フォト

最近のトラックバック

« 何もない1日 | トップページ | 鬼の霍乱 »

2010年12月22日 (水)

とうじ

Rimg0390

 時節柄、サンタさんのまねをしようと思ったのか、白いお髭をつけた「ちち(仮名)」さん。愛用のクッションを噛みまくり、中から出てきた綿を咥えて「遊ぼうよ」と呼びかけているところです。

 今日は冬至なので、本来ならカボチャを炊いて食べ、ゆず湯に入らないといけませんが、職場の忘年会でしたのでそのどちらも果たせずに終わりました。

Rimg0410

 忘年会のあとはたまたま近くにいた人たちと2次会に繰り込み、最後はその人たちをおうちまで送り届けて深夜のご帰館。迎えてくれる犬たちも眠たそうに顔を持ち上げてこちらを見るだけです。

Rimg0414

 熟達した職人さんが手作りした「樽」です。日に数個作り上げられたらいい方だそうで、これも注文してから届くまで2ヶ月以上かかりました。これは何に使うものかというと、卓上用の醤油さしなのです。

Rimg0415

 非常に良くできています。千葉県の職人さんの手作りで、基本的に本物の樽と同じ造りになっているところがまた凄いのです。ちなみにこの醤油さしを注文したのは私ではなく妻ですので念のため。

Rimg0417

 付属の説明書には、醤油さしとして使う前に水を入れて1昼夜放置し、木の灰汁を抜くように指示されております。入れた醤油が染みてきたらまたいい味が出るかと思うのですが、今のところはオブジェとして食卓の上にのっているだけです。ひょっとして、我が家は揃いも揃って変なモン好きなのでしょうか・・・・・。

Rimg0421

« 何もない1日 | トップページ | 鬼の霍乱 »

コメント

木のアクはすごいですからねぇー。
熟成されたら良い感じですな。

中身がなあ。。。
やはり日本酒でしょう。
サイズも大きくてね。

ヘンタイの性か、非常に食指を動かされる一品です。
実用性も兼ねながらモノとして美しいのは良いですね。

ちち(仮名)さんを見るたび
その耳がスルメイカのエンペラに見えて仕方がない。
罪なわたくしです。誰か他に思っていないのだろうか。

 二右衛門半 さん

 さて、灰汁が抜けたらどんな醤油を入れようか、と、こんどは醤油にこだわってみたりするのでしょう、きっと。

 マオぢぃ さん

 とうじ、ってタイトル、そう、杜氏ですよ。でもね、こういうのに酒入れたらそのまんまですからねぇ。

 大阪のオバチャン さん

 そう、こういうものに心動かされるあなたは立派なヘンタイです。

 この子の耳については、私たちも「何か」感じておりましたが、なるほど、エンペラね。すごく納得であります。

千葉の醤油樽 ですか。

小さければ小さいほど、曲がりがきつくなりますから、継ぎ合わせが大変になりそうです。きっと板を継ぐより、丸太をくりぬく方が簡単でしょうねぇ。

こちらの名産は桝ですが、時節柄五角形の枡が人気なのだそうで。ゴーカクしマス だそうで、、、

 きくぞう さん

 先日の金比羅参りの際も、なぜか参道にお箸の専門店があったので5角断面の箸を買ってきました。この時期はそればっかりになりますね。

6年位前に、県北で、小麦だけでつくった白醤油をみつけ、果実酒用の瓶に半分のにんにくをいれ、その醤油で漬け込んだら、とてもおいしい仕上げ用醤油ができました。
2年くらい使ってたかなあ。

 白髪猫 さん

 白醤油ってのもいいですね。でも問題はうちらの方では白醤油は滅多に使わない、というかあるのも知らないほどということです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038333

この記事へのトラックバック一覧です: とうじ:

« 何もない1日 | トップページ | 鬼の霍乱 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31