フォト

最近のトラックバック

« 割れると・・・ | トップページ | シャキーン »

2010年10月 5日 (火)

たのしい工作

Rimg1384

 珍しくカメラに正対して写る「ちち(仮名)」さん。なにやら汚い指が写っておりますが、これを餌代わり?にひょこひょこ動かして気をひきながら顔のあたりにピントを置いて、ふと顔を上げたところをパチリ、といきました。きょとんとした顔がいい感じです。

 一通り揃ってくると、もう萬年筆いらんねん、なんてことを言い出す人がいます。このところ、中部関西方面でそういう人が増えてきているようで、私も感染してしまった模様。いやホンマ、もう、萬年筆いりまへん。よっぽど珍しいのとか変なモン以外は、ね。

Rimg1386

 こいつは、この日の記事に出てきた萬年筆。もともとはキャップも胴軸も真っ白でしたが、鉄ペンということもあってか、かれこれ1年以上、使われずに放置されておりました。コンヴァータに入れてあったPILOTの赤インクもすっかり干上がってしまい、本格的に洗浄しなくてはいけません。

 こういう状態のペンをごっそり抱えていれば、二右衛門半(普通名詞)に認定してもらえる可能性がありますので、我こそはと思う方は遠慮なく名乗りを上げてくださいませ。

Rimg1385_2

 で、現状はこういう状態です。この記事に登場する我が儘なおぢさんの一人として、不器用なのにチャレンジ。こういう風に写すのがいちばんよろしいのです。

 先の記事には、一度革を貼ったら元には戻せない、ということが書かれておりますが、こいつは元に戻せるように革を貼れないか、とやってみたものです。しかし、少しのことにも、先達はあらまほしき事なり、というのを実感する結果となりました。

Rimg1405

 革の合わせ目がしっかりとスジになっております。こうならないように、この部分は両側の革を重ねるように貼った上をカッターナイフで切るのです。そのとき、胴軸やキャップにカッターの刃の跡がつきますから、革を剥がしても元のようにはならないよ、とボンジョルノは教えてくださったのです。

 このペンの場合、カッターで切らずに仕上げるべく、きっちりの寸法よりやや小さめに切った革を貼っているのです。革をぐいぐい引き伸ばして継ぎ目が目立たないようにしたのですが、時間が経つとこの通りです。

Rimg1388

 

 クリップの上の方もこの通り。壁紙が剥がれたようになっている部分があります。細かいところの仕上げが雑な証拠です。でも、この革を剥がし、残った糊をきれいに取り去れば、元の白いペンに戻せます。それだけが唯一のメリットといえるでしょう。

 それであっても、こうした作業はとても楽しく、もっと貼るペンないかなぁ、なんて探してしまう始末。中古品で前のオーナーの名前が入ってる、なんてペンがあれば、こういう加工もいいですね。そうやって、変なモンばっかりが増えていくのです。

« 割れると・・・ | トップページ | シャキーン »

コメント

あ、コレいいですね!先生もやられてたんだ
 先回出席のWAGNERから時間が経つと、それほど萬年筆要らんけんねって気になってきます
 もっとも12月になればまた気が変わりますけどねw
 とは言いつつさほど持っていない僕ですから、まだ購入する余地(分野)はありますけどね、ヘヘヘッ!

 ともぞー さん

 ジャグラーやるわけではないので、手が2本だからペンも予備ふくめて5本ほどでいいのではないでしょうか。

 え、どの口が言うてるんでしょ・・・

PLAYBOYですな。
かっこええなぁ。

 二右衛門半 さん

 です。なので、これと、いただいたプレイボーイと併せて2本あるのです。

軸に直接革を張るのではなく、下地に薄いフィルムか紙を貼り、それから革を貼ればにカッターで処理しても大丈夫だと思います。

追伸 ブログのやり直しで、先生のリンクを晴らせていただきました。事後承諾で申し訳ありません。

 wavio さん

 そうですねぇ、下地を貼ると仕上がりにも影響が出そうですし、しっかりくっつきますでしょうか。カッターでしっかり切り込みますから、紙1枚ぐらいではやはり軸の傷を防げない感じがしますが、どうなんでしょうねぇ。

 こんなんで良ければどうぞリンクしてくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038254

この記事へのトラックバック一覧です: たのしい工作:

« 割れると・・・ | トップページ | シャキーン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31