フォト

最近のトラックバック

« WAGNER関西大会 | トップページ | 染まる »

2009年11月15日 (日)

いはしみづ

Rimg0112
 遊びに来たよ、何してるの、という感じの「くま(仮名)」さん。彼女はおとなしいので、少しの間ならこうしてケージから出たまま放っておいてもらえるのです。これが「ちち(仮名)」さんの場合はそうもいかず、遊び相手という名の監視付きでなければケージから出られません。今後の教育に期待しましょう。
Rimg0056
 手柄山から姫路駅方面をのぞんだところ。新幹線が走っておりますが、その手前(下)に見えているのが、かつて走っていたモノレールの軌道です。姫路駅と手柄山公園とを結んで昭和41年に開業するも、49年に休止。54年には廃止が決まったという何とも短命なモノレールです。短い区間ですし、景観の問題を何とかクリアして姫路城近くまで走らせるとか、そういう工夫がなかったのが惜しいところです。Rimg0060

 終点の手柄山の駅舎も、車庫の車両もそのまま残されていて、何とも立派な煉瓦造りの外観をもつ駅舎は水族館などに転用されていたのですが、老朽化が進んで改修されることになり、それならと車両も整備して展示公開しよう、となったようです。車庫の外に鉄骨で軌道を仮設して車両を引き出しているのが見られる、というので見に行って参りました。

 へぇこら言いながら山道を登り、立派な看板に期待しつつ、かつての駅舎に入ります。結構な人出で、建設中や営業時の様子などを記録した写真パネルなどが展示されているのを皆さん見てらっしゃいます。けれど、肝心のモノレールはそこに見あたらず、順路を示す矢印に従って歩いて行くとほどなく出口へ。お目当てのモノレールは一つ下のフロアにあると分かっているのですが、どうすればそこへ行けるのかの案内がありません。
Rimg0097

 仁和寺ある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩よりまうでけり。極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。

 まさしく仁和寺のぼんさん。行政のやるイヴェントですから当たり前ですが、モノレールはこっちこっちと張り紙をしていながら肝心の展示場所については勝手に行ってねという感じでした。混雑するから車で来るなと言いつつガラガラの駐車場といい、この案内といい、なかなかすばらしい対応でした。地元の人ならご存じですから何の問題もありませんが、よそ者の私たちは危うくパネル展示だけ見て帰るところでした。赤ちゃん連れの若い夫婦が交代で見に行く、という話をしていたので、やっぱり実物展示もあるんだとわかって助かりました。
Rimg0086
 車体がアルミ製というあたり、年代を考えると結構気合いの入ったものだったと思われます。今、このデザインのモノレールが走っていても古くさい感じはしませんね。

 見学を終えてから、日曜の午後ということを考えてもいかにも寂しく感じられる姫路市街を歩いて、線路の横にホームを置きました、という感じの山陽電鉄手柄駅に到着。踏切の警報機が鳴り出したので慌てて最短区間の切符を買って入場しましたが、特急でしたので無情にも通過。まだ明るいことですし、そうだ、あそこへ行こう、と決めた次の目的地は夙川の分度器ドットコム。3時過ぎに手柄駅を出発して、夙川駅に着いたのは5時前。精算しようと切符を見ると・・・・・あまりにめでたいので記念撮影してしまいました。
Rimg0100
 私が分度器ドットコムに行く、それはすなわち変なモンを仕入れに行くということです。さて、今日はどんな変なモンを手に入れたのか、というのは次回に譲って、今日は疲れましたのでもう寝ます。

« WAGNER関西大会 | トップページ | 染まる »

コメント

asahi.comでもこのモノレールの公開について、紹介されておりました。

http://www.asahi.com/national/update/1115/OSK200911150039.html

 Bromfield さん

 おぉ、あのカメラはこれだったのですね。邪魔でしたが…。いつも思うのですが、見るより何より写真を撮ることが第一義、という人がたくさん押し掛けますので迷惑なんです。被写体に対する愛もなく、ただ褒められる写真が撮れたらそれでいい、と思っているとしか思えないんです。その証拠に、子供がモノレール見て喜んでいると邪魔だからどけと言ってシャッターを切ってます。子供は飽きますからすぐにどこかへ行くはずで、写真撮るならそれぐらい待ってなさい、などと言っていやな顔されましたが。

本日も私のネタで動いて頂き、恐縮です。
私は正午頃に見学しましたが、周辺駐車場はどこも満車、空き待ち状態で、会場も大盛況でした。モノレールも人の流れに流されて着いてしまいました。僅かな時間差で、だいぶ人出が違ったようですね。
私は旧ホームでモノレールが見れると期待して行ったのですが、本日は公開予定なしとのことで、早々に退散いたしました。つきみそうさんが姫路にいらっしゃった頃には、会社に呼び出され、儂が作ったんやないのに、と思いながら回路図と格闘していました。
次に播州にお越しの折は、是非我がたつのまで足を伸ばして下さい。一軒、凄く怪しい文房具屋がありますので、連絡下されば、案内させて頂きます。

7777と読めずに、へへへへと見たのは私だけでしょうか?
何を笑っているのか気になるところです。
次回に期待しましょう。

一昨日はいろいろと世話を掛けました。
ありがとうございました。
まぁ、なんやかやとあったので、ボチボチと成果報告はいきたいところです。

 F さん

 なかなか見応えがありました。情報ありがとうございました。

 偶然とはいえ、人ごみに出会わなくてラッキーだったわけですね。写真の通りの様子で、人出は多くもなく少なくもなくでちょうど良い具合でした。

 電車利用で行きましたので帰りはぶらぶらと歩いて、姫路城と反対側の姫路市街を見ることができたのも収穫といえば収穫でした。

 二右衛門半 さん

 夙川の駅の精算機の横に記入台があったので撮りましたが、斜めにしたのはその辺を狙いました。

 それ自体に深い意味はないのですが、怪しいモノはごっそり買えました。

切符が良いですねぇ。
手柄という地名もまた、おめでたい感じがします。
これをお持ち帰りできないのは、ちょっと悲しいですね。

 そうなんです。買ったときに気づいておれば、時間もあったことですしこれを保存版としてもう一枚買っていたことでしょう。

 手柄山というのですが、駅を挟んで姫路城と真反対の方にあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037927

この記事へのトラックバック一覧です: いはしみづ:

« WAGNER関西大会 | トップページ | 染まる »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31