フォト

最近のトラックバック

« ゴースト | トップページ | 偉大なる魂 »

2009年10月 1日 (木)

トレドの日・10月

Rimg0498
 とっても気持ちよさそうに眠る「くま(仮名)」さん。ひとしきりケージの外で走り回っておやつをもらったあとの姿です。いつものことながら、本当にお気楽極楽でうらやましい限りです。

 朝、家族みんなが職場や学校に出かけたあと、彼女たち2頭だけが家の中にいるわけです。飼い主が帰ってきて、遊んでくれたり餌をくれたりすることを疑わずにじっと待っている犬たち。本当にけなげですね。
Rimg0523
 今日は借り物のトレドをご紹介。先月の赤トレドM710も遠からずお嫁に、ということでしたが、こちら黄色のM910は同僚に依頼されて手に入れたもの。M800かM1000を買おうとお店に行ったものの、どちらも軸が軽くて気に入らなかった・・・と話す同僚に、それならばとM900を握らせた私は、まさしく悪魔。哀れな同僚は魂を奪われてしまったのです。

 けれども問題は価格。まともに買ったらとんでもないので、例によってeBayで探すことになりました。600ドルほどで落札されたものもありましたが、結局は信頼の置けるセラーを選んでの落札。それでもM1000ほどの価格でした。
Rimg0525
 シルヴァーの軸は大好きですが、トレド系に関していえば700、900の方が好みです。使い始めはきんきらきんですが、少し経つと金色が落ち着いた感じになってくる、そういう状態のものがとても好きです。

 M710、M910については、現行品として存在しないから人気が高い、ということも多分にあると思います。やはりトレドはカラフルであるよりどっしり落ち着いている方がよいと考える私は、色物トレドが好きになれません。

 それでもまだ、赤いのは何とか、という感じでしたが、黄色には反対です。同じ黄色でも、胴軸がヴァーメイルになっている麒麟ならまだなんとか、というところです。
Rimg0524
 何やら否定的なことばかり書いておりますが、それでもトレドはトレド。そして、自分のラッキーカラーは黄色だという同僚は満面の笑み。そりゃそうですね。

 BromfieldさんのBlogでトレドのペン先のことがとりあげられてましたが、現行のMニブがついたトレドは一押しです。トレドほどのペンなら柔らかくなくては、と考えがちですが、柔らかいペン先が好きな私でも、トレドに硬いペン先、意外といけるのでは、と思っています。

 事実、手持ちのトレドの中で一番のお気に入りである1万円トレドは、現行Fニブ付き。もし1本だけ残すならこれ、と思えるほど私にぴったりの書き味です。冷静に考えると平凡なのですが、軸の重さとペン先の硬さ、そこに私の書き癖、それらが総合的に高いところでヴァランスしている、そんな感じなのです。

 自分のものではなくても、握ってみるととても気持ちが良いところは、キャップが黄色でも変わりません。トレドの魅力ですね。

« ゴースト | トップページ | 偉大なる魂 »

コメント

現行MニブはM800系ニブの中では、調整なしの場合は最高であるとはPelikan_1931師匠のお言葉。私もその言に随い、師匠の整体済みのものはトレドに、未調整のものもM800に着けて使用しております。

書式はF、ノートやメモ書きはB以上の私は、Mニブの出番が昨今は手紙を書く時だけというのが、ちと寂しいです。カミさんにラブレターを書く回数を増やさなければ・・・。

 Bromfield さん

 かっちりと書式を埋めていくときには現行のFあたりが最高です。我が家のトレドたちを見ると、B以上のものはほとんどなくて、EFとF、まれにMというところ。舶来の太いのは宛名書きぐらいにしか使いません。

現行の硬さはそれなりに実用的に旧の柔らかさはそれなりの楽しさに、トレドバランスは正に全方向オーライと思っております。それにしてもeBayで600ドルですか~、未だeBay未体験とは横文字苦手は克服出来ません・・なんとかせねば・・

私の場合は浮気せずにpfニブ付きの#700トレドを手元に起き続けています。
ただ、インキを入れる時間は格段に落ちましたが。

イエローもお洒落ですね。
なるほど縁起というのは考えつきませんでした。
黄色じゃなくて金色ならしこたまありますが。

「毎月1日はトレドの日」頑張られてますね〜

自分も「今月の8本」なんとか続いてますが、こういったシリーズものは継続する事によって自分の万年筆に対する変化が見て取れるので結構楽しいモノです!

何か新シリーズを立ち上げたいですね〜

 夢待ち人 さん

 トレドは本当に得難いペンですね。海外ではこういう高価なペンを買う人が少ないのでしょうね、オークションでは結構安く出ております。
 私も横文字全然だめですが、何とかやっております。

 二右衛門半 さん

 麒麟の場合は、中国で黄色はよい色、ですから理解できますが、トレドはやっぱりモノトーンというイメージを勝手に持ってますのでね。
 黄色い軸そのものはおしゃれでよいですね。

 たがみ たけし さん

 余計なシリーズを始めたモノだと後悔しております。まぁ今年いっぱいのシリーズという予定ですし、拙Blogが年を越せるかどうかも怪しいものです。

黄色は私が始めて手に入れたトレドでもありますので、少しだけ思い入れがあります。
とは言ってもまだインクを通してないので、そう大したものでは無さそうですが。
ともかく黄色はちょっとポップすぎる気がして、ちと使いづらくはあります。

 su_91 さん

 黄色い窓なので、インクを通すのがちょっとためらわれる感じですね。私の同僚も何を入れるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037881

この記事へのトラックバック一覧です: トレドの日・10月:

« ゴースト | トップページ | 偉大なる魂 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30