本人。奇跡的にあいていた585をゲットしながらも、こういう団体でこの番号があいてるなんて、と不満そうにされていた表情が忘れられません。

Rimg0103

 ヘンタイ度満点のフィンガーチップのペン先に、基本に忠実なネジ式嵌合のキャップ。やはりこのペン、どこまでも基本に忠実な、萬年筆の初心を忘れていないペンなのでした。そして、冗談とも本気ともつかない駄文を四月馬鹿の日に垂れ流す私は、これもまた基本に忠実、初心を忘れていないと言えるのでしょうか。その点だけが、とっても心配です。

« エジプトの星 | トップページ | 製図器 »

コメント

ちち(仮名)さん、なだき武みたいです(笑)
顔芸をちりばめるのは芸人の基本。ヘンタイ基本萬の記事に
基本カブセを繰り出すあたり、犬の鏡。犬の品格。さすがです。
そして語らず複数枚ちりばめたTOPRE REALFORCE US。
サイレントゆえ脳内再生され、より強烈な刷り込み。まさにAC。
そのサブリミナル効果で洗脳され、今日にもポチってまいそうです。
しかしその洗脳的事象はただちに健康に害を及ぼすものではないので
健全性は保たれているイメージです。

 Dio さん

 Realforce、健康にも良いですよ。指先が喜びます。
国産なら金ペンが楽に買えますが1枚、いかがですか?

ずいぶんと小さなペン先で、相当に固そうですねぇ。
でも、ペン先の折り返しがない分ふわふわなのかしら。裏がしてもペン芯が見えないから、どんな物が付いているのかしら。

ちちさんの様に、目を細めて あごを引いてみるのですが見えないなぁ、、、
ここは是非腑分けなどして見せていただきたいなぁ。

 きくぞう さん

 いやぁ、こいつの腑分けなんて、私にはとても無理です。
そして、結論から言いますと、これ以上無いほどのガチニブですが、結構なめらかに書けますので、これはこれで大丈夫です。

カトウセイサクショのペン芯はそんなに気まぐれなのですか?
私の2000は快適です。
コンバーターは速攻でペリカンに交換しましたが。

初期装填のシュミット製コンバーターは棚吊りが酷かったです。

 Ikonta さん

 鉄ペン先との組み合わせではそんなに酷くないみたいです。セーラーの金ペン先との組み合わせは元々あわないのでインクが出れば儲けもの、みたいな感じだそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038440

この記事へのトラックバック一覧です: 初心:

« エジプトの星 | トップページ | 製図器 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31