フォト

最近のトラックバック

« 歯が痛い | トップページ | 極彩色 »

2011年2月14日 (月)

白い一日

Rimg1006

 タイトルに反して、黒い「くま(仮名)」さん。ふわふわの敷物のうえにドテッと体を預けているお姿を見るにつけ、実に優雅でうらやましい限り、と思います。飼い主は未明に歯の痛みで目覚めて半狂乱(笑)、インターネットで歯医者さんの検索をすることで気を紛らわしました。

 歯が痛いのでと休むわけにもいかず、午前中3時間の授業を文字どおり歯を食いしばってこなそうとするも、それではしゃべることも出来ませんし、何より痛すぎますのでヘラヘラと笑って過ごして、午後から未明に検索して見つけた歯医者さんにお世話になりました。

Rimg0005

 かかりつけの歯医者さんでなく、新しいところを選んだのは、こちらでは歯周病を内服薬でなおす、という治療をされているからです。以前から興味はあったのですが、どこの歯医者さんでお願いできるのかがわからなかったのです。怪我の功名、夜中に必死で歯医者捜しをしている中で見つけた、というわけです。

 痛みの方は、以前に治療して被せてあったところに膿がたまっているのが主な原因。ではその部分に直接お薬を詰めましょう・・・・・と、詰めるときにはコツンコツンと歯に当たるので痛いのなんの。「膿がとれた」と思う精神的な作用もあって、あぁよかった、これで落ち着くかな、と喜んで歯科医を出ますと、1時間ほどの間に道路に積雪。昼間にこのようなこと、うちのあたりでは滅多にないことです。

Rimg1027

 そうはいってもシャーベット状の雪で、夏タイヤでもちゃんと接地する程度の雪。そこをチェーンをはめたタクシーが10キロぐらいで走るというのが、雪の降らない地域ならではの光景です。プロだったらちゃんと状況見て走らんかい、と言いたいのをこらえて這うように職場に戻ると、同僚たちはクルマを置いて次々と帰宅していきます。皆さん、実に賢明です。

 ただ一人、日頃から訳のわからんことばっかり言ったりやったりしている、ちょっとずれた人だけが、「雪道運転したことないけど、夫がチェーンを持ってきてくれるから大丈夫。」なんて言うのが不気味でしたので、その人が車に乗る前に職場を脱出。雪で足止めされている息子を迎えに行って、乗ったバスが15分の道のりを1時間以上かけて「止まって」いて疲れた、という娘もピックアップして、雪たっぷりの裏道を抜けて快適に自宅まで戻って参りました。

Rimg1026_2

 夕食を摂っているあたりから、再び歯が痛み始めます。おかしいなぁ、好転反応かなぁ、なんて思っていると、どんどん痛みは増すばかり。これはもう、ここにお世話になるしかないかなぁ、と思い詰めて、車に乗ろうと外へ出てみますと、雪もやみ、冴え冴えとした月夜。冷たい空気に触れて、歯の方も一層ズキズキと痛みます。

Rimg0004_2

 家の前の道がこんな状態ですので、素足にサンダルで玄関ポーチから門まで降りるだけで足がびしょ濡れです。これ、ほっといたら明日の朝危ないがな、と突然の雪かき。デッキブラシでこするだけで雪がのけられるのが積雪地帯でないありがたさです。

 とりあえず玄関からガレージまでのルートを確保すると、ちょっと息が上がり、そして・・・・・歯の痛みを忘れていたのでした。やっぱりこれ、きまま病ですね。歯が痛いのは事実でも、そればっかり気にしてるので余計に痛いと感じてしまう。あぁ、でも、こうやってのんびり更新していると、また痛くなってきた・・・・・。

« 歯が痛い | トップページ | 極彩色 »

コメント

私は変態神通力で痛いのは無くなりました。
ホントはイブ3錠x4回/一日の大量投与ですが。
こんなんで良いんかいなあ?
いつもこれでどうにかなってます。
(嫁に薬代別に出せと怒られますが)

