フォト

最近のトラックバック

« 鉄分たっぷり | トップページ | 不埒な »

2010年8月28日 (土)

お片付けは大切

Rimg0493
 「ちち(仮名)」さんが散歩から帰ってきたところをパチリ。彼女がお散歩中に出したものの始末と、脚を拭くための雑巾を用意する、その間、彼女は玄関につながれて待っております。飼育係の娘は、私が写真を撮っているのでしばらく放って置いた方がよいものと勘違いしたのか、なかなか彼女を迎えに来ません。

 実際、家族みんなの靴が置いてあると、こうして待つ間にも次から次へと咥えてしまいます。写真左下の赤いのは次男の靴。写真を撮る飼い主に気を取られているうちはよいのですが、すぐに気づいてパクッといくことになります。面倒ですが、片付けるに越したことはありません。
Rimg0513
 とにかく空き箱を棄てなくては、と、お片付けをしておりました。まずは紙箱。工房 楔 の箱が多く、カトウセイサクショの箱もあります。このキンキラキンぶりは文化遺産なので、置いておこうか、などと思ってしまうから片付かないのでしょうね。

 一応、箱の中身を確認し、インクカートリッヂなどが入っていれば取り出します。昔から、箱の中身を確認するいちばんの方法は振ってみること。この箱、なかなか立派やなぁ、棄てるのもったいないなぁ、などと思いつつ振ってみると、立派な音がします。
Rimg0514
 ペンクラスターで何本かいただいたうち、これは何が入っていた箱かなぁ、何が残ってるんやろ、などと思いつつ、箱を開けてみてびっくり。そこには、入っているはずのないペンが入っていたのでした。

 先日、お坊さんが来るからと部屋を片付けていたときも、立派な桐箱を開けて中身がないのを確認し、あぁ、どこへ行ったのだろうとため息をついておりました。もう1年以上、どこへ行ったのだろうと思い続けていたペン。大橋堂の玉虫塗りがその箱に収まっていたのでした。
Rimg0509
 久しぶりの対面。前回見たのは、うめだ阪急に大橋堂が来ていたとき。掃除をお願いします、とお渡しして、「極黒お使いですね。これはマメにお掃除しないといけませんよ」と今関さんに言われた時だったと思います。

 なぜこの箱に入っていたのか、それは私が入れたのに違いありませんが、そのことを完全に忘れていて、あやうく箱ごと棄ててしまうところでした。私はあちこちにものを放置して、なおかつ片付けが遅いので、しびれを切らした妻が「とりあえず」邪魔にならないところに移動することがよくあります。そして、それが原因で二度と見つけられなくなる、ということもたいへん多いのです。私の記憶力はリス並みなのですね。
Rimg0502
 それにしても見つかってよかった、と思いつつ、ほとんどこのペンを使っていなかったことも思い出しました。まだ手持ちの本数が少ない頃は、それこそ大回転でした。当時、まともな萬年筆といったらオレンジのパーカー・デュオフォールドだけ。黒いエボナイトの大橋堂を誰かに持って行かれたのが残念でならなかったときに、百貨店に行ったのが運の尽き。出会い頭で出張販売ブースに行き当たり、購入してしまったのがこのペンなのです。

 毎年、年度末になるとやってくる大量の所見書き。辛く退屈なこの作業を緩和してくれたこの萬年筆でしたが、次第に本数が増えてくるにつれ、活躍の機会が減っていったのでした。
Rimg0503
 よく使い込んでいたので、あちこち傷だらけですが、それもまた味わいです。玉虫塗りの美しさは今も色あせていません。何回転も回さないと外れないキャップを、何回転も回してお尻につける。こういう手間のかかる萬年筆は、自宅においてじっくりと使うのがよいのかもしれません。
Rimg0506

« 鉄分たっぷり | トップページ | 不埒な »

コメント

おかたずけで、お宝が出てくるのって、いま流行ってるんですかあ?

 白髪猫 さん

 単に、私のものの管理が悪いだけ、という説が有力です。

「早起きは三文の徳」と「おかたづけでお宝が出てくる」のダブルを掛けて早朝娘達の散らかしたおもちゃや絵本を片付けましたが、出てくるのはちぎられた絵本や雑誌の切れ端ばかりでした… 残念!

 ともぞー さん

 続けていればそのうちお宝が・・・・・って、続けられないように片付いてるのがいちばんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038216

この記事へのトラックバック一覧です: お片付けは大切:

« 鉄分たっぷり | トップページ | 不埒な »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31