フォト

最近のトラックバック

« お台場ガンダム・その2 | トップページ | Farewell・万年筆コレクション »

2009年8月 4日 (火)

お台場ガンダム・LAMY編

Rimg0197
 わざわざお台場まで行ってガンダムを見る。ネット上で検索すれば、行ってきた人のBlogなんかがヒットして、そこで写真を見ればこんなもんか、となります。関西では、手近な神戸市内で鉄人28号の建設が始まっているので、そちらの方が話題になっております。それでもわざわざ行って、両足の間をくぐりつつガンダムに触ってくる、っていうのが第1の目的でした。
Rimg0102
 さて、東京駅から銀座1丁目駅まで歩いた私たち親子。先頃惜しまれつつ閉店した銀盛堂の看板を写真に収めてくるのを忘れましたが、代わりに変な写真を撮ってきました。

 銀座松屋の7階、昔から大好きです。何も知らなかった頃は東京へ行ったら伊東屋、でしたけれど、ものの弾みで隣の松屋に入って激変。ここの7階には本当に変なものがあふれております。開催中のLAMY展そのものは非常にコンパクトな、それでいて代表的なモデルが分解された姿を見ることが出来るすばらしいものでしたが、お目当ては今日まで開催のLAMY2000フェア。例のダイアログ3が予約できる・・・ひょっとして実物に触れる? というわけです。
Rimg0103
 見本として供されていたペンの字幅はM。例によって国産なら軽くBという太さですが、大変になめらかで気持ちのよい書き味。ペンそのものは、LAMY2000の一番太いところぐらいの直径で寸胴ですので、Mでもよいかな、と思ったのですが、どうせ皆さんBやらMやらをお選びになるのでしょうから、私はFかな・・・と。国産でMを選ぶ感覚ですね。
Rimg0104
 筆記時にはクリップが引っ込む、ということですが、SWIFTみたいに完全に面一になるのではなく、クリップと本体との間の隙間がなくなる程度にわずかに沈み込む、という感じですね。何度か動かして見比べるうちにようやく違いがわかる、という程度です。おぉっ、というほどの変化はありませんから、そういわれなければ気づかないかもしれません。
Rimg0105
 あと注目はペン先が出てくる「穴」ですね。写真を撮るために何度かくりくり回しているうちに、変なところで引っかかってしまい、一瞬焦りましたが、すぐに元に戻りました。よかったです。

 ペン先を収納した状態では、穴の中に球面の「フタ」が見えます。
Rimg0106_2
 くりくりと胴を回しますと、この「フタ」が回転しつつ姿を消し、奥からペン先が出てきます。モンブランのボエムを触らせてもらったとき、あまりにシャキーンと素早く出てくるのに驚かされましたが、こいつはヌゥ~っと出てくる感じです。

 何度も繰り返すと、やはり「失敗」するときがありました。展示品というか、何人もの人に触られている個体ですから、完璧な状態ではなかったものと思われます。最初の写真でも、ボディサイドのラインがズレています。
Rimg0108
 宵の一番星みたいに、ペン先の玉が光って見えております。同じようにペン先を出す動作をしても、必ずこうなるとは限らないのが面白いところでした。その場合でも、一端元に戻してやり直すとペン先が出てきます。

 10月10日頃発売とのことでしたので、10月のWAGNER表定例会にどなたかが持ち込まれる可能性もありますし、フェンテ交流会でも見せびらかしがあるかもしれませんね。

 「写真撮ってもいいですか?」というとんでもなく厚かましいお願いを快くお許しくださった松屋の売り場担当の方、ありがとうございました。
Rimg0203

« お台場ガンダム・その2 | トップページ | Farewell・万年筆コレクション »

コメント

先生~!さすがお早い情報ですね、一瞬どうやって手に入れられたんだろう?って思いました。これはやはり現物を見てから決めたいと思いますね。ラミー系はまだ持っていませんから・・それにしてもお忙しいのに行動はピカピカイチですよ☆.・∴.・∵☆:*・∵.:*・☆.☆.。.:*、★ :*・∵.:☆.

 夢待ち人 さん

 あちこちフットワークよく動くということでは、私などまだまだ夢待ち人さんに及びません。

 売り場で写真を撮らせてとお願いすると、わざわざLAMYロゴ入りの試筆紙を出してくれました。空いていたからよいものの、迷惑な客でした。

 かなり予約が入っているようでしたよ。

最後の写真は何やねん!と突っ込む。
おそらくはガンダムの足形??

海外のは引っ込んでも真っ平らにならないものなんですね。
カルティエのサントスも同じような具合。。

写真を見ると、結構軸が太いですね。
ペンポイントまでが思ったより短いので、人によっては書きづらそうにも思えます。
まあ私は、現物を触るまで様子見かなぁ。
ギミック物の初期ロットは、ちと怖いですし・・・

 二右衛門半 さん

 ガンダムの脚の間をくぐり抜けて出てきたところにこの足形があります。

 同じLAMYのSWIFTは引っ込んだと記憶しています。カートリッジ/コンヴァータ式でインナーユニットが外せる構造、クリップを完全に沈ませるスペースがなかったのか・・・10月に現物確認ですな。

 su_91 さん

 軸は太いです。149みたいに両端が絞られているわけではないので、なんじゃこりゃというほど太いです。でも持って書いた感じはすごく素直で、持ちにくさは感じませんでした。ちなみに私は寝かせて書く人です。

自分も見てからと思っていたのです!ありがとうございます!

外見はマットな感じで良さそうなんですが〜確かお値段は3万円強だったと記憶していますが……発売されてから、ちょっと皆さんの報告を待ってからというところでしょうか?


しかし、つきみそうさんはいつも有益な情報をくださるので助かります!

 たがみ たけし さん

 果たして有益な情報なのか、人心をたぶらかし物欲を煽る危険な情報なのか、その辺は深く追求せんといてください・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037822

この記事へのトラックバック一覧です: お台場ガンダム・LAMY編:

« お台場ガンダム・その2 | トップページ | Farewell・万年筆コレクション »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31