フォト

最近のトラックバック

« 箱が主役? | トップページ | 良い蕎麦屋は幸せの元 »

2011年2月19日 (土)

ラスト・ワン

Rimg0068

 優しくて賢い犬が飼い主に微笑みかけているところ・・・・・なわけがありません。賢いのはそうかもしれませんが、躾のされていない、キツくてアホな犬が、ワシにも食い物寄こせと吠えまくっているところです。「ちち(仮名)」さん、賢くて敏感なので、誰かが何か食べているとすぐに反応してこうなってしまうのです。

 昼前に家を出て、待ち合わせ場所である大阪梅田へ。待ち合わせ場所へ行くには、悪名高い梅田地下街を抜けていく必要がありますが、何度も何度も親方に鍛えられシバかれた成果でしょうか、地下鉄の改札を出て一度も悩まず立ち止まらず、最短距離・時間で目的地に到着することが出来ました。関西人でもこれが出来る人はそうそういないのです。

Rimg0096

 いつものヘンタイおしぼり喫茶に顔を出すと、親方と、青髭ながら嫁をイテまうどころかイカレコレのオッサン。非常に濃密な空気を醸し出しておりましたので、まずは空気を薄めなければと同じ席に着きましたが、そこへもう一人、濃ゆい人が登場してしまいました。私ごときでは太刀打ちできない相手が3人。努力もむなしく場の空気は妖しさを増すばかりです。

 仕方なく河岸を変えることにして、梅田はがくれへ。大のうどん嫌いで知られる私ですが、先の高松行きでは讃岐うどんを「適量」おいしくいただきました。おいしかったら許す、ということで、こちらのお店の定番にして入門編、そしておそらくは究極のメニューという、釣りにおけるフナのような「生じょうゆ」にかやくご飯がついた定食、そして天麩羅の盛り合わせを体験させていただきました。

Rimg0097

 席に着くと、このオッサンが話しかけてくれます。兄ちゃん北海道か、そうか、うまいで、常連になりや。そっちの兄ちゃんは?名古屋?あかん、濃いもんばっかりやろ。こっちはあっさりしてるけど旨いで。ほんで、この兄ちゃんは?奈良?あ、大阪と同じや。わかるわなぁ。

 

 そう、大阪人は常にしゃべっていないと窒息するという、硬骨魚類みたいな種族なのです。奈良に旨いモンなし、というのは関西の常識ですから、オッサン、気を遣ってくれたんでしょう。そうこうするうちにうどんが上がり、大将が生醤油を垂らしながら食べ方のレクチャー。いや、実に旨いです。お願いですから皆さん、ほな行ってみよか、などと思わないでくださいね。混んだら嫌ですから。

Rimg0074_2

 話は変わりますが、昨日の箱の中に入っていたのはこのペン、プラチナの会津塗です。例によって撮影が難しい緑色の軸ですが、補色である赤が入っているせいか、少しはマシな感じに写っています。デッドストック、ということでしたが、ペン先の状態を見るとそのまま使うにはキビしい状況ですので、期待の新星、wavioさんに生贄として捧げることにいたしました。

 もともとこのペン、西宮阪急でペンクリニックをされている川口師に診ていただく予定で持っていったものですが、そこで運悪く(笑)wavioさんに遭遇してしまった、というわけです。詳細はあえて書きませんが、3月5日の神戸では、ハイテクを駆使した「インフォームド・コンセント」調整が試行されます。期待してまっせ、wavioはん!

Rimg0078

 悪魔の霍乱のおかげで、博多も西宮も静かな1日だったようですし、散歩に出歩く怪しげな老紳士に遭遇することもありませんでした。こういう平和なときこそ、と北の旅人がお買い物ツアーを所望されましたので、西宮を辞して大阪日本橋の電気街へとご案内することになりました。

 めざすは価格.comで上位にランクされたお店ですが、念のため電話で確認してみると、目指す商品の在庫は1本だけで取り置き不可とのこと。川口師のご尊顔を拝した同じ日に最後の1本というのも何かの縁であろうと諦観して、粛々と日本橋を目指します。

Rimg0080

 結果は・・・・・見事最後の1本をGET。このお店のいう「最後の1本」はホンマモンなので、手に入れられて本当に良かったと喜びを共有しつつ、大阪市内某所で開かれるという宴会の会場へと北の旅人を送り届けて一段落。今日は妻も外出しているので、家で待つ子供達の夕食を買いながら無事帰宅。ウィークデーより遙かに運動量が多いはずなのに、この疲れの少なさは何なのでしょうか。うどんの件といい、実に身勝手な自分に呆れたことでした。

« 箱が主役? | トップページ | 良い蕎麦屋は幸せの元 »

コメント

ペンポイントを拡大して見てみましょう~って乗りだったんですが、なんか話が大きくなっていませんでしょうか?
研ぐのは親方に泣きつくとして、とても興味深いペン先なので是非拡大して見てみたいと思います。

wavio しゃん

あきまへんでぇ!誰かが助けてくれるという気持ちが上達を阻害します!この件に関しては誰にもすがってはダメ!一人で最後までやりなはれ!

