フォト

最近のトラックバック

« バランス | トップページ | 測る »

2009年10月22日 (木)

Compare

Rimg0317_2
 ゆったりと軍手を舐める「くま(仮名)」さん。飼育主任である長男の匂いが染みついているのでしょうか、本当に愛おしそうに舐めております。かれこれ1週間近くこうやって舐めておりますが、いまだに見れば軍手とわかります。

 「ちち(仮名)」さんも、ひょっとしてライナスの生まれ変わりか?と思うほど軍手が大好きですが、彼女の場合はすぐに「軍手であったと思われるモノ」にしてしまいます。2頭の気性の差がよくわかるところです。
Rimg0307_2
 白髪猫さんにお題をいただく形で、この2本を比べてみました。カスタムとシルバーン、どちらも「冬木立」という模様です。カスタムの方はステンレス製で、あまりにもハッキリとし(すぎ)た模様。一方のシルバーンは蝕刻ならではの趣のある柄です。

 「悪魔の館」の主は、「磨きます?」と聞いてくれましたが、即座にお断りしました。ピカピカの銀色からやや金色に見える色にかわり、それからこうして黒くなるまで、けっこうな時間がかかっているはずです。磨いてしまってはもったいないので、結果として普段使いにもできないという、何とも困ったペンです。
Rimg0308_2
 こうしてみると、冬木立、実にいい柄です。現行品として手に入らない、というところを抜きにしても、値打ちを感じます。ですが、今日の本題は軸の模様ではなくて、ペン先の大きさ比較です。

 カスタム系とシルバーン系では、ペン先の大きさが大人と子どもほども違います。逆に、キャップがお尻に深くささるシルバーン系に対して、しっかりながら浅くささるカスタム系の方が筆記時には長くなります。
Rimg0309
 シルバーンは立派なペン、と思い込んでいたので、筆記時にこれほど短いというのはあまり意識しておりませんでした。しかし、長くなればテールヘヴィになってしまうでしょうから、これはこれでいいバランスなのでしょう。

 カスタムの方は、やはりステンレスより銀軸のものがいいですね。カスタム系でシルバーの冬木立、なんてものはなかったのでしょうか。ない方が幸せと言えば幸せなのですが・・・・・。
Rimg0312
 こうして見てしまうと、やはり大きなペン先の方が欲しくなる、という人も少なくないのでは、と思います。で、ふと気になったので、シルバーンの原型ともいうべきバランス型エリートも加えて比較してみました。シルバーンと全長はほぼ同じで、ペン先の大きさだけが違う、という感じです。実際には細かな違いがあるのでしょうが、こうしてみるとペン先の大きさにかかわらず、どちらもバランスがとれているように思います。

 あとはこのシルバーン、どの程度まで綺麗にするか、というのが難しいところです。
Rimg0314

« バランス | トップページ | 測る »

コメント

このエリートの方は持っていません。
いいなー。
写真で計ってみるとエリートもシルバーンも同じ太さみたいですね。
個人的にはカスタムの方がより一般好きするタイプに思えますけど、実際はどうなのでしょうね。

 二右衛門半 さん

 確かにエリートの方が内ポケットに挿しても収まりがいいですね。ただ、こんなに太いのは・・・とか言いながら持ってみるといいなぁという人が多いですね、シルバーンは。

シルバーンがいいですねぇ。
適度に使ってあげれば良いのでは?

 su_91 さん

 適度に使うと良さそうですが、残念なことにせっかく黒くなっているのが磨けてしまう場合があります。

 実はこの冬木立は2本持っておりまして、もう一方は使っておるのですが、割とぴかぴかしております。難しいところですね。

すごい!
シルバーンのニブの大きさは感動ものですね。
測ってみたいなあ。
いかん、また物欲が・・・

銀はやっぱり黒ずんでいるほうが風格があっていいですねえ。

 白髪猫 さん

 おぉ、またもお題を頂戴しました。明日は朝から東京行きですので、実は忙しくて更新どころではない・・・ので、23日のエントリーで測っておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037903

この記事へのトラックバック一覧です: Compare:

« バランス | トップページ | 測る »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30