フォト

最近のトラックバック

« ごろんと | トップページ | われながら・・・ »

2010年10月19日 (火)

余裕があると・・・

Rimg1683

 お、立ってる、こっち見てる、今や!とシャッターを切ったら、なぜかその瞬間に動いてしまう「ちち(仮名)」さん。あとコンマ5秒でも動かずにいてくれたら、と思うことしきりですが、生き物ですから仕方のないところです。

 むしろ、余裕がなく、とっさにシャッターを切ったときの方がバッチリ撮れていたりするものです。入念に準備をして一瞬にかける、っていうのがいちばん良いのでしょうね。

Rimg1695

 あまりの忙しさに、Weblogを更新する時間も惜しいほどですが、ここまでの長い人生で2年以上も続いたことなんてひとつもない中、これだけは毎日更新を続けてますので、そこら辺に転がっていた萬年筆をパチリ。これもたしか、バケツに1杯、の中に入っていたとかでいただいたものだったと思います。

 DIPROMATブランドの細身のペン。外装はスターリングシルヴァーです。キャップリングにはしっかりとW-Germanyの刻印があります。

Rimg1702

 何でそんなに忙しいのかというと、生来の無計画さ、横着さのせいなのです。今週末には中間試験だというのに、まだ問題が未完成。こういう抜群に便利なソフトがあるので、すぐにできるやろ、と多寡をくくっていたのが失敗の元。

 このソフトを使えば、問題作成の作業自体は驚異的に楽になるのですが、問題を考える、ひねり出すというところまではやってくれません。 ありきたりでなく、できるだけお洒落な問題を、なんてスケベ心を持ちますと、余計に問題が出てきません。

Rimg1696

 このペン、実にいい具合に「黄色く」硫化している最中で、できるだけ触らないように、某社長の目に触れないようにしているものです。クリップの造形がさりげなく「ひとひねり」してあるところが気に入っております。

 できれば試験問題にも、おぉ、こう来たか、と言わせるようなひねりを入れてみたいものです。たとえ解けなくても、おもしろい問題だったなぁ、と思ってほしいものです。

Rimg1701

 クリップに比べ、ペン先はごくごく平凡。切り割りがしっかり左右非対称なあたり、国産じゃないだろう、とは思いますが、油断はできません。

 DIPROMATというブランド自体よく知りませんし、キャップの天冠部にあるロゴマークもどういうものかさっぱり、です。こういうものは、公開することで「○○なんだよ」と教えていただくのがいちばんです。

Rimg1698

 さて、お遊びはこれぐらいにして、試験問題作成に取り組まなければ・・・・・。

« ごろんと | トップページ | われながら・・・ »

コメント

DIPROMATはプラチナがOEMでブライヤー軸(#3776タイプ)を作っていましたが、このペン先もプラチナと酷似していますな。

モンブランに吸収され無くなったんだったかな?

サイトは次の箇所ですが、、
http://www.diplomat-pen.de/
会社のロゴはデイジーみたいなのとプラスマークの二つ
みたいです。
そのキャップは T C O の字が入ってますなあ。
OEMか何か?
http://www.mydiplomatpen.com/default.aspx
のサイトはアメリカの輸入代理店だし。
中学の数学て、1次、2次方程式なんかかなあ。

韓国製のマイクロファイバーのめがね拭き30枚ほど
郵便で送りました。
私はiPhoneを磨く?のに使っていますが、万年筆でも
綺麗に磨けると思います。
封筒に入れて重さを量ったら500g以下だったので宅配便やめて郵便で送りました。(500以下なら郵便の方が安い)
船場のど真ん中にある郵便ポストに厚みが投入口より厚かったので
周りの目も顧みず、がんがんと無理矢理突っ込みました。
(ちょっと恥ずかしかった)
ついでに100枚ほどパチッテ来ましたので、追加要望があれば送ります。(今度は運賃先払いの宅配じゃ)

天冠のマークはマオぢいさんの書いておられる「T C O」
ではなくて、「T&CO」と解読すべきではないでしょうか。
つまり、 Tiffany CO ではないかと思います。

su_91 さんのブログの 2010年 5月 16日の記事の万年筆と
関連がありそうですね。

ぱちぱちぱち
座布団一枚 >  zato_chan

 pelikan_1931師匠

 やはりそっちの可能性が・・・。ペン先の表情とか、美しさとか、そういうものに案外無頓着な自分に気づきます。よく言われる「ペン先が似てる」っていうのに、案外気がつかない・・・・・。調整に向いてない素質をまたひとつ発見しました。

 二右衛門半 さん

 もしこれもOEMとすると、萬年筆に関してはもう、出してるだけ、みたいな感じだったのかもしれませんね、最後は。

 マオぢぃ さん

 いろいろとありがとうございます。

 そう、今回の試験範囲は、2次方程式と2乗に比例する関数、ですね。2次関数と言わないのは、もっともシンプルな、グラフが原点を通るヤツしか扱わないから。それでも生徒たちが青息吐息なのは、指導者が悪いせいかな。

 zato_chan さん

 ティファニーだとすると、変にお洒落なクリップなんかも、なるほど、という感じですね。もっとも私は、銀が硫化していくところにばかり興味をもって見てるだけですけれど・・・。

せんせい
動物写真は1眼でないと無理だと思います。
それも、光学ファインダーを見ながらでないと。

 白髪猫 さん

 そうなんだろうと思いつつ、怠け者の私に一眼は
もったいないですよ。それにね、機材も大事ですが、
それ以前に腕前。それがないので、一眼なんぞ使う
のがはばかられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038268

この記事へのトラックバック一覧です: 余裕があると・・・:

« ごろんと | トップページ | われながら・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30