フォト

最近のトラックバック

« 長々と | トップページ | しっかり飲む »

2009年9月26日 (土)

ほのかな灯り

Rimg0378
 合焦の音に気づいてこちらを向いた「ちち(仮名)」さん。部屋の中は本が読めないほどに暗いのですが、さすがは白い犬、普通に撮れております。夜は静かに寝て欲しい、と思ったら電気を消すに限ります。ただ、遊んで欲しいという欲求が収まらないときもあって、そういうときには隣の部屋からほのかな灯りがもれてくるのを見て「そこにいるんでしょ、遊んで頂戴っ!」と吠えまくることも少なくありません。
Rimg0350
 強い西日を浴びて走る郵便車フリート。軽貨物車とはいえ赤く塗られたのが3台連なって走るとなかなかの迫力です。撮影時刻は午後4時半頃。奈良県の東端に近い曽爾高原へ、「山灯り」なるものを見に行く途中、信号待ちの運転席からパチリ、でした。

 リンク先にもありますように、この時期の曽爾高原といえばススキ。天気の良い休日ともなれば、夕陽を浴びて金色にたなびくススキを撮ろうとするカメラマンたちの間で場所取り合戦が繰り広げられるようです。

 ここの亀山、あるいは倶留尊山から見下ろせる瓢箪型の湿地がお亀池で、その周りの遊歩道に沿って灯籠を立ててほのかな光の輪を見せる、というのが「曽爾高原 山灯り」です。

 このイヴェント、行こう行こうと思いつつ、毎年終わった頃に思い出しては舌打ちをしているのですが、今年は早くに思い出したので、妻と次男を誘って出かけてみたのです。
Rimg0357
 風情も何もありませんが、ストロボ焚かないことには何にも写りません。自宅から1時間半かけて到着後、ススキの中を20分ほど歩いておしまい。まんが日本昔話に出てくるようなけったいな形の山々を見上げると、青白く光るお月様。賑やかながらどこか寂しく感じられる虫の声。気分はすっかり「秋」です。

 ええ感じやなぁ・・・とぼんやりしていたのですが、「お腹空いた」の声で一気に現実に引き戻されました。近くに炭火焼き肉を供する雰囲気のあるお店があったはず・・・・・と記憶をたぐって、三太夫というお店で夕食ということになりました。
Rimg0367
 このお店、基本的には個室でいただくスタイルです。通された部屋の隅にはアンティークっぽい灯り。雰囲気抜群です。本日、いちばん興味をひかれたのがこれでした。

 部屋にはさらに、連絡用に使うダイヤル式の黒電話がありました。次男にとっては初めて見る「変な」電話です。興味津々の次男にひととおり説明して、いざ連絡というときには実際にダイヤルさせてみました。ダイヤル式の電話機を使ったことのある人も減る一方。使ったことがない、という人がほとんどになるのも時間の問題でしょう。
Rimg0373

« 長々と | トップページ | しっかり飲む »

コメント

私の亡き父母は榛原の出身でして子供のころに曽爾高原に連れて行ってもらったことを思いだしました。
それに黒電話が何ともいえないですね。
数字を回すと返る時の音がいいんですよね。
素晴しい写真を拝見させていただきました。

 しげお さん

 榛原ですか・・・。今や宇陀市榛原区ですね。

 私が小学生の頃は田舎へ行くとダイヤルすらない電話でした。鉛筆削りさながらにぐるぐる回すと局につながるので口で電話番号を言ってオペレータにつないでもらう、という経験もしております。

ススキの写真、夕方に三脚つきでスローシャッターだと良さそうですね。
それにしても黒電話、使ったことが無い世代がいるのは当たり前ですが、改めて見るとちょっとショックですね。

 su_91 さん

 黒電話、ショックですか? 見たことない人には本当にこれ、何するもんだろう、って感じでしょうね。名刺とかに入れる電話のマークはこの形と決まってましたが、最近は違っているようですし。

 ススキを三脚立てて撮ろうという人でごった返す日もあるそうですね。私にはそんな高度な撮影できないのではじめから行きませんが。

心配しないでも我が家には黒電話、ちゃんとしまってありますよ。
写真のそれよりうちのがもう少し古くて良いのがね。
ダイヤルを回す音が大きいし、ベルの音もご近所まで聞こえるほどです。

ところで実は、わたしも交換手利用の電話をかけたことがあったような覚えがあります。
わたしが小さい頃まで、お隣の地区にあった電話局がきちんと機能していて、その時に利用したような気がいたします。
わたしぐらいの世代で交換手を利用した電話をかけたひとはかなり珍しいかも・・・・。
なんでかけたんだろ??

私の部屋にも黒電話があります。
使っていませんが、この写真のものより少し前の、受話器コードが螺旋のものでない黒電話です。

自分のブログにも書いたのですが、職場の上司が私が古道具好きなのを知っていて、もらってきてくれました(^^)
電話がニガテでほとんど使わないのですが、これが使えたらどこかにかけたくなりそうです。

すすきも秋を感じる植物ですね。

 聖祥 さん

 子供が小さい頃に結構長い時間停電があり、外からかけても電話が応答しないので往生しました。その反省から、IP電話の誘いなど無視してNTTのまま、電話線を二股に分けるアダプタを使って、局給電のみで着発信できる電話もつないであります。

 そう、分岐アダプタを使えば、今ある電話も使いつつ黒電話も使える可能性がある、ということです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037876

この記事へのトラックバック一覧です: ほのかな灯り:

« 長々と | トップページ | しっかり飲む »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31