フォト

最近のトラックバック

« ちょびっと変なモン・22/2/07 | トップページ | 居場所 »

2010年2月 8日 (月)

ここにおったんか・その4

Rimg0281
 横着きわまりないお姿の「くま(仮名)」さん。この姿勢から頭を降ろすと、自然に餌鉢が口の前に来て、頭はクッションで支えられるという、まさにお気楽極楽な体制。映画のワンシーン、無茶苦茶高い枕を置いたベッドで誰かに運ばせた朝食を摂る欧米人、みたいな感じです。

 彼女が何かごそごそやってるな、というときは、たいていこういったベッドメイキングにいそしんでいるのです。年齢とともに上達し、今ではうらやましいぐらい気持ちよさそうなベッドをコンスタントに作り上げる「くま(仮名)」さんです。
Rimg0542
 PILOTのサインペン(スペアタイプ)、けったいな砂時計を添えて。歯磨きが苦手な次男にしっかり磨かせるために洗面所に置いてあった砂時計、砂が落ちなくなってしまいました。ケースのシールが甘くて水分が入り、砂が固まってしまったようです。

 仏壇萬年筆の姿をしたサインペンで、萬年筆用のカートリッヂが使えるという製品。高級感(?)を醸し出そうとしているのでしょうか、クリップと、胴軸のキャップと合わさる部分に金のラインがあしらわれています。生意気にもねじ式キャップですので、砂時計みたいなことにはならないでしょう。
Rimg0543
 キャップをとるとこの通りで、一見すると油性サインペンにも見えます。知らない人が名前書きに使ったりすると悲惨なことになるでしょう。交換用チップもありますので、チップを取り替えてブルーブラックのカートリッヂを入れるとか、いっそコンヴァータを突っ込んで好きな色のインクを・・・・・というのも楽しそうです。

 ロットリングのサーフ萬年筆にPILOTの色彩雫シリーズを入れて採点に使っているのですが、こいつを何本か仕入れてその代わりにしてみたい、という気になっております。軸の色が黒と赤だけですので、シールなどを軸に貼って何色が入っているのか見てわかるようにする必要がありそうです。で、そのシールにまた凝ってしまうという本末転倒ぶりをさらすのでしょうねぇ・・・・・。
Rimg0544

« ちょびっと変なモン・22/2/07 | トップページ | 居場所 »

コメント

私も一時期、プラチナのプレッピーの赤サインペンを愛用していました。
プラチナの赤インクが、妙に好きです。
ペン芯のスペアも売っているのですが、プラスチックのキャップがいつの間にか割れてしまい、結局本体を買わないといけなくなってしまい(200円ですが)、だんだん使わなくなってしまいました。
今は、ペリカーノを使っています。

ごめんなさい。上のコメント私のです(笑)。

そういえば、サインペンはここの所使ったことが無いですねぇ。
こういったいろいろ凝れる製品は、面白そうですね。

 foolsbook さん

 安いものは修理してまで、とは思いませんし、そもそもプレッピーは使って壊れたらおしまい、みたいなコンセプトの製品ですからねぇ。

 それにしてもペリカーノなどの学童用萬年筆って、安いわ頑丈だわ書き味悪くないわで、困った存在ですねぇ。

 su_91 さん

 サインペンは紙とこすれてキュッキュッというのが嫌ですね。そういうので100枚以上採点していてお慣れません。なので採点も萬年筆。快適です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65038012

この記事へのトラックバック一覧です: ここにおったんか・その4:

« ちょびっと変なモン・22/2/07 | トップページ | 居場所 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31