フォト

最近のトラックバック

« 良い蕎麦屋は幸せの元 | トップページ | 重たい話 »

2011年2月21日 (月)

トリプルヘッダー

Rimg0091

 ドテッと横たわる「ちち(仮名)」さん。えぇよなぁお前は、そうやって餌喰ぅて寝てたらすむんやから、などといわれのない非難を受けているところです。

 彼女にしてみれば、ペットとして飼い主に愛想を振りまかなければならないし、昼間は寂しく飼い主の帰りを待たなくてはならないしで、けっしてうらやましがられるような立場でもないと思うのですが。言葉が話せるなら何か聞いてみたいところですが、それもまた怖いような気がします。

Rimg0107

 今日は午後からお医者さんの3連荘。まずは予約時間に遅れないという鉄の掟を掲げる歯科医院からです。特徴的なのは、治療が終わる時間まで事前に示されていること。今日も、2時半から3時半の予定で、もしお時間が許すなら少し延長して歯石を取りましょう、という具合でした。

 患者さんも忙しいからこそ、時間を守って来院してね、ということ。妻や子ども達がお世話になっている歯科医院は、夕方の6時からの予約で治療が終わったら7時半、なんてのがざらですから、時間通りにやりますという趣旨には大いに賛同しますが、時間にルーズで予約を忘れてしまうような私にはいつまで続くか心配なところです。

Rimg0110

 歯医者が終わると、以前勤務していた学校でPCのお医者さん。校務用PCの入れ替えに伴って「桐」で作ったデータを吸い上げたのだけれど、新しいPCで読めないので何とかしてくれ、という救急依頼です。

 お邪魔してみれば、移行先のPCに「桐」がインストールされていなかった、という何ともあっけない結末。それでは確認のために「桐」をインストールしてみましょう、ということになって、出てきたのは巨大なパッケージのみ。メディアとライセンス証書が見当たりません。

Rimg0108

 四半世紀前に世に出た頃の「桐」は、福沢諭吉(そう、聖徳太子が支払い停止になった年!)10枚というお値段と、ガチガチのコピーガード。コピーできなければ万一FDが破損したときどうしてくれるのだ、予備を作らせろと迫るユーザーに対して、トラックが壊れたら困るから予備をよこせという運送屋があるかと切り返したという逸話に手を叩いて喜んだのを覚えています。

 略してKKKとは少々物騒ですし、某黒い魔ソフトに技術者を引き抜かれてWindowsへの対応が遅れた、などといわれていますが、大変に信頼の置けるソフトハウスであると思っています。

Rimg0111

 結局のところ、メディアがなくては話にならないので、管理工学研究所にお願いすれば紛失や破損に際して実費450円で新しいメディアを送ってくれることを説明し、申込書を作成して終了。最後の難関である内科のお医者さんへ向かいます。

 検査結果が出たから出来るだけ早く受診してください、なんて電話がわざわざかかってくるぐらいですから、猛烈な数値が出たことは覚悟しておりましたが、実際、歴代最高の値を叩き出しておりました。

Rimg0112

 ここ2ヶ月近く、薬も切れたし、最近、喉が渇くから危ないなぁ、と思っておりました。午後7時半まで診療のかかりつけ医院まではクルマを飛ばして30分。今日こそは、と思いつつ、時計を見ると7時を回っていたということが毎日続いて、ようやく受診したのが先週のことでした。

 仕事がグズいと自分の身を削っていくのだと実感いたしました。まぁこれだけひどい数値、インシュリン注射に走るお医者さんも多い中、取り合えずは投薬で様子見。しっかり精進潔斎して規則正しく少食な良い子になりたいと思います。

Rimg0113

 たいへんお世話になっている出入りの業者さんが「もらったんやけど、インクの入れ方が・・・・・」と見せてくれたこのモンブラン。何というモデルなんでしょうか。それ以前に、こんなひどい状態から復活できるのでしょうか。

 インクはこうやって吸うんですよ、とやって見せたものの、インクが出ないので拡大してみるとこんな具合。叩き付けたのか、落としたのか。何ともひどい状態のペン先です。生贄前提で、どなたか、治してやっていただけませんでしょうか・・・・・。

« 良い蕎麦屋は幸せの元 | トップページ | 重たい話 »

