フォト

最近のトラックバック

« 年末恒例名古屋WAGNER | トップページ | シャチボン »

2010年12月 5日 (日)

「紅葉」のあと

Rimg0279_2

 疲れてるのでしょうか、目もうつろな「ちち(仮名)」さん。前脚の変な重なり具合がおもしろくて撮りましたが、飼い主が目の前でパシャパシャやっているのに知らん顔。こういうときは、小学生の次男が触りにいっても甘噛みすることなくおとなしく撫でられる、ある意味、とっても可愛い状態なのです。

Rimg3087

 叡山電鉄本線の終点、八瀬比叡山口駅に進入してくるデオ700系。ここから高低差日本一の比叡山ケーブル、そしてロープウェイを乗り継いで比叡山に登ることができますが、今年の運行は今日まで。明日からは訪れる人もぐっと減ることでしょう。

 本線の終点ではありますが、日頃は無人のこの駅。改札を出て、駅のすぐそば、高野川にかかる橋を渡って比叡山ケーブルの駅まで150メートルほど。残念なことにケーブルカーは出発したばかりで、次の便まで1時間近く待たなければならないのでパス。もと来たルートを引き返すことにします。

Rimg3082

 高野川の下流に向かって1枚。のどかです。本当に静かです。わずかに残る紅葉を見ると、最盛期にはさぞ喧噪であったことだろうと思われますが、今日は実によい感じ。京都の北の方へ来たんだなぁ、という感じがします。

 とても良いお天気で、ブルゾンを着て歩いていると軽く汗ばんでくるほどでした。帰りの電車の時間まで、なんのあてもなく駅の周りをぶらぶらしておりました。

Rimg3084

 このあと、叡山電鉄本線と鞍馬線との分岐点である宝ヶ池駅まで二駅戻って、鞍馬駅まで行ってみました。狙いはもちろん洛北フレンチ。ですが、紅葉が終わっても鞍馬は結構な人出で、お目当てのブルージェ号も早々に売り切れ続出でした。

 仕方がないので、再び電車に乗って岩倉駅へ。ブルージェ洛北の実店舗に行ってみることにしました。岩倉駅からは相当に遠いようですが、天気もいいのでぶらぶら歩いてみようという気になったのです。その顛末は、これから訪ねてみようと思っている方向けに、探訪レポートとして報告する予定です。

Rimg0277

« 年末恒例名古屋WAGNER | トップページ | シャチボン »

コメント

紅葉も終わりに入って、京都の町も少しずつ人混みから離れていきますね。
さて、どこの山奥へ修行に行かれたのやら。

 何でもまずはWebで調べて、という昨今ですが、それだけではわからないことも多いのだな、ということを実感いたしました。Webでは比叡山に登ってもその先の交通機関がないようなことが書いてありましたが、実際ケーブルカーの駅へ行くと1日に数本、比叡山内を走るバスがあるではないですか。知っておればそれなりの計画をしたのに、と思うといささか残念でした。

比叡山東の方のケーブルは動いているの?

 比叡山については、12月から3月半ばまでの間、東のケーブル(坂本ケーブル)で入るか、京都市内から直通のバス(1日3本ほど)で入るか、のどちらかです。


 やはり東のケーブルの方が比叡山延暦寺の伽藍近くに着くので、冬の間も動かしているのでしょう。西の方は自然環境も厳しく、上に上っても伽藍まで遠いので不人気なのかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038315

この記事へのトラックバック一覧です: 「紅葉」のあと:

« 年末恒例名古屋WAGNER | トップページ | シャチボン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30