フォト

最近のトラックバック

« 後始末 | トップページ | 豆しば »

2009年11月11日 (水)

並ぶ

Rimg0285
 どちらかがケージに入っている状態であれば、こんなに平和にすごせるのに、一緒に出してしまうと「トムとジェリー」状態になるこの2頭。仲が良いのか悪いのか分かりませんが、少なくとも「くま(仮名)」さんは「ちち(仮名)」さんが苦手。その逆は完全に優位というのは確かなところ。「くま(仮名)」さんはケージから出ると、誇らしげに「ちち(仮名)」さんのケージの前へ行き、おもむろに匂いをかぎます。しかし、「ちち(仮名)」さんに威嚇されると後ずさりしてしまう、何とも気の弱い先住犬です。

 今日はポッキー&プリッツの日。。平成11年11月11日、江崎グリコが定めたもので、ちゃんと日本記念日協会からもオーソライズされております。

 手っ取り早く1箱ずつ買ってきて、ディジタル時計の前で11時11分に記念撮影して本日のネタに、という企画はあまりにも安直なので来年にとっておく(もしBlogが続いていれば、ですが)ことにして、お菓子つながりで娘の修学旅行土産、リンゴのバウムクーヘン。
Rimg0580
 入学したときには、修学旅行の目的地は北海道だと聞かされていたのですが、燃油サーチャージの上昇に恐れをなした旅行代理店からの強いおすすめもあって、信州行きに変更されたのが昨年の今頃。結局、そのままがんばっていれば予定通りの費用で北海道に行けたんじゃないか、とも思いましたが、そこは修学旅行です。目的地がどこであろうと、出発してしまいさえすれば、楽しく思い出に残るものになってしまうようです。
Rimg0581
 偶然ですが、私の勤務校でも、来年から修学旅行の目的地が信州方面に変更されます。体験型でおもしろいものになりそうですが、行き先はここ、と聞いたときのインパクトでいえば沖縄にはかないません。沖縄は本当にいいところ。基地問題など難しいこともいっぱい抱えている土地ですが、観光にお邪魔するにはこれ以上ないすばらしいところだと思います。修学旅行で行かないとなると、自分で休みとって行きたくなる、そういうところですね。
Rimg0584
 せっかくの11月11日ですので、同じペンを2本並べてみました。ど定番ともいうべきペリカンM800です。2本とも黒軸でキャップと尾栓にメタルの入ったタイプですが、キャップリングの表記はPelikan-Germanyです。

 一方は極細字の18Kニブ、、他方は極太字の14Kニブです。細い方で書類を書き、太い方で宛名を書く、そんな使い方をするために毎日職場へ持って行くペンです。

 お気づきのように、細字の方はPelikan_1931師匠から譲り受けたもので、普通のM800だと思って書くと裏切られる、ちょっと変な書き味です。書きにくいというものではなく、むしろ書きやすいのですが、高級なデスクペン、とでもいうのか、やや無機質な感じです。

 それに対して太い方は豪快。3OBだったのを正対するよう削ってもらったもので、オブリークであってもまっすぐ握って普通にかけるような調整が可能であると知った今では、文化の伝承という観点からもこういうことはやりません。
Rimg0589
 いわゆる仏壇萬年筆なので、仕事場に持って行っても違和感はないだろうと思いきや、大柄なボディの故に注目を集めてしまうことが多く、「それ、高そうやな」と言われることもよくあります。100円のボールペンでもきれいな字を書く人はいっぱいおりますのに、ゼロが二つほど多い萬年筆で下手くそな字を書き散らす私。書いたものを並べることだけはご勘弁願いたいところです。

« 後始末 | トップページ | 豆しば »

コメント

リンゴのバウムクーヘン、おいしそうです。
M800の14kニブは使ったことが無いので、どんな書き味か興味の湧くところです。
細字の無機質な感じというのも、なかなか難しいトコですね。

すでにご存知かもしれませんが、10月31日より万年筆用のオリジナルインク「函館トワイライトブルー」goodが、うちの近所の北斗市の石田文具より発売されております。
50ml入りで2100円。
いかがっすか?

 su_91 さん

 M800の14Kは柔らかな書き味で・・・云々には首をかしげざるを得ません。そういう風に感じる人は多いのでしょうか? 自分で納得したことが真実なので、14Kだから・・・というのはありませんね。

 特にO3Bなんて大きな球が着いていれば厚みもあるわけで、柔らかさなんぞまったく感じません。

 細字の方は、調整次第でいかようにも変わりそうな感じです。

 くーべ さん

 何がすごいって、北斗市のWebページを見てもそれがどこにあるのかすぐにはわからない、まずはそこに感動。北海道の端っこ、海老フライのしっぽみたいな部分にあるのですね。

 夕闇が次第に濃くなっていく感じを表したインクですか・・・。きっと美しい色なのでしょうが、神戸のナガサワ文具センターが17色も出してますので、まずはそちらからでしょうね。

 そういえば、札幌の大丸藤井セントラルオリジナルの萬年筆で摩周湖というのがあって、これが深いブルーの透明ボディ。件のインクとよく合いそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037923

この記事へのトラックバック一覧です: 並ぶ:

« 後始末 | トップページ | 豆しば »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30