フォト

最近のトラックバック

« レモンの日 | トップページ | 台風の夜 »

2009年10月 6日 (火)

日記の効用

Rimg0047
 伸び上がる「くま(仮名)」さん。今日はケージの外で遊んでくれないの? と飼い主を責めるような目で見つめます・・・なんてことはなくて、次の写真のような状態で寝ていたのです。飼い主が空になったお菓子の袋を小脇に抱えてケージの側を通ったので、「お、おやつっ!?」と跳び起きた、というだけのことでした。

 それにしても今日はよく降りました。明後日には台風が直撃するんじゃないかという状況です。追い打ちをかけるように銀座松屋さんからの電話。LAMYのダイアログ3の入荷が遅れており、ヘタをすると11月にずれ込むかもしれない、という連絡でした。予約をされている皆さん、何か連絡はありましたでしょうか。
Rimg0046
 手近にあるせんとくんグッズ、今回は消しゴムです。本体よりむしろこのパッケージが気に入っております。

 中央に大きな顔して鎮座している ラバー消しゴム の文字が書かれた部分、これこそ消しゴムに見えますがただの厚紙で、両脇が消しゴム本体です。見ようによっては消しゴムより目立ってしまっているパッケージと、しつこいようですが ラバー消しゴム という頭痛が痛い系の商品名が素敵です。

 相当先のことだと思っていたのに、来年は平城遷都1300年祭。よいシーズンには渋滞でクルマが動かなくなるのかと思うと憂鬱ですが、皆さん、ぜひ電車で奈良へお越しください。
Rimg0048
 忙しさのあまりしばらく沈静化していた萬年筆熱がぶり返して、もう2年ほどになります。若い頃は、それこそ清水の舞台から飛び降りる思いで萬年筆を買っておりました。それも東京へ行ったついでにアメ横で安く、というオチがつくのですが、これを買っておいてよかった、と思うモノが数々あります。

 萬年筆を買ったので手紙を書こう、と思っても、そうそう書けるものではありません。経験者によれば、毎日手紙を書く、ということを無理にでも続けていると苦にならなくなるそうですが、私はそれ以前にスタートが切れません。そこで思いつくのが日記を書くこと。萬年筆に合った紙質のノートにさらさらと日記を書いて、ではお休みなさい、というのに憧れます。

 しかしながら、日記というものは、我々3日坊主族にとっては永遠に仲良くなれない相手です。ノートを開いてペンを握っても、今日は何もない日であった。おしまい、というのが3日も続けばいい方です。
Rimg0049
 そんな我々を奮い立たせてくれる名言が「ブタもおだてりゃ木に登る」です。自分で書いて自分で読むだけの日記なら、好きなことが書ける代わりに続きませんが、Weblogはなぜか続くのです。誰かが読んでくれていると思いつつ書いて、コメントでもいただこうものなら、それこそ木どころか天にも昇る心地になる、それがイチビリの本質というものです。

 自分のBlogを持っていると、初対面の人とでも、犬や萬年筆の話題でスッとお話に入れます。これも効用といえば効用でしょう。そして何より、日記はおろかメモさえとれない私が、昨年の今頃何をしていたか知ることができる、これが何よりの効用だと思っております。 

« レモンの日 | トップページ | 台風の夜 »

コメント

私は現在、自分のブログを「人に見られることを前提にした日記」と位置づけしております。
日記ですから自分勝手なことを書きますし、人に見られるものですから、多少(?)の脚色もします(笑)。
紙の日記は、何度挑戦しても挫折しますので、もう諦めました。

ちなみに「せんとくん」。
本日職場の女性職員の雑談をまとめると、せんとくんは、三重県のマスコットで「千の都」という意味だそうです。
奈良県および三重県の皆様、彼女達のかわりにお詫びします。

 foolsbook さん

 まぁそれなりに物語があるんでしょうね。三重の伊勢なら神都ですが。

 奈良で暮らしていると、大仏の隣が法隆寺で、飛鳥はその近所だと思っている観光客によく出会います。

伊勢神宮と高野山と、那智三山を2泊3日でこなそうと考える人も世の中にはいらっしゃるみたいですね。
世間は広いです(笑)
ダイヤログ3は北海道では届いているみたいですがどうしたのでしょうね?

 二右衛門半 さん

 東京から名古屋まで新幹線で、そこから近鉄で伊勢へ。その日のうちに特急バスで那智方面へ向かい、少しは見てから泊。朝から残りを見て高野山へ登り、泊。この場合、宿坊到着だけでよろしいでしょう。最終日、高野山を満喫しても半日あればOKです。2時間かけて難波経由で新大阪へ出て、同じくらいの時間で東京へ。うむ、強行軍ですね。

 新製品、それも輸入品となれば、お得意様とか発言力の強いお店とか、そういうところが優先なのは世の習いですし。7月に触った個体が調子わるかったので、それがらみかも。まぁじっくり待つしかないので。

頭痛が痛い系
なるほど!と、大笑いいたしました。

私も日記は続かない派だったのですが、やっと1年続けることができました。
好きな万年筆、好きな紙、好きな手帳がそろっていると書けるということに気づきました。

ブログは、確かに人に見られる日記ですね。
一発検索も可能ですし、確かに便利です。

ダイアログ3、予約されたのですね。
どうしようかと迷いつつ、あのくびれのない軸が自分と似ていて・・・じゃなく、握りにくそうで、ひとまず静観することにしました。

 聖祥 さん

 ダイアログ3、すべすべした寸胴のボディながら、意外と握りやすかったです。一部の人が懸念されている「ペン先は見えるのか」というのも大丈夫です。

 ただ、繰り出し機構に引っかかりのようなものが感じられたので、そこを改良しているのでしょうね・・・。

私も何冊、ノートの先のほうだけ日記と言うゴミを作ってきたことか。
そのあたりが、ブログを始められない最大の原因なんですね。
もうそろそろ、周りのプレッシャーもきつくなってきたのでとは思うのですが、続けてらっしゃる皆さんをすごいと思うだけの日々が続いています。

 su_91 さん

 私が続けられてるのですから他の人なら大丈夫です。3日坊主では誰にも負けない自信があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037886

この記事へのトラックバック一覧です: 日記の効用:

« レモンの日 | トップページ | 台風の夜 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31