フォト

最近のトラックバック

« うどん | トップページ | 木肌の優しさ »

2010年3月27日 (土)

心を亡くす

Rimg0325_2
 ケージのそばで声を掛けても、うっすらと目を開けてチラッと見るだけで起き上がろうともしない「くま(仮名)」さん。よほど眠たいのでしょう。飼い主もここ数日、PCの前で仕事中にちょっと一服・・・のつもりがこんな格好で眠りに落ちてしまい、気がついたら夜が明けている、という「突然死」を何度も経験しております。

 生活の乱れはBlog更新の乱れ。ちゃんと順番決めてみて回ってるんだから、しっかりやってくれなきゃ駄目よ、などと温かい励ましの言葉などもいただいて充実した1日、WAGNER中部地区大会に参加してまいりました。
Rimg0349_2
 中部地区大会と言えば刈谷の巨匠の手になる(と伺った記憶があります)という立派な看板ですが、今回の会場となった会議室の入り口にはこんなしわくちゃのコピー用紙。へろへろ、よれよれ、あちゃぁ、自分と一緒やなぁ、とまずひと笑い。

 受付を済ませて振り返ると、かの有名な萬年筆時計が鎮座されていました。見た目直球勝負の萬年筆型に、オーナーならではと思わせるグレカパターン。時を刻むメカが動いている様子は機械好き少年の心を沸き立たせますが、お値段を聞くことですぐに沈静化されます。毎正時には鳩時計のように万年筆が飛び出してくる仕掛けとか、時針の先に本物のペン先をつけるといった構想もあったものの、残念ながら受け入れてはもらえなかった由。ヘンタイもほどほどに、ということなのでしょうか。
Rimg0347_2
 中部地区大会なのでN御大も来られているかも・・・・・と思って見渡すと、OK、来られていました。早速アレを・・・・・ありません。お見せするものが1本はありましたが、「これ、どういうものですか」と教えを乞うべく用意していたもう1本がありません。ぼんやりしていて鞄に入れ忘れたようです。

 保護者宛にお願いの文書を出すときなど、「ご多忙のところ・・・」などと書かないように指示されることがよくあります。忙しいという字は心を亡くすと書くので使わない方がよい、というわけです。あらら、自分も心を亡くしてるがな・・・・・と苦笑してしまいました。
Rimg0355
 PILOTのエリート。細身であり、首軸も臙脂色ということで、女性向けのシリーズかな、と思うのですが、いつ頃のどういったモデルだったのか、どこかで聞いたはずなのにすっきりと忘れてしまっております。そして、これって何でしたっけ? と伺うべく持って行こうとしていて、これまたすっきりと忘れてしまったという次第です。

 同じく関西方面から参加した皆さんと別れて帰宅。明日は阪急百貨店のイヴェントに行くぞ、と妻に告げますと、かつて勤務していた職場で会合の予定が入っているのでは?との答。そう、それもまた忘れておりました。かつて勤務していた職場が創立40周年を迎えるので、OBとして記念行事の企画に参加してくれと頼まれていたのでした。
Rimg0351
 実によく忘れます。こんなことで大丈夫だろうか、と我ながら不安になります。とりあえずその日にあったことはこのBlogが覚えていてくれますが、先の予定を校も忘れてしまっていては、そのうち重大事故につながりそうです。いつも立派なPDAを腰にぶら下げているのに、最近は予定を入力するのを忘れてしまうというとんでもない状態。一度リセットして、気合いを入れ直さないといけません。

 そういえば、WAGNER沖縄大会に参加するための飛行機や宿舎の予約も忘れておりました。すでにどこも満杯の様子。これはこれで、忘れてしまったために出費が抑えられて良かった、とも考えることができますが、ちょっと残念な気もします。

 ところで、明日の会合、何時からだったのかな・・・・・。朝から電話をかけて聞かなくては・・・・・。
Rimg0353

« うどん | トップページ | 木肌の優しさ »

コメント

中部地区大会、お疲れ様でした。
今回は出席できませんでしたが、また先の大会でお会いできるのを楽しみにしております。

いやはや、先生のパワーには中国人もびっくりです。阪急のイベントにも行かれるとか・・名古屋での先生は何故か良識オーラが漂っているように見えましたが、どうぞお体の為にもご無理なさらずヘンタイオーラを大切になさって下さい・・(笑)

言葉の意味は時代とともに変化するもの。忙しいという言葉は、「心が亡ぶ」と書くから使うべきではないという知識人がいますが、ほんとうにそうでしょうか。いそがしいというのは、心を無にして作業しなければならないほど「急がしい」状況を表した言葉であるだけではないでしょうか?「忙しい=心が亡ぶ」みたいな漢字の解釈は、あたかももっともらしいことをいう坊主の説話みたいな印象があります。
ところで、つきみそうがよく忘れるのは、単に小さなヤカン規模の脳味噌に容量を越えた水をドバドバと注ぎすぎているからでは?

