フォト

最近のトラックバック

« 偉大なる魂 | トップページ | 京都をぶらつく・その1 »

2009年10月 3日 (土)

ちゅうしゅうの名月

Rimg0540_2
 名月をとってくれろとなく子かな、ではありませんが、おもちゃとして下賜されたストッキングで綱引きに興じる「くま(仮名)」さん。彼女に限らずわんこはこの手の遊びが大好きですね。次男が脱いだ靴下を咥えてきたので、伝線が入ってお釈迦になったストッキングで気をひいて奪還の成功した瞬間です。

 すぐに本気になる「ちち(仮名)」さんと違って、「くま(仮名)」さんは少し余裕を持った遊び方。やはり大人の余裕でしょうか。
Rimg0552
 今日は中秋の名月です。焼き豚を食べながら見るのはちゃあしゅうの名月。あの月はでこぼこで肌が荒れている、などと言いながら見るのはちゅうしょうの名月。いずれにしても、この日はあくまで旧暦の8月15日であって、満月の日とは限らないのです。事実、今年の場合、満月は明日4日です。

 レアロに吸わせているインクは「仲秋」です。旧暦で秋といえば7月から9月。これに中国で兄弟の順を表す孟・仲・季をつけて、真ん中の8月が「仲秋」なのだそうです。そうなると、8月に見る月はすべて「仲秋の月」ということになります。

 一方の「中秋」は、それこそ秋のど真ん中、ずばり8月15日絶対指定なので、今日のお月さんは「中秋の名月」というのが正しい、というのが多数意見のようです。
Rimg0553
 どちらにせよ、「仲秋」というインク、いい色ですね。調子の悪いボールペンならこれよりひどい色でも「黒」というのがありますから、お仕事にも使えそうな感じです。色彩雫シリーズにも冬将軍と霧雨という灰色系のインクがありますが、それらはハッキリと青っぽい灰色、赤っぽい灰色という性格で、黒を薄くしたような灰色、ということになると、この仲秋ではないかな、という感じがします。

Rimg0554
 字の下手な人の特徴、それはまっすぐであるべき線をまっすぐかけないことだ、と聞いたことがありますが、まさしくその通りですね。線がまっすぐにかけないのは性格が・・・・・といわれることも良くあります。字が下手だと、本当に悲しいことばかりです。これで書き味の良い筆記具がなかったら、世をはかなんで・・・となりかねません。萬年筆があることに感謝すべきでしょう。

 余談ですが、中秋の名月の日は晴天になる確率が低い上に、必ず仏滅になるのです。大安とか仏滅とかいう六曜は、明治以降に吉凶に関連づけられたものらしく、占いをして「この日が大安」とするのではなく、旧暦の月と日を足したものを6で割った余りによって自動的に決定されるものです。

 余りが0なら大安、3なら友引、5なら仏滅です。8と15を足した23を6で割れば余りは5。ですから8月15日は絶対に仏滅になるわけです。ちなみに私は、仏滅の日に結婚式を挙げました。式場が空いていて、しかも安かったものですから。
Rimg0555

« 偉大なる魂 | トップページ | 京都をぶらつく・その1 »

コメント

わんこの遊び方は、結構性格が出るような気がします。
すぐに必死になったり、余裕があったり、飽きっぽかったり・・・
やっぱり、犬それぞれですね。

仲秋もなかなか良さそうな色ですね。
でも私の場合、冬将軍も霧雨もイマイチ使いどころに困るんですよね。
灰色って、思ったより難しいです。

つきみそうさん、私はこの[仲秋]極めて好きです。レアロもフロー多めはこのインクとてもいい具合になります。今はレアロが常備ペンですよ。

セーラーの新しいインクボトルっていうかリザーバーという装置に非常に興味があります。使い勝手が良ければ、他のジェントルインクボトルにも使いたいですね。

 su_91 さん

 おっしゃるとおり、犬の個性というものが出ますね。そして灰色についてもおっしゃるとおり、薄墨のようで縁起が悪い、などと言われることすらあって、割と使い途がないものです。

 夢待ち人 さん

 神戸元町のpen and message.がつくられたオリジナルインク「冬枯れ」も、あまりに黒々とした文字が並ぶとかえって見にくい、というところからのものでした。フローたっぷりのペンですと、このくらいの方が見やすいのは確かですね。私もこれは灰色ではなく薄い黒だと思っていますので、中字から太字が合いますね。

 foolsbook さん

 使い勝手は良いと思います。ペン先が入っていくコーン型の部分も柔らかい樹脂なので、あたっても気になりません。瓶の底にゴツンとやる恐怖から解放されますので、インクが少なくなって吸いづらい、というほど使わない人にもおすすめです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037883

この記事へのトラックバック一覧です: ちゅうしゅうの名月:

« 偉大なる魂 | トップページ | 京都をぶらつく・その1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30