フォト

最近のトラックバック

« ほのかな灯り | トップページ | 鉄人 »

2009年9月27日 (日)

しっかり飲む

Rimg0458
 のどを潤す「くま(仮名)」さん。トップブランドとも言うべきこの給水器、その性能で重要な点は「むせないこと」なのだそうです。どばっと水が出ないようになっており、ちっちゃなわんこが飲む時でも大丈夫なのだとか。けれどもそれが仇となって、大人のわんこにとってはじれったく感じられるもののようです。

 出にくい水にイライラっとなって、パイプの部分をかじっている姿も良く目にします。やっぱり、飲みたい時にしっかり飲めないのはいやなんでしょうね。
Rimg0435
 セーラーの自信作、プロフィット・レアロです。手元にある吸入式萬年筆で国産のものはPILOTとプラチナ、それぞれ1タイプずつ。セーラーの95周年記念レアロは使用頻度が低いのでお嫁に出しましたが、生まれかわってやって来た、という感じで、国産3メーカーの吸入式が揃いました。

 実際、吸入式イコールインクたっぷり、ではなく、むしろその逆であることの方が多いわけですが、それでも私は吸入式を支持する派、です。それほどたくさん書く方でもないので、一度吸入すればそれこそインクの色が濃くなるまでもちます。それに、インクを入れるのに胴軸を外して、という姿は、軸が美しければ美しいほど間抜けな感じがします。
Rimg0441
 インク窓のところで折れてしまうペン、というのもあるようですが、レアロの場合、インク窓はむしろ丈夫な部分です。尾栓もスムーズに回るので、指先には気持ちの良い感触が伝わってきます。今にもどこかが壊れるんではないか、という私のOmasと対照的です。
Rimg0450
 しっかりインクを飲ませるためのリザーヴァー。レアロにセットされたオリジナルインク「仲秋」のボトルから引き上げて洗ってみました。上部のカップ部分に空いた穴からインクが流れ込んで下部のコーン型の部分にたまるようになっております。なぜか引き出しにシリンジが入っていたので、インクを入れてみました。
Rimg0446
 リザーヴァーは柔らかい樹脂製ですから、コーン型の先端部分にペン先がぶつかっても精神衛生上の問題はなさそうです。私自身はあまり書かないくせにインクを一杯持っていますので、リザーヴァーのお世話になるほどインク瓶の水位を下げることはないと思いますが、普通に吸入するにも便利そうです。
Rimg0454
 新品から少し減った状態ですが、静かに沈めたリザーヴァーの中にはインクが流れ込んでいませんね。で、おもむろに瓶の蓋を閉めて、そぉ~っと天地を逆にして、わくわくしながら蓋を開けます。これから買われる方は、帰ってきたらしばらく放置してから瓶を開けるようにすれば、指を汚してリザーヴァーを引き上げたりしなくても観察できるのではないでしょうか。
Rimg0457
 肝心のレアロの使用感はどうなんだ、ということですが、これは何の問題もありません。いつものセーラー萬年筆です。無調整でいきなり書き出しても何の不満もないシルキーな書き味です。そんなことより何より、尾栓のスムーズさが印象的です。

 世間ではこのレアロ、いわゆる仏壇萬年筆(黒と金のコンビネーション)ということで、バリエーションが出るまで様子見、という人も多いようですが、実用するにはとてもいいペンです。何より現行品で通常ラインですから、壊したり失ったりしても金額的損失だけで済みます。趣味性は乏しいかも知れませんが、吸入機構に不安を感じないあたり、さりげなく凄い1本です。
Rimg0459

« ほのかな灯り | トップページ | 鉄人 »

コメント

ケージに給水器というのは、2歳までくらいでした。現在はケージは使用せず、水はバケツにいれてユカにおいてあります。ときどき人間がそれを蹴飛ばして、周囲が水浸しになります。

セーラーの吸入式、そそられますね。

私もレアロ、注文しました。
このエントリーを見て、我が家に来る日が待ち遠しくなりました。

 ペリカン堂 さん

 器に水を入れてやった方が犬も嬉しそうに飲んでます。散歩から帰ってきたときなどはそうしていますが、昼間は犬だけで過ごしているのでやはり給水器に頼らざるを得ませんね。

 尾栓を回すときの感触はかつて所有していた95周年レアロよりも良いと感じております。

 foolsbook さん

 もうすぐですよ、もうすぐ。お店にはもう来ているわけですから。「仲秋」という附属のグレー系インクもなかなかいい感じです。

同軸を外すのが間抜けなら、インキ止め式はさしづめ首切りかも(笑)
またインキ止め式、使い始めております。
家で使う分には優れものですね。
どうしても手が汚れてしまいますので外出時はかなり不便ですが。。
プロフィットレアロのインプレッション、各方面で立ち上がっていますね。
今日は午後からできればセーラーのペンクリニックにでかけるつもりです。
さて、どんなペンを持っていこうかな?
リザーバー、いいなぁー。

 二右衛門半 さん

 インキ止め式は使ったこともなく、1本も持っておりませんね。がさつで不器用、かつ怠け者の私には無縁のものと思っております。
 
 カートリッヂ式が一番楽でよいのですが、それでは趣味としておもしろくないので吸入式がちょうど良いところかと。

こちらももう届くかもと待っている所です、記念レアロとの比較したインプレは大変貴重な評価ですね。これはBにしましたが、すぐ実用で使いたいと思っております。実用でBなの?と言われそうですが、そこは第一線を退いた夢待ち人の特権と言う事で・・

 夢待ち人 さん

 国産のBなら十分実用範囲内です。セーラーのBは、萬年筆好きな人の感覚でいうとMぐらいかと思いました。

 ペン自体は普通のセーラー萬年筆ですから、やはりインクボトルに興味が向いてしまいます。

レアロは、そのうち絶対買います。
でも、12月ぐらいになっちゃうかな?
ギミックモノは、なるべく初期ロットは避けたいと思ってます。

「セーラーの吸入式が出たら買う」と思い続けていて、いまだポケット万年筆1本しか持っていません。
ですが、95周年が出た時には、自分としては手を出す金額ではなかったので断念。
いつか、違うのが出てくるだろうと思っていたのですが、仏壇万年筆(と言うのですね)のデザインが好みではないのでまだ買わずにいます。

コンビでも黒とシルバーなら買うかもしれませんが。

 su_91 さん

 国産メーカーですのであまり心配はしておりません。むしろ10月に予定されているLAMYダイアログ3の方が心配です。8月に触ったときに何となく回転繰り出し機構に引っかかりを感じたのですが、鋭意改良中との話も聞こえてきております。

 でも12月ごろではまだバリエーションも出ていないでしょうね。

 聖祥 さん

 いいですよレアロ。今ですと定価販売が主流で、ネット上でも3万円を少し切る程度ですが、いずれ2万円台前半になるかもしれませんね。

 でも、3万円出してもいいと思わせますよ。いいできです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037877

この記事へのトラックバック一覧です: しっかり飲む:

« ほのかな灯り | トップページ | 鉄人 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30