神戸も積雪数センチです。

始業時間に間に合うより、安全確保に重点を置いて
気長に通勤したいと思います。

まずは、自宅前の坂を転ばないように下らねば。

お大事に。

 マオぢぃ さん

 売薬は高いですもんねぇ。私、とうとう辛抱たまらずに桃谷まで行ってきました。お薬もらってすごく楽になっております。

 ひろなお さん

 午前3時前の時点で、阪奈道路は富雄から大阪寄りが通行止め。第2阪奈は全線通行止め。奈良市から大阪へ出るには163号線しかありませんでした。

 雪もやんでますので15日の朝は、まず大丈夫という感じですね。

鍼灸信者の私から一言。歯痛にはお灸が効きます。特に、化膿による痛みの場合は、ほぼ100%治まるそうです。

お灸は可哀想なので、ムスメの虫歯の時、ツボに対する指圧で、痛みを和らげ、歯医者に行く時間まで持たせたことがあります。

うちの両親がともにお世話になっていた歯医者さん、郷里の宮崎に、つい最近、帰ってしまいましたが現地は近くで新燃岳が噴火中、聞くところによると鹿児島や宮崎では噴煙でコンタクトレンズが使えず眼鏡が飛ぶように売れているのだとか。
同時に眼科に罹る方も増えているらしいのですが、歯医者の方は噴火による特需(?)は聞きません。
早く治していただけると良いですね!

一目ぼれと歯の痛みは突然やってくるものだそうです。
早く回復されるようにと祈っています。

大変な失礼を承知で申し上げますが・・・
雪解けの畑なんぞではくまさん、きっと擬態できますね。
そして数日前(動画つきの日)のちちさん!
ミルクティーのような良い色合いの毛並みが映えて美しかったです。

 Bromfield さん

 鍼灸は効きそうですね。実際私も、以前鎮痛剤を求めた薬局の店主に教えてもらったツボを押して、すこし楽になったりしておりました。

 そういえば最近はお灸をしているお年寄りって見ませんね。昔はそこら中にいましたが・・・。

 二右衛門半 さん

 風が吹けば桶屋が儲かる、火山が噴けば目医者が忙しい、どっちも目にホコリ、ですね。

 歯医者さんも結構競争厳しいようですね。どこへ行ってもものすごく対応が丁寧ですもの。

 大阪のオバチャン さん

 この時間もまだ、阪奈道路の生駒から大阪よりは通行止めのようです。難儀なことです。

 歯の痛みと一目惚れ、突然くるだけでなく、来てしまうといてもたってもいられない、四六時中そのことばっかり、っていうのも共通してますね。

 「くま(仮名)」さんは泥に背中をすりつけたりするのが好きですから、そんな畑では擬態どころか一体化してしまいそうです。「ちち(仮名)」さんの場合は、体毛の色が本名の由来ですから、まぁ茶色くて当然なのですが・・・。

膿んでいて 歯茎が腫れて、痛みがあるのであれば、指で強く押して、膿を絞り出してやるととりあえず収まります。学生の時に、北アルプスの山頂で膿んで歯がうずいた時は、安全ピンを刺して排膿しました。

でも、人里近くのお話しですから、あまり無理をされませんよう。出来れば、きっちりと歯根、歯髄から、きっちりと治しておかれた方がよいです。

くだんの僕の歯は、20年後に歯周病で、骨がずいぶん融けていると言われ、抜歯する事になりましたから。

 きくぞう さん

 歯医者さんに行く前、ぐぐっと指で押していると気持ちよかったのはそういうことなのでしょうね。

 私も歯周病で骨が溶けてましたけど、レントゲン写真を見ると少しだけ回復しているようですね。

読んでいるこちらも歯がうずきます。
お大事に。
せっかくのエヴァのチョコ、バレンタインでしたのにね。
「逃げちゃだめだ」文字通り……。

 高橋あずみ さん

 そういうわけで、今もエヴァのチョコ、そのまま放置です。毎年妻が贈ってくれるチョコレートもそのまま。逃げちゃだめだ、と思いつつ、痛みからは逃げたくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038393

この記事へのトラックバック一覧です: 白い一日:

« 歯が痛い | トップページ | 極彩色 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31