フォト

最近のトラックバック

« 阿修羅01 | トップページ | 色あせた記憶 »

2011年4月19日 (火)

そっくりさん

Rimg0360

 優雅に横たわる「ちち(仮名)」さん。この直前まで、ウォウウォウと鳴きわめいていたのですが、誰も相手にしてくれないので諦めて寝ようかというところでした。

 そのとき、テレビを見ていた家族が、目の前のお菓子に手を伸ばした、その瞬間を見逃すことなく、サッと頭を上げるあたりはさすがでしたが、残念ながらチョコレート系のお菓子でしたので、犬には良くない、と言われてもらうことができませんでした。

Rimg0372

 ピンクの方は妻が普段使いにしているセーラーのホスカル。スチールのペン先ですが、良く調整されていてスムーズな書き味です。おそらくはこの系統のペンをベースに、キャップと胴軸を銀張りにしたものが上のペン。正確なモデル名は何というのでしょうか。

Rimg0374

 ペン芯を包み込むようにしてかしめられたペン先も同じような形。よく使われているせいもあってか、鉄ペン先の方が見た目が綺麗ですが、銀張りの方はしっかり14Kです。また、軸とキャップが銀張りである分、しっかりとした重みがあって、ピンクのホスカルよりは書きやすく感じられます。

Rimg0373

 ペン芯も同じもののように見えます。現役で使用中のピンクの方は、しっかりとインクが降りてきているのがわかります。

 普段使いにもちょうどよさそうな、そして大好きな銀のペン。だんだんと暑くなるこれからの季節にぴったりという感じがします。

Rimg0375

 キャップの天冠もこの通り。色が違うだけでそっくりです。クリップの造形が若干違いますが、ほとんど同じペンといってもいいぐらいです。

 常々思いますけれど、セーラーというメーカーは本当に不思議です。ほとんど思いつきでペンを作ってるんじゃないか、という気がするほどに、おかしなペンがたくさんあるように思います。

Rimg0376

 早く阿修羅像造りに取りかかりたいのですが、本業の方がなかなかはかどりません。そうは言っても、暇が出来たらすぐに取りかかれるように道具だけは揃えておかなければ行けません。とりあえず明日あたり、良く切れるカッターナイフと上等な糊を買いに行かなくては。

« 阿修羅01 | トップページ | 色あせた記憶 »

コメント

セーラー万年筆は、過去に製造された商品について、あまり保存しておかない方針らしいですからねぇー。
だから冒険ができるのだと思います。
ちゃんとミュージアムまでつくって過去の生産品を残しておくパイロットと将に対照的ですよね。
プラチナの方も会社としては、あまり残していないようですが、創業一族が個人的に所有しているように見えます。

 セーラーの製品、謎だらけです。ただ、某営業本部長
など、下手をするとメーカー関係者よりも詳しい人が
いますので、聞いてみればすぐに答は出るのですが。

よく切れるカッターナイフは、
0.25mmの薄刃が、経師師ご用達だそうで。
もうひとつは、刃先が30°のやつとか。
使い捨てメス刃というのも。
ぜんぶもっておりますが、
どこで手に入れたか忘れました。
20年以上前なので、オークションなどでは無いのは確かですが。

 白髪猫 さん

 なかなか奥が深いですね。刃物の世界ですから、
ひとつ間違えるとどハマりしてしまいそうです。

 ここはひとつ、じっくり腰を据えて刃物選びから
始めようと思っています。

粘土みたいな青砥、白砥という研ぎ粉を布に付けてこすると、刃先のバリが取れて非常に良く切れるようになります。
カミソリを研ぎながらクロス張りをやりましたよ。

刃物は、研ぎが大切です。砥石の世界もはまり込むと奥が深いそうです。そちらの世界にはまり込んだお寿司屋さん(包丁を良く研ぐので)が、嬉しそうに見せて下さったのが、天然砥石で、非常に目が細かい物。A4位の大きさでしたが、ベンツが買える位のお値段でした。

あっ、つきみそうさんのご自宅には、きっとそんな万年筆がゴロゴロ、、、してませんか??

 きくぞう さん

 砥石は深いですねぇ、確かに。大学で鉋研ぎをやって
ましたときも、いろんな砥石を見せてもらいました。

 そういえば中屋の吉田さんは砥石で調整されていた
ように思います。

 ベンツが買えそうな値段の砥石、すごいですね。私の
うちにゴロゴロしてるのはヘンタイな萬年筆だけですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038458

この記事へのトラックバック一覧です: そっくりさん:

« 阿修羅01 | トップページ | 色あせた記憶 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30