フォト

最近のトラックバック

« お・さ・ん・ぽ | トップページ | 変態はいけません »

2010年11月29日 (月)

いけず

Rimg0008

 愛用のクッションを徒然に噛みちぎって綿を出してしまった「ちち(仮名)」さん。寒い季節になったので、夜はこのクッションの上に収まるようにまん丸になって寝ているのに、お世話になっているものをこんな無残な姿にしてしまうとは・・・・・。

 無残な姿と言えば、気合いを入れて作問したものを半分以上をボツにいたしました。おしゃれすぎる問題、といいますか、まぁ入試風の問題が多すぎて、これでは時間内に解けないだろう、ということです。一緒に担当している女性教師からも「こんな問題つくるなんて、先生”いけず”やわぁ」なんて言われてしまいました。

Rimg0211

 試験時間は正味45分間ですから、教師がやってみて(初見で)30分以内に完了できないと辛いものがあります。どれもこれも愛着のある問題ばかりですが、作問者の自己満足だけではどうにもなりませんからバッサリと切り捨てて、あぁこれ、平均点上がりすぎるんとちゃう?ってな問題に仕上げたのですが、おそらくそんなに平均点は上がらないのでしょう。これ、日頃の授業が下手なんだろうなぁ、と反省すべきところです。

 まぁ、とにもかくにも試験さえ出来上がれば、あとは生徒諸君に期待。何より、数学の良いところは採点が早く終わること。国語や英語、社会あたりの教師からはほとんど恨み言に近い「えぇなぁ」の声を毎回聞かされます。私自身、国語、社会、技術・家庭そして数学と担当してみて、数学の採点が一番早く終わるのに驚いているほどです。

Rimg0212

 ここから成績関連の作業がく続いて、気がつけばクリスマス、ということになります。神社に初詣をして節分に鬼を追い、バレンタインデーには猪口チョコのやりとりをする。おひな様にお彼岸にエイプリルフールにこどもの日、さらには七夕、お盆ときたらまたお彼岸。ハロウィーンもついでに騒いで気がついたら年の瀬という1年を送っている無宗教な我が家には、いまだにサンタクロースの存在を信じている息子がいます。

 毎年、こちらのサイト を見せては「サンタさんも大変やねぇ」などと言ってますから、高校生の娘なんてのは下手をすると中学生になった頃まで半信半疑だったのかも知れません。寝ている間に部屋に親が入ってくれば気がつくはず。だからホントにサンタさんなのかも、と思っているあたりがすでに子どもなんですが、かく言う私もけっこう信じていた方ですから、これも遺伝なのかも知れません。

Rimg0213

 こうしてみると、何の変哲もない、見慣れたBICのボールペン。軸をちょこちょこいじるだけで、みんなホイホイ買っていくのですから、商品企画というのはむずかしく、かつ大切なものですね。元々そんなに数が入らないものでもあるせいか、売り出されたと思ったら早々に品切れの表示。リアル店舗に出かけていったら店頭在庫が残っていたのでおさえてきたBICのシェイプペンです。

 サンタさん、クリスマスツリー、そしてプレゼント。そう、これが難儀なのです。サンタさんに何もらうの、と尋ねて、コレと言われたものを探すのですが、そういうものは人気商品であることが多いので入手が大変なのです。特に年末商戦に会わせて新発売されるゲーム関係なんてのは、本当に苦労します。毎年綱渡りのような思いをして切り抜けてきておりますが、今年はうまくいくのでしょうか。そして何より、いつまでサンタさんをさせてもらえるのでしょうか。

Rimg0214

« お・さ・ん・ぽ | トップページ | 変態はいけません »

コメント

雪だるまではなくスノーマンであるところに舶来らしさを感じますねぇ。

ウチはサンタの存在が希薄でケーキを食べておもちゃ(ボードゲームが好きでした)とLP(古ッ)を買ってもらうという日で、全く宗教のシュの字も感じさせないクリスマスを過ごしていました
 そうだ、プレゼントは枕元に置かれるんじゃなく家族で買いに行っていたからサンタを意識した事がなかったんだ(父親には感謝でしたがw)

 二右衛門半 さん

 まぁ雪だるまという方がなじみがあるんですが、ブリキのバケツでなくちゃんとした帽子かぶってますからねぇ。

 ともぞー さん

 いや、サンタさんが何であるかに関係なく、プレゼントくれる人、って認識ですから宗教色なしですが、そういえばクリスマスのケーキはなぜかアイスケーキ限定。寒いのにねぇ。

ちゃうちゃう、雪だるまは二段だけれど、スノーマンは三段だからということです。

とりあえず 我が家は サンタさんからは卒業しました。一番下が中学生になったので、、、
でも、父ちゃん プレゼントよこせ!と言われるので、何か考えないといけません。


で、試験問題。50点が平均となり、生徒の得点を並べると、正規分布になるような問題が良いのだと、父親が言っておりました。でも、40年教員やっていたって、いつもそんな風になったことがないようですから、作問というのは非常に難しいのでしょうねぇ。

本来なら、生徒が解法を聞いてのけぞるような問題が面白いのでしょうけど

 二右衛門半 さん

 おっと、新しいことを覚えてしまいました。というか、
コレまで全く意識してませんでしたよ、スノーマンは
3段積みだってこと。欧米人の子どもの方が体格が
いいからなんでしょうか。

 きくぞう さん

 そうですねぇ、お父様のおっしゃるようになるのこそが
まさに正規分布ですからね。それだと、偏差値なんて必要
ないというか、得点そのものが偏差値に近いですね。

 私らの場合、まぁ生徒の成就感ってものも大事ですから
松本ちえこ(知ってる人いるのかっ)風に65点が平均、
ってあたりをめざしてますけれど、実に難しいですね。

 解法を聞いてのけぞるというより、その美しさにます
ます数学が好きになる、ってのが理想かも・・・。

 保育園の頃、朝、目を覚ましたら枕元にプレゼントが置いてありました。サンタさんからのプレゼントだと大喜びしましたが、次の瞬間、母から「プレゼントをくれた叔母にお礼の電話をしなさい。」と言われ、幻想を打ち砕かれた経験があります。
 その年以降、おもちゃ屋さんに行きその場で欲しいものを買ってもらう、というのが我が家のクリスマスの習慣になりました。夢のない話です(´;ω;`)
 最近、町のおもちゃ屋さんを見かけなくなった気がします。みんな、どこでプレゼントを買ってもらうのだろうか?と、この時期が来るたび考えてしまいます。
 

 チェリー さん

 最近の子どもは「ゲーム」なので、まぁおもちゃ屋さんがなくても困らないのかも。本当のおもちゃですとやっぱり百貨店ですかね。都市部なら安いトイザらスが使えます。

 今年もNORADのサンタ追跡が始まってますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038309

この記事へのトラックバック一覧です: いけず:

« お・さ・ん・ぽ | トップページ | 変態はいけません »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31