コメント

数値が悪くなってるのは人事とは思えません、運動しろと言われても散策以外は極めて苦手、お互い節制に勤めたいですね。とは言ってもなぁ~このペンすごいですなぁ~まるで鏡で自分の姿を見てるようで涙が出て参ります。早く治療をしてあげて下さい(笑)

糖尿病ですが、最近は積極的にインシュリン注射を
する医者が増えているようです。
それも患者のケースに合わせて、遅く効くとか速く効く、
一日一回で良いとか色々あるそうです
投薬の方も、ジャヌビアとかグラクティブとか新しい
作用機序も新しい薬があると効いています。
(これは、くーべの受け売り)
わたしですか~~~
最新は8.0でその前は7.0で大波です。
次回数値見て薬を変える予定だと聞いています。
食事は日に3回きちんと取る方が良いと聞いています。

どうもはじめまして。
いつも興味深く読ませていただいております。

さてこのモンブランですが,1970年代のクラシックシリーズですね。純銀軸18金ペンのNo.1266と思われます。(欲しい!)
ペン先の分解は非常に面倒ですが直せそうな感じですね。

おお~!
超大物ですな!

 夢待ち人 さん

 本当に困ったものです。ペン先も私の体もぼろぼろで。でもネタに困った頃にすっと萬年筆が現れるなんてのも何かの縁なのでしょうね。

 マオぢぃ さん

 そうですね、私も大波です。11月に6.4だったのが1.5倍になってますから。

 当面、アマリール、メルビン、アクトスというラインナップで。薬飲んでも過度に低血糖にならないのが救いです。

 mercuryo さん

 はじめまして。ご教示ありがとうございます。

 平凡そうなペンに見えますし、手に持っても軽いので
安物かしらんと思いましたが、925のマークがあったので何かあるのだろうと思っておりました。

 モンブランは全然興味が無い(ただのへそ曲がり)のでスルーでしたが、壊れたものとはいえこういうのをもらえるってうらやましいです。

 二右衛門半 さん

 おおっとマスターのお墨付き。これは生き返ってもらわなければなりませんね。

はい!私もモンブランには興味なし
を公言し続けてきた天邪鬼です。
モンブランと言えばなんといっても甘いアレです。
とはいえアガサクリスティは気になります 笑。

こりゃまた 先が開いて 反り上がって ペン芯から離陸している ニブですねぇ。

書き味を云々しなければ、爪でペン先を寄せて裏返しにしてグイと押せば、書けるようになるかしらん。

それにしても、銀軸の高そうなペンだったり、高価なソフトでも、貰ったりその場にあったりして、買う時の苦労が判らない人の所に行くとジャンクになってしまうのかしら、、、残念です。

 大阪のオバチャン さん

 私は甘いモンブランもだめです。あのソバの乗った奴、と行ってひんしゅくを買うクチです。

 モンブランの萬年筆ではボエムとかプルーストとか、変なモンにだけちょっと興味有りでしたが、ボエムはそのコンセプトが気に入らないし、プルーストも危なそうなので恋が冷めました。

 きくぞう さん

 違います。先が開いて、反り上がって、ペン芯から離陸して、左右の段差もあるというフルオプションなペンです(笑)。あとはどうでしょう、切り割りが左右いびつだとか、ペン芯が欠けてるとか、そういうところぐらいでしょうかね、足りないのは。

 CD1枚と言って大切にしないのは、いざとなれば誰かに借りればいいや、ということだからでしょう。なので、貸すのを拒否して、紛失に伴う再送付依頼をしてもらいました。痛い目しないと覚えませんものね。

 運動するとHbA1cはぐっと低下しますよ。運動といっても過度なものは禁物。低負荷で長時間なのです。つまりしっかりと歩くだけ。
 ま、つきみそうさんには当分学校まで歩いていただきましょう。朝5時くらいにでれば間に合うでしょう。体調が悪いと入って早めに学校を退けば、通常の時間くらいには帰宅するでしょう。筋肉痛はやがて慣れるでしょう。ひたすら歩いてください。
 それとHbA1cの好値よりも、食後血糖値が下がらないことが大問題。こっちのほうが身体をずたずたにしてくれます。

