フォト

最近のトラックバック

« だったらいいのになぁ・・・ | トップページ | X-Rays »

2010年11月 7日 (日)

錦秋の立冬

Rimg0605

 こちらを見上げる表情が可愛いので、とシャッターを切るその瞬間にあくび一発の「くま(仮名)」さん。犬のあくびは緊張の表れともいわれますが、どうだったんでしょうか。

 休日にしては珍しく早く起きた・・・と思って喜んでいたのに、なぜか遊びに出かけたのは10時半過ぎ。それでも十分に早いからと調子に乗って行き先を遠目に設定したのが運の尽きで、帰ってきてみれば夜も8時を回っておりました。

Rimg0517

 近鉄四日市駅でのショット。見慣れた近鉄電車ですが、こいつは懐かしい編成なのです。奈良市内の職場に異動してきた頃にはまだ奈良線で走っていて、その後、名古屋・山田線へと転属したのです。

 この系列は3両編成が5本あって、新造時は何と吊り懸け式。昔の「グォ~ン」という重たい音を出して加速する電車の駆動系を流用し、その当時の最新型の車体と組み合わせた、という変な電車でしたので、「鉄」としては記憶に残る車両なのです。かつては「ク972」でしたが、改番されて「ク1112」となりました。

Rimg0518

 近鉄の車両は基本的に固定編成で、新造時から廃車になるまで、車両の組み合わせが変わることはあまりありません。特にこの系列は車両間の貫通路が幅広なので、編成をバラして別系列の車両を組み込むということができません。この時代の奈良線系統の車両に共通する特徴ですが、そういう仲間もだんだんと少なくなってきました。

 車体もけっこう大がかりに更新されておりますので、この先も当分このまま活躍してくれることでしょう。名古屋線や山田線を利用される方、車両間の通路に両開きのドアがついていたら、この系列です。かわいがってやってください。

Rimg0524

 湯の山温泉駅から御在所ロープウェイの山麓駅まではバスで10分足らず。電車を降りてバス停へと近づいていくと、運転手さん曰く「上まで1時間以上かかりますよ。それでも良かったら乗ってください。」とのこと。駐車場のキャパが小さいのにたくさんのマイカーが押し寄せているためです。

 ロープウェイ山麓駅まで歩くと小一時間はかかりますから、親子3人でバスに乗ると650円のところをタクシー利用で2310円也。こちらは、一般車通行止めとした道を上ってくれるので早く着くのです。これから各地とも紅葉のシーズン。皆さん、公共交通機関利用でのんびり行きましょうね。

 御在所ロープウェイも、38両あるうちの36両を投入しての大量輸送。20分から30分の待ち時間ですが、立ち席にならないように配慮してくださっているのでよしとしましょう。混む混むと言える自分が混ますなり、ですからね。

Rimg0556

 ロープウェイの窓越しに撮りましたのでさほどきれいに見えませんが、「錦秋」という言葉にぴったりの景色でした。今日は立冬ですから、もう「錦秋」とは言えないのかもしれませんが、この先、もっともっときれいになっていくことでしょう。

 やや曇り気味でしたが、山上でもそれほど寒さを感じることもなく、ぶらぶら、のんびりと過ごすことができました。帰りのロープウェイを待つ間も、Twitterで「いつ乗れるかわからんほど混んでる~」とつぶやいたら、フォローしてくださっている御在所ロープウェイさんから「すんませ~ん」という返信があったりと、なかなか楽しく待ち時間を過ごすことができました。

Rimg0586_2

 ここでは、可愛らしい女性たちのグループから次々と声をかけられて、本当に参りました。次から次へと「シャッター押してくださぁい(はぁと)」なんて声をかけられて、自分の写真撮るときよりも真剣に構図考えたり光を読んだりしながら、ブレないように必死で脇を締めて・・・・・と汗をかきながら写真を撮っておりました。

 下りのロープウェイ、乗るまでの待ち時間は40分。山麓駅から湯の山温泉駅へと向かうバスも定時運行で、ゆったり電車に揺られながら四日市へ。ここから大和八木まで、アーバンライナーでぐっすり眠りながら移動するのは至福のひとときでした。

 最後に、納得いかん、という人も多いようですが、千葉ロッテ、日本一おめでとう。名古屋の皆さん、残念ついでに萬年筆でも買いませんか、来週、神戸で。

« だったらいいのになぁ・・・ | トップページ | X-Rays »

コメント

いやぁ、なかなかご苦労されてらっしゃったようで。
昨日は良かったかもしれませんが今日は曇り。
昼前後には雨が降る予報が入っています。
そのような天候だと、山は楽しみが少なくなってしまいますから、良い時期に出かけられたものだと思います。

 二右衛門半 さん

 いやぁ、実に綺麗な山々。楽しませていただきました。

 元はといえば二右衛門半さんがフォローされている
御在所ロープウェイさんをフォローしたのがきっかけ。
良い出会いと言えましょう。この勢いで、諸戸氏庭園
も見に行きたいところです。

おっとこれは地元ネタではないですか!
 さすが鉄分増量w、ともぞー家は文化の日に実家へ行く際乗ったばかりです、ハイ
 (湯の山線だけ、とても混雑の御在所に登る気はなかったですw)
 紅葉の季節、湯の山界隈の道路はドツボです
 湯の山温泉駅→ロープウェイまで歩いた方が早い事も良くある話で(苦笑)
 綺麗な景色だったのは何より、地元民でありながら秋に行ったのは大学サボって鈴鹿スカイラインの途中でボーっと一日過ごした時だけなのは恥ずかしい限りです
 (でも吊り広告の写真を見たら行きたくなりますよねぇ)
 無事に戻られてヨカッタヨカッタ(笑)

 ともぞー さん

 ご無沙汰です。大人だけならロープウェイまで歩くのも手ですね。

 鈴鹿スカイラインというか、477号線でしたか、未だ寸断されたままですね。

いやいや、こちらの場合、yellowdaliさんがフォローしているのを見かけて、コメントしていたらロープウェイさんよりフォローが入ってきていたのを知って、フォローしたまでのことです。
諸戸氏庭園、都合が付けば案内しますよ。

 二右衛門半 さん

 マスターのBlogでも何度か取り上げられているので、
そのうち・・・と思いつつ未だに果たせておりません。

 秋ですし、庭園もさぞ美しいことでしょう。ただ問題は
この11月の週末、やたらと行事が詰まってること・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038287

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の立冬:

« だったらいいのになぁ・・・ | トップページ | X-Rays »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31