フォト

最近のトラックバック

« 男だけ? | トップページ | 「紅葉」のあと »

2010年12月 4日 (土)

年末恒例名古屋WAGNER

Rimg0296

 こういう寝姿で鼾をかいていた「くま(仮名)」さん。本日午前2時頃の様子です。ここで風呂に入って仮眠した上で、午前6時前に家を出て普通の列車(各駅に止まるものではありません)のみで名古屋に行ってみよう、と壮大なことを考えていたら、いつの間にか本物の夢を見ておりました。

 その結果、朝からいろいろと用事を片付けて、家を出たのはもう9時前。とてもじゃありませんが速い乗り物を使わないと名古屋までたどり着けない時刻になっておりました。いつものように新幹線利用で名古屋をめざしますが、なかなかよく混んでおりまして、エクスプレス予約で残席1、なんていう列車を運良く捕まえてしまいました。

Rimg3081

 ピンク兄弟パート2、ではありません。さる人の曰く、同じ色のエプロンでも右の人のはピンクで、左の人のはちゃんと赤である。これは身につける人がでるものなのだ、と。けだし名言ではありませんか。

 とにかく今日は、こういうエプロンをした人がうじゃうじゃおりました。知らない人はこれを見て何だと思ったのでしょう。ぜひ聞いてみたいものです。

Rimg3021

 刈谷の巨匠による飲み込み式萬年筆の吸入実演。戦前のインクボトルとペンという、現存するのが不思議な組み合わせですが、開始20秒ほどで満タンになっておりました。写真で確認できる泡は、ペンの中にあった空気がボトルの方に出てきているものです。

 愛知県東部から参加していた中学生4人組も興味深そうに見つめておりました。彼らの将来を思うとお気の毒に、と思わないわけでもありませんが、萬年筆文化の継承、という意味ではおおいに期待したいところです。

F1000485

 お昼ご飯はこちら。フルタイムモーニング喫茶、というのがうたい文句のお店。名古屋におけるモーニングというものの存在意義を改めて意識させられました。飲み物を頼んだらパンがついてくる、というふうに考えるのがわかりやすいのではないでしょうか。

F1000487

 名古屋で喫茶店となれば、避けて通れないのがトースト。ただトーストといえばこれ。小倉です。えぐい事前の予想を遙かに超える違和感です。でも、これが名古屋の文化なのでしょう。私はこういう、トーストに塗るためのあんこが売られてるんですか?と聞きましたら、売ってるけど家でトーストってことはあまりないと。トーストは喫茶店で食べるもの、という認識が一般的なんじゃないか、というのが名古屋在住の人の見解でした。

 そんなこんなでわいわいとお昼を済ませて、私は所用があったので宴会をパスして帰宅。しかし、例によって22人もの参加を得ての大宴会となったそうです。次回、高松での再会をお約束した皆さん、どうぞよろしくお願いします。

Rimg0322

« 男だけ? | トップページ | 「紅葉」のあと »

コメント

上の写真の二人、ルボナー、黒に赤スティッチのディプロマ揃い踏みも、滅多に見られる光景ではありません。

また写真を見る限りでは、より左の方がピンク色に近いように見えます。最近老眼がすすんでおり、錯覚なのかも知れません。

 限定インクおやぢ さん

 参りました。うっすらと不安に思っていたところを見事に突かれてしまいました。「最後の1本」ディプロマ兄弟、かなりの時を経てついに実現しましたね。

 しかしこのディプロマ、なりは大きいのですが本当にものが入りませんね。

お疲れ様でした。
名古屋の、と言うより、中京圏の正統な喫茶店文化は、えぐいですか?小倉トーストにサラダに味噌汁、茶わん蒸し。長居するお客には、昆布茶か緑茶を出して、はよ出ていきゃ~せ。と、背中を押してくれます。

しかし、刈谷の巨匠のコレクション 相変わらず凄かったです。

中学生ですか~、私も行けたら是非お話ししたのに…。
でも、中学生から見れば20歳でも「年上」という感じかもしれません。

しかし、中学生のうちから万年筆というのは有望株ですね!

 きくぞう さん

 初めてゆっくりとお話しできました。ありがとうございました。えぐい、というと中京圏で喫茶店を愛用されてる方に失礼ですね。思うところが伝わるように書き直しました。

 暖かくなったらまた天命反転地へ行ってみたいと思っております。

 達哉ん さん

 有望というか、何というか。会場に入ったときにはすでに二右衛門マスターの前で妖しい萬年筆に魅入られておりましたから・・・・・。

遠路ご苦労様でした。
せっかくモーニングを食べに行ったのに、ほとんどの人が他のメニューを食べる自由さ加減がヘンタイたる所以でしょうか。

 どーむ さん

 一応名古屋らしいモン、ということで味噌カツ定食頼んだのですけれど、味噌が品切れという不幸・・・・・により、カツ定食となっただけです(あくまで強気)。

モーニングも味噌かつも味噌煮込みうどんも現地で食べて知っていましたが、小倉トーストには吃驚です。

 KEN さん

 でしょ、でしょ。いかに現地の皆さんがおいしく召し上がっていようとも、初めて見るとびっくりしますね。ちなみに写真でこのトーストを召し上がっているのは北海道の方です。もともと甘いものがお好きな方ですので問題なかったようですが・・・。

来名、お疲れ様でしたw

 早いお帰りに体調でも?と思いましたが所用との事、ほっとしましたw
 喫茶店は殆ど行く習慣が無かったのでモーニングが凄いという意識は有りませんが、小倉トースト、美味しいと思うんですがね(苦笑)
 アンパンの餡が表に出ているだけと思うのですが如何でしょう?
 

 ともぞー さん

 残念ながらあんパンを食べないもので・・・・・。名古屋は遠いんだか近いんだかわかりませんねえ。感覚的にはとっても近いですが。

こんばんは、えもんと申します
突然失礼させて頂きます、ひとつお尋ねいたします

上のお写真にあるエプロンは、京都の「しんざぶ」謹製のお品でしょうか?
私、しんざぶ好きな者で、少々気になりまして・・・・

 えもん さん

 その通り、信三郎帆布の製品です。これは「赤」です。他には生成り、紺、焦げ茶、薄茶、煉瓦、紫、青ねず、うぐいす、黒、ねずみと全11色。カバン類に比べると色のバリエーションが数色少ないですね。

 1月22日に神戸へお越しになれば、生成りと紺以外、ほとんどが見られると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038314

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例名古屋WAGNER:

« 男だけ? | トップページ | 「紅葉」のあと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30