大阪でうどんと言えば八尾駅そばの一忠ですね。
この店ののれん分けされたのが誰かが昔住んでいた
土師ノ里の駅の近くにあります。
この店ののれん分けされた店は「忠」の字が付いています。
旧羽曳野病院の北側にもうどん屋で釜竹があります。
(ここは家から歩いて行けるのだ)
あと、大阪船場のうどんは四国のうどんと違って柔らかいですが、これはこれで非常にうまい(特に出汁が)
私は柔らかいうどんの方が好きです。(蕎麦は堅め)

忘れましたが3月の神戸残念ながら参加できません。
だって娘の結婚式だから、まさか欠席できないしなあ。
なんで燕尾服着るねん。ぶつぶつぶつ
ヤケ酒一杯飲んで、、、、それもなあ。。顰蹙買うし、娘可哀想だし。。。

話には聞きましたが、そちらでも濃ゆい集まりがあったのですね。
wavio さんの修行の成果、仕上がった暁にはぜひ私にも見せてくださいね。

 wavio さん
 pelikan_1931師匠

 調整の道、高く険しく深いのでしょうね。私は麓の方で見上げているだけで、山に分け入った皆さんがお土産をくださるというすばらしい環境にいる幸せ。ありがとうございます。

 マオぢぃ さん

 おめでとうございます。

 一忠といえば釜揚げうどんですね。河内のど真ん中で、ようあれだけ待たせられるなぁと感心しますけれど、旨いからみんな許すんでしょうね。

 土師ノ里にもあるんでっか。クルマで行きにくいしなぁ。

 su_91 さん

 えぇ、必死で薄めようと試みましたが無理でした。皆さん濃ゆすぎてどうにも・・・・・。

 また大阪へもお越しくださいませ。

マオぢいさんおめでとうございます。
わたしんとこは、3年も前でしたが、猫はカメラ3台持って走り回っておりましたよ。
つきみそう先生、コメント欄お借りしました。
猫の会津塗り、まだつやは戻っておりません。
せんせい、緑に白バックは、バックに露出がひきずられまっせー。

 白髪猫 さん

 ご教示ありがとうございます。バックを黒にしてみたり、色々と試した中でいちばんマシなヤツがたまたま白バックでした。ペンに露出を合わせてみても、どうしても引きずられますね。

 こちらの会津塗、生贄として供されるのを静かに待っております。来月5日に、果たしてどうなるのでしょうか。

つきみそう先生
pelikan_1931師匠

未だ調整師補の分際で、会場で調整師まがいの事をしたら失礼かと思っておりました。
師匠よりお許しがでたので、この素敵な萬年筆が素人調整の餌食にならないように全力で頑張ります。
『インフォームド・コンセント』調整、楽しみにしていて下さい。

 wavio さん

 5日の神戸では人だかりが出来るかもしれませんね。気合いを入れつつ肩の力は抜いて、余計なこと気にせずガツんとやっちゃってください。

つきみそう、 白髪猫 さん

どうも、ありがとうございます。

結婚式は猫をかぶって、酒を飲んでべろべろで
大人しくしておこうと思っています。(希望的観測)

 マオぢぃ さん

 酒を呑んでも猫をかぶっていられるかどうかはちょっと疑問ですが、おめでたい席ですし、なくのが当たり前のお父さんですから、みんな温かい眼で見てくれることでしょう。

 5日の夜はさびしくなるのと違いますか?

あら、ヤフオクでくるくる回っていた品でしょうか。
お安く出ていましたよね~。
こっちはペン先がしっかり出ているモデルは、書き味があまり好きではなかったので見逃しましたが・・・
お会いする時の楽しみができました。

 二右衛門半 さん

 これ、普通よりけっこう安かったのになぜか放置されてましたね。何かあるのかとよく見ましたが、まぁ普通でした。ペン先が少々お行儀よくないのですが、それもまた楽しみの一つです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038398

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・ワン:

« 箱が主役? | トップページ | 良い蕎麦屋は幸せの元 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31