フォト

最近のトラックバック

« 相対性理論? | トップページ | かっぷめん »

2010年6月13日 (日)

兄弟姉妹

Rimg0116
 顔が輝いている、というのはこういうのを言うのでしょうか。階段に前脚をかけてこちらを見た「ちち(仮名)」さん。置きピンなのですが、そこから見事に外れてくれたのと、慌てて手ぶれしたのとで、見ていると目が痛くなってくる写真です。それでも、あまりにいい表情なので今日はこれで、となった1枚です。

 今日は雨降りで、お散歩が不十分。なので、「くま(仮名)」さんはリヴィングで、「ちち(仮名)」さんは玄関ホールで、それぞれドッグラン状態にしてあったのです。そうこうするうち、虫眼鏡の入っていたパッケージを見つけた「ちち(仮名)」さんが、「あれ欲しい!」とねだっている、その瞬間のお姿なのです。
Rimg0121
 PILOTのカスタムレガンス。今は大丸大阪店の北館となったそごうの大阪本店、その12階にあった三省堂で広沢師のペンクリニックが開かれた折に手に入れたのと思います。閉店セールで何もかも大幅に割引かれて販売されておりましたが、ペンより何より、ペリカンの萬年筆をかたどったランプ、お店を閉めるんだったら譲って欲しいなぁ、とバカなことを考えていたのを覚えています。

 同じものは、近所でいえば神戸三宮のナガサワ文具センター、PenStyleDenにもあるのですが、そちらは設置して数日で内部の電球だか蛍光灯だかが切れてしまい、しかも修理できない状態なのだそうです。
Rimg0122
 守口の京阪百貨店で川口師がペンクリニックをされているので表敬訪問を、と思っていたのですが、大叔母が亡くなりましたので急遽取りやめ、そちらへお別れに行ってまいりました。享年97歳、まさに大往生です。父方の祖母、母方の祖母の妹にあたる人で、安らかな寝顔を見ていますと、先に行っている2人の祖母のことが思い出され、やはり姉妹だなぁ、と実感いたしました。

 普通ですと今宵がお通夜で、明日が告別式となるのですが、死後、献体すると決めておりました大叔母の場合、枕経、お通夜のおつとめ、さらには引導の儀式まですべてを、今夜のうちに済ませました。明日の朝、病院から迎えに来ていただいて、次に大叔母が戻ってくるのはその使命を終えてから、ということになります。
Rimg0123
 こういうときでないと顔を合わせることもないのですが、そうした機会があるたび、あぁ、みんな歳をとったなぁ、と実感いたします。大叔母は生涯独身でしたので、最後は叔父の一人が中心となって面倒を見ておりました。ですので今宵はごくごく近しい者だけが集まってのお別れ。血のつながりの濃い者ばかりですので、当然ながらみな「似て」おります。

 材料の選定を誤ったのではないかと思われる茶色のまだら模様のカスタム。銀座教会へ懺悔しに行ったのにサタンに魅入られてしまった1本です。もう一方のレガンスも同じような模様だと思っておりましたが、並べてみるとその差は歴然。でも、別々に見ていると同じように思う、というあたり、兄弟姉妹という感じがいたします。
Rimg0124
 実は今、変なモンのネタがけっこうたまってきているのですが、やはり今宵は落ち着いた雰囲気でいきたい気分です。献体して、これからも「仕事」が続く大叔母。幼い日、お盆に帰省すると可愛がってくれた大叔母。97歳ですから歳に不足はありませんが、どうぞ安らかに、と願わずにはおれません。

« 相対性理論? | トップページ | かっぷめん »

コメント

川口さんが京阪に来られているのをすっかり忘れていました。守口に住んでて何やってんねんって感じです。

写真のカスタムですが、詳しい情報はわかりますでしょうか?同じカスタム(クリップは丸です)を先日取引先の方から頂いて、どれぐらいお返しをしていいものか判らなくて困っております。ペン先がとてもしなやかで柔らかく、擬似吸入式の点から個人的には結構なものではないかと思っております。もしご存知でしたら先の難波大会でお会い出来る際にでも教えてください。

最後になりましたが、このたびはご愁傷様です、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

「屍は生きる教科書」
多くの先人達の献身によって、今の医学が成り立っているのですね。
献体という尊い行いは、きっと若き医学生の心にいつまでも刻まれていくことでしょう。

この度のご不幸、お悔やみ申し上げます。

 人間齢も90を超えば大往生となりますが、残った者の思い出はそのまま引き継がれます。
 「思い出」って大切なんですね。僕はどれだけの思い出を引き継げれるんだろうか…
 いずれにせよ、今回は誠にご愁傷様でした、合掌
 追伸、このマーブル軸、あのバカデカイ箱の中華萬の軸にも似ているような… どうでしょう?

 wavio さん

 ありがとうございます。

 現行のカスタムレガンスは定価21000円ですね。これはどのくらいの・・・っていうのは親方にでも尋ねるのがよろしいでしょう。もしN御大でもお見えになっていればさらに詳しい話が伺えますね。

 foolsbook さん

 ありがとうございます。

 そうして学んだ医学によって私たちが癒されていくわけで、大きな輪がつながりますね。

 ともぞー さん

 ありがとうございます。

 このような色目や柄は中国でも好まれそうです。写真が下手なのでわかりにくいですが、旧い方はただの茶色マーブル、レガンスの方はちょっときらきらという感じですね。

最後まで読むと、「ちち(仮名)」さんの笑顔が切なく感じてしまいますね。
故人のご冥福を、お祈りします。

 su_91 さん

 ありがとうございます。

 大叔母は私が物心ついた頃からすでに一人暮らしでしたので、最後は笑って賑やかに送ってあげたいと。身内だけでしたが、一応全員集合でしたので、喜んでもらえたと思います。

お悔やみ申し上げます。
親族といえど、なかなか法事の場、以外では姿を見せない人はあるものですね。
うちの場合も昨年末から年初にかけて近い親戚が何人か立て続けになくなりました。

 二右衛門半 さん

 ありがとうございます。

 歳が上がってくると、お別れが増えてきますね。大叔母とも20年ぐらい会っておらず、久方ぶりの出会いがお別れとなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038139

この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟姉妹:

« 相対性理論? | トップページ | かっぷめん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31