 くーべ さん

 なるほど。歩いても50分ほどですから、これからは歩いて通勤というのも選択肢ですね。実際、冬休みにこの数値は作られたということが重要だと思ってます。ゆっくりとしているとだめなんですね。

このあたりのモンブラン、似たようなのがいろいろあってよくわかりませんねぇ。
ニブのはずし方さえ分かれば、何とかなりそうですね。

↑ニブの外し方自体は簡単なものですよ。
首軸と胴軸を逆時計回りに回して取り外し、リングが2つあるので、それはなくさないようにして、首軸側は、ペン先をゴム板を使って押し込めばニブセットが外れます。

 su_91 さん

 軸がもろに樹脂ではない分だけ、ちょっと安心ですけれど、モンブランですからね。どこが壊れるかかわらないという不安がありますね。

 二右衛門半 さん

 なるほど、読んだ限りでは私にも出来そうですが、どうにも怖い感じがしますね。それと、ニブを外したとしても開いて波打って段差のあるモノを治すなんてことは出来ないので意味がないのが残念なところです。

二右衛門半マスターが、書いておられるように、このタイプのモンブランのニブの分解は、とても簡単なものです。
念のため、ペン先をゴム板を使って押し込む前に、ロットリングの洗浄液等で、固まったインクを取り除き、スムーズに動くようにしてから、分解した方が良いと思います。

ペン先の曲がり・段差も、金ペン先が、ペラペラで薄いので、比較的容易に修正できるようです。
以前、親方に同じような状態のペン先を、「このペン先逝ってもうとんがな…。」と言いながら、10分か20分程で、修正してくれはりました。
整形は難しく、元の状態にはも戻りませんが、気持よく書けるようにはなります。3/5のWAGNER神戸の親方のペンクリ予約されては如何ですか?

 J-ROADCREW さん

 親方は快く引き受けてくださるでしょうけれど、親方を酷使するとペン先よりもヘロヘロになってしまうので考えどころですね。かの有名な腑分け師さんに練習台として、というのもいいかもしれません。

話の流れからこっちに来るかな~と思っていましたが、やっぱり来ましたね(苦笑

このタイプの腑分けは1勝1敗です。ちなみに1敗はペン芯からニブを外す際にニブの爪を折ってしまった事です。

ま~未熟な腕なのでこんな勝率ですが、もし『餌食』扱いでよければ、是非挑戦させてください。

つきみそう先生専属になりつつある調整師補より(笑

 wavio さん

 かかりましたね(笑)。

 ちゅうことで、調整士さんにお願いするばかりでなく練習の機会も提供するのが会員のつとめと心得ておりますのでどうぞよろしく。もちろん生贄です。

↑wavioさんがおっしゃるようにニブセットからペン先を外すのが難しいんですよね。
こっちは一枚、爪がゆるゆるのが入ってきていて、たぶん、調整がされているのだと思いました。

221用の14金ニブユニットなら予備がありますのでいざとなったらお使いください(笑)

 二右衛門半 さん

 あぁ、そんなところに関門があるのですね。やっぱり自分では手を出さないことにします。

 mercuryo さん

 もしもの時にはお助けください。とはいえ、私はwavioさんの手先に神が宿ると信じて見守ります。

私も確か、#221の14Kのペン先、余ってたと思います。
でも、今回のペン先は確か18Kでしたよね。

この時代のモンブランのこのシリーズは、何故かジャンク品ばかり手元に集まり、「2コ1」「3コ1」にしたので、中途半端な部品ばかりあります。誰か宜しければ、この時代(60年代の2桁・70年代の3桁)の、ジャンク品余ってましたらお譲り下さい。クラックが入ってしまったキャップとか軸とか、天冠やクリップ・尻軸エンドのモンブランマーク等、3/5のWAGNER神戸でお待ちしております。(笑)

師匠のブログにも、今度投稿するようにします。(笑)

 J-ROADCREW さん

 やっぱり壊れやすいのでしょうね、このシリーズ。軸は良いのですけれどねぇ。

 持ち主には、期待しないで待っていてくださいと伝えてあるのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038400

この記事へのトラックバック一覧です: トリプルヘッダー:

« 良い蕎麦屋は幸せの元 | トップページ | 重たい話 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31