フォト

最近のトラックバック

« 髭付箋 | トップページ | いない »

2011年3月11日 (金)

心配

Rimg0124

 こうして飼い犬たちが寝ていられること。それをブログに書いていられること。そういった幸せに感謝しなければなりません。

 この寒空の下、肉親をはじめ大切な人々、住むところや財産などを奪われた方。今も自宅に戻れずにいる皆さん。家族や知己の安否を気遣いながらも連絡の取れない多くの人。

 悩み事や心配事はいっぱいありますけれど、そんな自分が幸せ者だと感じたことでした。

Rimg0356

 皆さんも書かれてますように、仕事場の椅子に座りながら、あぁとうとう来てしまった、と感じました。糖尿病の合併症でめまいが来た、と思ったのです。壁に掛けたものなどもカタカタ鳴ることがない、これまでに意識したことのない揺れ方でした。

 被害に遭われた方やその関係の皆さまに思いをいたしつつ、もし、安否確認など、こちらに書き込んで役に立つと思われることがありましたらどうぞお使いください。

« 髭付箋 | トップページ | いない »

コメント

わたしも、最初、めまいかと思ってしまいました。
怖かったですね~!
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

こんな時に可愛い2頭の顔を見ていると癒されますね~
当方の状況はブログに書いておきました。お互い無事で何よりでした。

 二右衛門半 さん

 三重県でも南部の方はかなり恐ろしいことになっているようですね。マスターのお近くも海が迫っていますのでどうかと思いましたが、何事もなかったようで一安心です。

 ペリカン堂 さん

 防災訓練直後に、というのが何とも、ですね。近隣の各県では結構難儀なことになっているようですし、お隣の長野県は昨夜来結構揺れているようです。お気をつけてお過ごし下さい。

大阪でも割と揺れたところもあるそうですが当方無事です。
仙台にはお世話になった方が多く住んでいるため
気が気でない一日を過ごしています。
そんな状況なのでいつも以上にくまさん、ちちさんの様子に癒されます。

人は勿論ですが被災地の動物達を思うといたたまれません。
揺れに驚いて飛び出してしまうことがあるそうですね。
物言えぬ者たちだからこそ、心配です。

 大阪のオバチャン さん

 人が亡くなっているのに不謹慎な、といわれるかもしれませんが、やはりペットや家畜たちのことは気になります。飛び出していったのなら「どこかで生きていてくれるだろう」と思うこともできますけれど。

 ちなみに我が家の2頭は、特に予知するようすもなく、揺れてもおびえることもなく、悠然としていたようです。

 阪神淡路大震災の時は、あとから思い返せば地震の数日前からカラスが猛烈にうるさかったです。

沿岸部は津波、東北は地震そのもの、関東内陸部(東京都含む)は地震の後の対応による足止め、千葉市や気仙沼市は地震後の火災、福島は原発が大きな要因を占める地震ですね。

私の住んでいるところでも、6弱2回、5強1回がありましたから、机や2段ベッドの下などに隠れてしのぎました。周囲は何とかなる状況ですが、東北が心配です。

 ご無事で何よりです。この先、いろいろと不便になるかもしれませんが、何とかしのいでください。

 こちらでは電力を節約するぐらいしか、今はできることがありませんが・・・。

私の勤めている大阪南港は、
人工島だけあって、気分悪くなるくらいの横揺れでした。

ある程度ライフラインが確保されると、
仕事で多分お手伝いに行くだろうと思います。
(召集される)

阪神淡路では全国の皆さんに助けてもらったので、
心を込めて対応したいとは思いますが、
気が重いです。

 ちょうど入試準備で皆走り回っている最中でしたので、私も含め数人がめまいと勘違いしたようです。月曜日に予定通り入試が行えるのも、やはり“幸せ”です。
 これだけの災害・・・身近にできることを心がけていくしかないですよね。

 ひろなお さん

 ねぼすけの長女も、関東方面へ出かけている友人の安否が気になったのでしょう、朝早くから起き出してニュースを見ていました。ディズニーシーでも液状化が起こったとか。お仕事柄、ひととおり落ち着いてからが大変そうですね。

 るり千代 さん

 中部から西は本当に助かりました。でも、地震はいつどこで起こるかわかりませんから、明日は我が身、ですね。この幸運に感謝しつつ、せめても節電など出来ることをしたいと思います。

ボクも不謹慎な話ですが、椅子に座っていて 立ちくらみがすると思ったのですが、地震でした。

養老では、歩いていると気がつかない程度の揺れでしたが、大垣ではかなり揺れたようで、公園を所管する役所から点検しろと煩い電話が、、、

こんな程度で、何だろうか?? と思っていたら、ずいぶん酷くてビックリでした。

帰宅して、アニメやバラエティー番組を見る事ができないと こぼす子供達に、ゆっくりと布団で体を伸ばして寝る事が出来る、家族みんなが揃って普段通り夕食を頂く事が出来る 普通の幸せのありがたさを 考えさせて頂きました。

 きくぞう さん

 めまいがした、と感じたあと、部屋から出るときにとりあえずストーブを消しました。学校にいましたので、全校放送でストーブを消すような指示も出しました。ボロい校舎ですが、さすがに異常はなかったようです。

 電気が流れていて、節電,などといっていられることの幸せ、ですね。

豊中の職場では船酔いの気分になりました。
古い建物なので真っ先に表に避難したのですが、周りはこんなにひどく揺れてるのにどうしていいか茫然自失の体orz。
関係企業への連絡もせず、あらためて危機管理能力の無さにorzでした。
学校ではこういうときの手順書、周知徹底されていますか?
学校は避難場所にもなると思いますが、被災地の映像で手提げ式の水を配るバックが写っていました。こういう備蓄してても腐らないけどあったらとても便利な装備、避難場所には必要だよなぁと思いました。

 ardbeg32 さん

 おっと、久々に見ましたorz。これが出るとardbeg32さん登場、っていう感じですが、あんなに揺れたら思わずorzって姿勢になっちゃいますね。実に恐ろしいことでした。

 学校は耐震性なんてないに等しい建物です。学校にお金かけても票につながりませんからね。体育館だけは順番に耐震補強工事を進めてますが、私の勤めているところでは学校に備蓄品の類は置いてませんね。あればあったで管理も大変ですけれど,地震など、道路の寸断も想定されるので、ないというのも心細いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038418

この記事へのトラックバック一覧です: 心配:

« 髭付箋 | トップページ | いない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30