フォト

最近のトラックバック

« 1と2 | トップページ | 出かけない休日 »

2009年11月20日 (金)

ねぶい・・・

Rimg0238
 タイトル通り、とっても眠たそうな「ちち(仮名)」さん。実は飼い主もPCの前に座ったまま「突然死」してしまいました。関西一怠け者の私ですが、Blogの更新だけはなぜかマメなので、寒さのあまり目覚めた瞬間に「あ、今日はまだや・・・」とカメラをとって、手近に寝ていた「ちち(仮名)」さんをパチリ。ねむいところへストロボが発光したのでこんなお顔になっております。

 寝ているときの彼女は本当にお利口さんでいい子で、おとなしく撫でさせてくれるのです。マズルに手を持って行っても、静かにペロペロとなめてくれます。よその人にはいつもそういう態度なのですが、家族に対してはがんがん甘噛みしてきますので、元気に起きているときに遊んでやるのは結構痛いのです。
Rimg0241
 昨日の郵便、中身はこれでした。クッション封筒を開けると4重にビニール袋でくるまれていたこのケース、見てがっかり、というほど相当に薄汚れたもので、それが輪ゴムでぎちぎちに止められて、蓋が勘合部をこえて下半分に食い込んでおりました。

 ケースを開けると、またもビニール袋。ブルガリアは雨が多いのでしょうか。いや、きっとセラーさんがたいへん丁寧な方だったのでしょう。ビニールの中には、大変きれいな初期型M800が入っておりました。
Rimg0242
 先日の関西大会でWAGNER2009を見送ったのは、ほぼ同じお値段でこれを買ってしまっていたから。到着までにものすごくかかりましたので、半分以上あきらめておりましたが、ここで2009買うとよくないんでは・・・とゲンをかついでいたのです。

 14Cの3OB、というのは経験しておりましたが、Fは未体験。14Cは柔らかい、というのは都市伝説としても、筆圧をかけてみると現行品よりは撓る感じです。いかな私でもこれが未使用なら座敷牢行きですから、未使用ではなく状態がよい、というのがポイントです。
Rimg0247
 手元には山のようにM800系があるのですが、本家M800の緑縞はこれが2本目。1本目は東西ドイツ統一記念の20Cでしたが、無念のキャップ破損(インナーキャップが割れた)でキャップ交換となったので、このペンがW-GERMANY刻印であることもうれしいところ。セラーさんによると1980年製だということですが、その辺は確かめるすべもありません。

 写真を撮っていて気づいたのですが、このペン、丸いから転がるのは当然のこととして、転がらずに落ち着くポイント、というのがあるのです。どんな風に置いてもころんとその位置で止まる、というのは、内部機構の関係なのでしょうか。それとも、軸の厚みが不均一なのでしょうか。手持ちのM800系で試してみてもそういうことはありませんでした。
Rimg0253
 それにしても蛍光灯の下で丸い軸に刻まれた小さな文字を撮るのは難しいですね。何度も何度もやっているうちにデジタルカメラの電池がなくなってしまいました。撮影者の方も電池切れなので、この辺であきらめて寝ることにします。

« 1と2 | トップページ | 出かけない休日 »

コメント

フェンテの会の時にお聞きしたBuy It Nowで購入された、「やばそうな」ブツというのがこれですか。この化粧箱も古風でよいですね。

WAGNER2009、日常使いには本当によいものです。名古屋の中部地区大会の時には「ゲンをかつぐ」必要がないと思われますので、今度は私が堕ちていくところを拝見したいと思います。

東京での動くディプロマ広告塔より

おおー、良いですねぇ。
M800系は14Cも20Cも持っていないので、うらやましい限りです。
ところでだいぶ寒い季節になってきましたので、椅子で撃沈は避けられた方がよろしいかと。
ご自愛くださいませ。

 Bromfield さん

 ええっ、やっぱり墜ちなくてはいけないのですか・・・。見た目すごく立派な仏壇萬年筆であって実用的とは、危険すぎますね。

 私は細字が好きなので、大丈夫かと思いますが。

 su_91 さん

 いすに座って朝まで過ごすと、かえって早起きできたりしますが、そのせいで冬の間は常に風邪ひき状態です。

 暖かく眠れて早起きできるのが最高なんですけどね。

M800は、猫の主力艦なんですが、最近、ペリカン好きのお方がたが、キャップの掘り込みタイプをさかんに紹介されますので、ちょっとめげてます。

 白髪猫 さん

 いえいえ、新しいものの方がリファインされているはずですから、めげることはありません。だいたいからM800何本かもってる、なんてのは変態なのですから、そういう人のいうことを真に受けてはいけません。

 M800は普通でも、149の開高健モデルがあるじゃないですか・・・。

 ペリカンのインナー・キャップって、天冠部を兼ねた部品のことと思われますが、これはキャップ・スリーヴとは別の部品なので、ここが割れたぐらいでW-GERMANY刻印入りのキャップを諦めるということにはならないかと思いますが...。

 ところで、割れたとは何が原因で割れたのでしょうか。誤って踏んづけたならともかく、それ以外の原因なら、大いに関心があります。

 monolith6 さん

 おっしゃるとおりです。私の場合、今よりもっと無知だった頃にペリカン日本へ修理に出したところ、新品の現行品か、中古の天冠メタルか、いずれかへの交換を提示され、中古を選択しました。

 で、修理から破損部品は戻ってこなかったのが残念なところです。

 あと、割れた理由は不明です。モノは20Cペン先付きの未使用品にPILOTの色彩雫シリーズの「朝顔」を入れて使用しておりました。外的な力を加えたわけではなく、ただそっと置いてあったモノをある日みたら割れていたのです。

 実は子供が触ったりしたんでは・・・という可能性が限りなく排除できる状況なので、インクを疑うぐらいしかないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037932

この記事へのトラックバック一覧です: ねぶい・・・:

« 1と2 | トップページ | 出かけない休日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30