フォト

最近のトラックバック

« 書き初め | トップページ | 初詣 »

2010年1月 3日 (日)

みずうみをひとまわり

Rimg0671
 食卓の下に潜む「くま(仮名)」さん。実は「ちち(仮名)」さんが迫ってきたので、ここに避難しているのです。「ちち(仮名)」さんは柴犬らしく逃げ場のないところへ入るのを嫌がるので、食卓の下まで追っできませんし、食事をしている家族の足の間からぬぅ~っと顔を出せば何かおいしいものがもらえるかも、という魂胆もあるのです。

 節度ある行動のできる「くま(仮名)」さんですので、実害はありませんが、犬の躾という観点からはけしからん話ですし、犬の健康のためにも良くないことです。良い飼い主はまねしないようにしましょう。
Rimg0781
 大晦日から元旦にかけて何度も雪かきしたぁ~、という話を聞いて、そこへ行けば雪が見られるぞぉ、と子供を誘う悪い父親。まだ419系電車が米原付近で活躍していた頃、すなわち湖西線の一部や北陸線の長浜以北が交流電化だった時に同じようなことをやりましたが、今や、大阪圏からの直通運転を容易にするため、3つ4つ変電所を増設したりして敦賀まで直流電化区間となりました。

 写真の521系電車は交流・直流いずれの区間でも走れるタイプ。滋賀県と福井県がお金を出して作った電車です。電動車と付随車の2両編成ですが、パンタグラフは付随車の方についているという、JR西日本お得意の方式になっております。
Rimg0768
 午後5時半頃の近江塩津駅前。積もってますし、ひたすら降っております。この駅は北陸本線と湖西線の接続駅で、2面4線のなかなか立派な駅ですが、冬の夜ホームに立っているだけで恐怖です。一面雪に覆われた、それほど幅のないホーム。そこを特急列車が容赦なく通過していきます。2面のホームは地下トンネルでつながり、そのトンネルはそのまま改札口へと続いております。この駅はかなり高い位置にあり、湖西線の列車に乗るとそのことが実感できます。
Rimg0415
 この駅は一応、滋賀県長浜市にあります。JR西日本京都支社が管轄する駅はここまでで、この先の新疋田は金沢支社の管轄。JR東日本のSuicaに相当するICOCAが使えるのもこの駅までです。無人駅ですが、ICOCA専用の改札機があったりします。

 時間が早ければ長浜で途中下車して写真のようなところを観光するのも一つでしたが、午後からの行動でしたので雪を見るだけに終わってしまいました。なによりこれ、大回り乗車ということで企画したので、長浜で降りてしまっては意味がない、というのもありました。

 東海道本線で米原へ向かい、そこから北陸本線で近江塩津まで。さらに湖西線に乗り換えて京都方面へ、という行程でしたが、長浜をすぎると風景が「雪」になり、結局湖西線のマキノあたりまでずっと雪景色でした。
Rimg0795
 お正月三が日も終わりました。明日から、あるいはもうすでに仕事という方も多いことと思います。官公庁は明日が仕事始めですが、私はお休みをもらって初詣に行く予定です。虎は千里を行って千里を帰るといいますが、今年は虎も参ったというほどあちこち顔を出してみたいなぁ、と、みずうみのほとりで思ったことでした。

« 書き初め | トップページ | 初詣 »

コメント

大回り乗車ということは、京都から西大津(私にはまだこの名称の方がぴったりときます)へ行くということだったのでしょうか。あるいは大津から京都というのもありえますね。

そういえば昔、大津びわ子というラジオ・パーソナリティーがおられました。最近また復活されているようですね。

 Bromfield さん

 その通り、京都から現・大津京駅を目指します。ほんと、知らん間に駅名って変わりますねぇ。

つきみそうさんの神出鬼没ぶりに、さらに磨きがかかりそうですね。

なんとまあ……雪を見にわざわざみずうみのほとりまでいらっしゃるとは……平城遷都のイベントの方が楽しそうじゃないですか〜〜奈良は雪降らないんですか?

自分の住んでるトコロから北に1駅ごとに雪が深くなって行きます!「近江塩津」の辺りがおそらくピークだと思います。「近江塩津」の駅から、もう少し行くと沓掛と言う地区がありますが、自分は其所まで除雪機の修理に行く事がありますが、伺うたびに「あ〜〜雪がないってありがたいな〜〜」と感じますね!

 su_91 さん

 これ以上磨きがかかったら難儀ですねぇ。
今年は節約しようと思ってるのに。

 たがみ たけし さん

 実際、長浜をすぎたあたりから雪が深くなり始め、暗くなってきているのにはっきりと白い風景が見えました。すごい雪です。

 近江塩津のあたりは、駅の外に出てみないと人里あるんかいな、というほど真っ暗ですが、けっこう乗降客いらっしゃいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037976

この記事へのトラックバック一覧です: みずうみをひとまわり:

« 書き初め | トップページ | 初詣 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31