フォト

最近のトラックバック

« 夏の疲れ | トップページ | ルーペの使い途 »

2009年8月17日 (月)

ちょっと懐かしい

Rimg0884
 新居にも慣れたのか、トイレの上!で丸くなって身繕いをする「ちち(仮名)」さん。我が家では2頭とも、居住スペースとトイレスぺースが2:1に別れたケージで暮らしておりますが、どちらも熟睡する時はトイレスペースで丸くなって、というパターンが多く、やはり、穴の中で寝ていた祖先の記憶なのか、と思わせられます。

 ちなみに「ちち(仮名)」さんも賢くなったようで、おしっこをしたあと、ネットの下のシーツに尿が吸い取られ、ネットが乾くのを待ってトイレスペースに戻ってきます。出してすぐに大きなものを踏みつけてぐちゃぐちゃにしていた幼少期から考えると大きな進歩です。
Rimg0888
 ヴァレンチノの萬年筆。といいますが、実際に造っていたのはPILOTです。ライセンス品というのでしょうか、海外のよく知られたブランド名をつけた日本製品、というのも、Made in China がそこら中にあふれている今となっては「懐かしい」ものといえましょう。

 懐かしいといえばこの画像、先日オークションに不要品を出品した際の設定のまま撮りましたので、今時のカメラで撮ったにしては「粗い」ものになっております。これもBlogの上ではわからないことですが、編集をしていると「あぁ、昔のデジカメ写真ってこんなんやったなぁ」と感慨に浸れたりするわけです。
Rimg0890
 今日の夕刻、神戸元町はpen and message.さんにお邪魔しましたら、anothe personさんとN先生、実に久しくお会いしていなかったお二人がいらっしゃったので感激。久しくと言っても半年かそこらでしょうけれど、何とも懐かしいお顔。ひとしきり話し込んで帰ろうかというところで 達哉ん さんまで登場して、およそ2年前、このお店ができたばかりの頃を思い出しました。

 another personさんといえば「ペンケースの中はいつも新鮮!」というイメージがあるわけですが、今日も寿司屋の大将さながら、「お、今ちょうどえぇのんが入ったとこや。まぁ見ていき」ってな感じでした。このペンのために基金を設立、浄財を集める勧進をされている方がありましたが、その方に刺激を受けて先に手に入れてしまうという、いつもながらの「イラチ」ぶり。全日本イラチ協会で西日本統括部長を務めている私も西太后には脱帽。ただただ拍手喝采です。
Rimg0892
 で、西太后との会話で救われたのが帰宅方法。お店から一番近い駅から阪神電車にのって、三宮からそのまま近鉄線へ、というのが一番時間のかかるパターン。ならば駅まで少し歩くものの阪急は・・・などと言っておりましたら、そりゃJRですよ・・・と。神戸と大阪の間、阪急阪神が30分かかるところ、以前より時間がかかるようになってもなお、JRは20分で走り抜けるのです。

 ほいほいと駅へ行くとちょうど電車が来て、元町駅で乗車して27分後には大阪駅で乗り換えのため爆走。駆け込み乗車はおやめくださいのアナウンスの中、余裕で乗車したものの心臓が飛び出しそうです。かつては不可能な乗り換えを可能にする男でしたが、衰えた足腰に充実した体重のコンビネーションでは相当に無理があります。大阪駅と鶴橋駅、どちらも間合い1分というスリリングな乗り換え、子どもができてからはやってなかったなぁ・・・とこれも懐かしく思ったことでした。

 巨体を揺すって駅構内を爆走すると他のお客様のご迷惑になりますのでおやめください。電車の乗り換えは余裕を持って、ね。
Rimg0891

« 夏の疲れ | トップページ | ルーペの使い途 »

コメント

そうですか。例のもの、another personさんは既に入手されましたか。私も相当なイラチですが、西太后さまは、その随分上を行かれているようです。

当方は、Bというレアなニブをアメリカの万年筆店に注文したため、フランスから取り寄せとなり、4週間程かかるそうです。滞米中に入手できなければ、日本にボストンから送ってもらうことになりそうです。送料、関税分を浮かそうと思っていたのが、誤算となりそうです。

ところで、今日、件の赤いヤツを入手されたのでしょうか。9月1日が楽しみです。

 Bromfield さん

 例の赤いのは入手しましたが、大きいのと記念撮影をした後は婚活に入りそうな予感です。色物とはよく言ったものと思います。ペンとしてはおおいにまともでしっかりしたもの。でも派生モデルが元のモデルを超えることはないと思うのです。

 例のもの、確かに間近で見ると綺麗ですね。書き味もバッチリで、あれにBニブですと好きな人にはたまらないでしょうね。

バレンチノの万年筆とはまた渋い物をお持ちですね。
うちの手元にも確か、何本かあったように思います。
イブ・サンローランもパイロットの製造の時期がありましたね。
神戸のWAGNERに出かけたときは予定していた電車が定刻より~2分遅れてしまい乗ることが出来ないことになってしまいました。
あの間隔での運転では仕方ないと思っていましたが、わずかな時間を利用してでも乗り換えられるのはさすがですね。

 二右衛門半 さん

 JRの京都線、神戸線(東海道本線、山陽本線の電車区間)はけっこう遅れます。看板の新快速なんかは運転区間が長いこともあって遅れて当たり前、みたいな状況でした。それも、福知山線の不幸な事故以来、余裕を持たせたダイヤに変わったせいか、かなりマシになったようですが・・・。

 サンローランもどこかにあったように思います。とにかく整理しなくては・・・。

先日の岡山から帰り、名古屋の地下鉄で久しぶりに走りました。
いかんせん体力が無いので、もうヘロヘロです。
やっぱり無理な運動は、いけませんねぇ。

昨日はお店に電話をした時にanother personさん、つきみそうさんがおいでになっていると、スタッフkさんからお聞きしました!

たぶん「赤いヤツ」と「パール」で盛り上がっているのでしょうね〜〜とおもっとりました!

婚活されるのですか〜〜「赤いヤツ」!自分は先のペントレで売れ残った商品を再点検して次回の中部、関西に備えようと思います!

つきみそう先生,先日はどうも(*^_^*)
先日は,皆さんとのパールでの盛り上がり,楽しかったです.

たしかに,わたしはイラチかもしれませんね(笑)
思い立ったら吉日って感じで欲しいものは今日手に入れたいと思ってしまうのです.

 su_91 さん

 いや、名古屋の地下鉄もけっこう乗るまでが長いですからね。特に新幹線からだと辛いモノがありますね。
 それでも、地下鉄に乗ってれば着く街というのがいいです。

 たがみ たけし さん

 えぇ、そうだろうと思って漏れ聞いておりました。イヤ何と言ってもトレドが増えすぎました。やはり出してあげないと使われなくて可哀想、というのがあります。

 another person さん

 以前チェリージュースをお求めになった際のエピソードを読ませていただいたとき、うわっワシの他にもこんな人おるんや・・・とビックリするやら安心するやら・・・。

 でも、買う人がいないと売れないので萬年筆メーカーがなくなりますし、中古品ねらってる人も困りますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037836

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと懐かしい:

« 夏の疲れ | トップページ | ルーペの使い途 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30