くーべに座布団一枚!

夢待ち人 さん

阪急のあとは分度器さんへいきますのでやっぱりヘンタイオーラ全開です。

くーべ さん
マオぢぃ さん

先に生まれたから先生、っていうのと同じノリで、好きではありませんね。

薬缶ほどの容量があればまだ助かるのですが、残念ながらお猪口く、らいしかなさそうだということに最近気付きました。

メモリが少ないのは諸悪の根源です。

wavio さん

名古屋は近いですよ。

一度ご参加下さい。

昨日榛原行って例のきみごろも、くさもち買ってきました。
確かにきもごろも経験の無い風合いです。
店の前に先着が有ったので少し前方に車停めたら、注文の
時にクラクション、、、慌てて移動しました。
で、バックして店の前に停めようとしたら、次の客にスペース取られて、そのまま、ついていないなあ。
あと途中で割り込みでダンプのにいちゃんとトラブりました。
(年を考えなきゃ)

 マオぢぃ さん

 やっぱり休日はお店の前混むのですね。まぁ私もえぇ歳こいて
けっこう運転中は熱いです。

 又兵衛桜の季節になるとあのあたりは大渋滞でしょうね。

又兵衛桜より途中で看板見た韃靼蕎麦が気になってます。

健康で忘れるから健忘症、だそうです。

「したごころ」の字は「心の上に何かをのせる」→「心が自分の意志でこうなった」(忠、志、忍など)、
「りっしんべん」の字は「心に何かが寄り添う」→「心が外的なものでどうかした」(快、悩、情など)の字義のものが多いのです。
「忘」は自分で自分の心をなくしたので「わすれる」、
「忙」は他のものに心を奪われるので「わすれさせられる→それほどいそがしい」です。

という説があるそうです(先生に一説ぶつなどおこがましいですが)
私も単に字面が悪いから使うなと根拠無く言っているに過ぎないと思います。

しかし今日梅田に行ってきましたが、川口師が気になることを2つ言ってました。一つはマイカルタが予約だけで材料の在庫分を使い切ってしまいそうだとのこと、これは忘れてはならじとメモしてきましたw

 マオぢぃ さん

 韃靼蕎麦、私も一度、と思いつつ未だに食べておりません。
今度食べに行ってみようと思っています。

 白髪猫 さん

 ということは、まぁ健康だからいいか、ってことですね。

 ardbeg32 さん

 そうですか。手に入るといいですね、マイカルタ。

今回はN先生も来られていましたのでいろいろとお話を伺うことができました。
つきみそう先生もお疲れだった様子でしたが、元気は取り戻されましたでしょうか。

 先日の中部地区大会で40年近くぶりの2度目の萬年筆購入に立ち会って頂いたともぞーです。どうもその節は有難う御座いました。
 その節はって?いやいや~午前中に隣でいろいろお話頂き、鉄板の入門筆を安心して購入するに至ったのもつきみそう先生のおかげです。
 一晩置いてのインク注入並びに試し書きも上々で、これから使うのが楽しみです。
 今後とも御指導御鞭撻の程、宜しくお願い致します。

 二右衛門半 さん

 N先生とお話されている際、とっても充実したご様子で、さては
相当に濃いお話をされていたものと拝察いたします。

 ともぞー さん

 ご購入おめでとうございました。742は鉄板中の鉄板、これを
お使いになっていくうち、ここがこうなればもっと気持ちよいのに、
と思い始めて2本目以降のご購入、となるわけです。

 そういうときに、WAGNERのペントレでお安く、乳飲み子を
泣かさない程度のお値段で手に入れられるとよいでしょう。

 さて、2本目は次の中部大会で・・・(以下自粛)

 実は早速今日2本目をと目を付けていた某時計店にいそいそと行ったのですが…
 すんでの差で購入されてしまいました、残念!
 と言うことで、やはり2本目は次の中部大会で…
 (因みに目をつけていたのはカトウセイサクショカンパニーの金ペンでした、鉄ペンはあったのですが(苦笑))

 ともぞー さん

 カトウセイサクショのはこれがまた、スムーズで書きやすいのです。
しかし2本目がカトウセイサクショというのは凄いです。

 舶来もいいのですが、日本語かくなら国産です。

お疲れのところの名古屋遠征ご苦労様でした。
あの翌日に会合出てから阪急とはいやはやさすがタフです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038060

この記事へのトラックバック一覧です: 心を亡くす:

« うどん | トップページ | 木肌の優しさ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31