フォト

最近のトラックバック

« ヘンタイの編隊 | トップページ | 変なモン・22/2/16 »

2010年2月15日 (月)

遅刻子女

Rimg0655_2
 見るからに怪しい姿の「ちち(仮名)」さん。飼育係の長女によれば、彼女はこうやって首輪から抜けようとしているのだそうです。ただ、現在までのところ成功したことはなく、逆に鼻先を首輪に突っ込んだ状態で身動きがとれなくなることが多いようです。あるいはこれ、首輪ではなくスカーフが気になっているのかも、ということで、さっそくスカーフをはずしてやりました。

 「ちち(仮名)」さんの飼育係である長女が、そんな話のついでにポロッと「今日は遅刻した」と明るく言うので、「なんでやねん」と突っ込んでみたところ、これまた堂々と「乗るバス間違えたから」というお答をいただきました。前々から天然娘だとは思っていましたが、まさかここまでとは・・・・・。
Gakkenkitaikoma
 奈良交通バスの路線図、中央からやや左上あたりに赤い点で示されているのが学研北生駒駅。日本で唯一、最高速度95キロを誇る第三軌条方式の路線、近鉄けいはんな線の駅です。路線図右下、学園前駅からこの北生駒駅に向かうバス路線にはいくつかの経路があり、我が娘は学校の最寄り停留所を通らないバスにヒョイッと乗ってしまった、というわけです。

 いかに天然とはいえ、いつも左折する交差点を直進するバスに違和感を覚えてすぐに下車し、正しいバスの停留所へと走ったものの、努力もむなしく遅刻になってしまった、ということのようです。思えば私も高校時代、出欠を確認する先生の声が周囲の喧噪にかき消されて聞こえず、返事ができなかったためにその授業で遅刻となり、皆勤賞を逃したという無念な思い出があります。

 3年間思い焦がれていた可愛いあの子は皆勤賞を勝ち取って卒業式で表彰。あぁ、あの時のあれさえなければ、自分は今、彼女の隣に立っていたのに、と思うと残念で残念で・・・・・。
Rimg0644
 パチもんくさい匂いがプンプンする萬年筆。パステルカラーの軸にはイヌやクマなど動物の顔が描かれております。青い方の軸を見ると、絵を描いたシートをくるりと巻き付けました、といわんばかりのライン(継ぎ目)がはっきりとわかります。

 でもこれ、ペリカンです。夏目漱石が墨を呑ませたというヤツではなくて、おなじみハノーヴァーのペリカンです。その証拠に、キャップトップにはしっかりとおなじみの刻印?があります。
Rimg0647
 ちょっと見づらいですが、確かにありますね。これ、ペリカンです(しつこい)。これもフラナガンで購入したもの。親方をご案内した折、めざとく「ペリカンやっ」と見つけられたので、「おぉ」と応じて保護したものです。さすが親方ですね。

 このペンで注目すべきは、やはりペン先でしょう。何のひねりもないステンレス製のそれには、刻印も何もありません。おまえは試作品かぃ、と突っ込みたくなるような素っ気なさです。
Rimg0653
 暦の上では春とはいえ、まだまだ寒さの厳しいこの季節、やはり遅刻は多くなります。厳しい経済状況ゆえ、子供たちより先に家を出て仕事場に向かわれる保護者も増えてきていますので、ついずるずると家を出るのが遅くなってしまう生徒が少なくないのです。

 その学校に子供を通わせるかどうか迷ったら、まずは下校時の子供の表情をみることです。そして次に、遅刻してくる生徒が多いか少ないか、それに対する学校の対応がどのようなものなのか、外から見える部分だけで良いので観察してみましょう。平気で遅れてくる生徒がけっこういるのに、先生たちがそれに対して真剣に対処していないように思えたなら、その学校、ちょっとあぶないかもしれません。
Rimg0645

« ヘンタイの編隊 | トップページ | 変なモン・22/2/16 »

コメント

遅刻しても真剣に対応してない教師がいたら、問題←よくわかります。わが社も今年から社風を造る事を目標にして風紀を乱すような欠勤、遅刻に対して厳しくするように指示したばかりです。まずは管理者が見本手本!!(笑)

身動きが取れなくなる「ちち(仮名)」さん、かわいそうですが見てみたいものです。
しかし変なペンもあるものですねぇ。

この万年筆によく似たものを Pelikan 社のホームページで見つけました。
- Writing
- Writing instruments for school and youths
- Further writing instruments for school and youths
- Happy Pen
と、メニューのけっこう深いところに隠れていました。

軸の模様はまったく違うのですが、軸尻やクリップ周辺のデザイン、
キャップの滑り止め加工などがよく似ています。天冠はちょっと
違うかも。

ところで、Happy Pen といえば、昨年2月27日の記事で紹介して
おられたカラフルな万年筆を思い出しますが、あの万年筆の後継品が
今回の万年筆ということでしょうか。

 夢待ち人 さん

 やはり1日のスタートから遅れて、というのはだめだめですね。士気が上がりません。最近はつとめて早めに出勤するようにしておりますが、エスカルゴに乗って出かけると途中でエンジンが止まって遅刻しそうになることもしばしばです。

 su_91 さん

 実際に何度かアゴが抜けなくなっているそうですが、私はまだ目撃しておりません。昼間、家族が留守の時にそうなったら・・・・・と思うとちょっと心配です。

 zato_chan さん

 情報ありがとうございます。なるほど、ペン先の形などはそっくりですね。あのカラフルなペンにも、塗られてはいましたが刻印も何もないペン先がついていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038019

この記事へのトラックバック一覧です: 遅刻子女:

« ヘンタイの編隊 | トップページ | 変なモン・22/2/16 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31