フォト

最近のトラックバック

« みどりの日 | トップページ | メツゲライ »

2009年5月 5日 (火)

こどもの日

Rimg0691
 お休みというのはたまにあるからありがたいもので、こうも続くともてあまし気味、という感じをからだで表現している「くま(仮名)」さん。普段見ることの少ない昼間の犬の実態、こうして毎日家にいますとそれがわかって面白いものです。彼女はひたすら寝て過ごしているようですが、一方の「ちち(仮名)」さんは常に臨戦態勢。すでに両者の順位は「ちち(仮名)」さんが上ということで確定していて、肩の荷が下りた「くま(仮名)」さんは寝てばかりいる、ということなのかもしれません。

 こどもの日の趣旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ということだそうです。ちょこっと母の日のエッセンスを取り入れているあたりニクいですね。この連休が終わって申し訳程度に仕事をしたあとの週末が母の日です。
Rimg0717
 一時期流行ったDINKS(ディンクス)を覚えてらっしゃいますでしょうか。Double Income No Kids、英語的には最後のSはつけないのが自然かもしれません。結婚するとき2人で「これで行こう」と約束したのを覚えています。適当な時期に仕事を辞めて代官山あたりに移り住み、呑気に暮らそう、なんて夢想をしておりました。もし実現していたら、設立時から参加しまくって今頃はWAGNER皆勤賞達成だったかもしれません。

 自分に似た人間が増えるなんて、悪夢でしかありませんでしたから、子供をもうけるのはあり得ない選択でした。新婚旅行代わりに、当時まだ走っていた個室付きのひかり号で東京旅行だ、ってなことで、旅行社の人に頑張って切符を取ってもらいましたが、結婚式から2週間後に祖父が他界。その通夜の晩に父が脳卒中で倒れ、お葬式と手術とが同時進行。その後も片道2時間ほどかけて病院通いという毎日が続いてあえなくキャンセルとなりました。

 そんなこんなで年を越して、まだ日付固定であった成人の日あたりに、妻がけっこうキツい風邪をひきました。受診した病院で念のためと受けた検査が大当たり、「おめでとうございます」となったのでした。そうして授かった第1子も高校生。本来ならば・・・・・と思いつつ見るのが今日の萬年筆、ロットリング・コアです。
Rimg0708
 自堕落で放蕩者で無計画で無責任、学生の頃は勉強もスポーツも人間関係もさっぱり、といういいところがひとつもない私が息子を授かってしまい、正直困惑しました。振り返ると、いや現在でも最低の親だと思います。そんな私ですが、このセットを見て即座に「ポチッ」とやりました。目的は、彼が中学生になったら贈るのだ、ということだけでした。

 で、楽しみにしておりまして、私にしては珍しくきっちり保管もしておいて、その日が来たとき、彼はあっさり、「いらん」と言いました。まぁ時計だけならもらっとくけど、ということでした。そういえば、その当時はまだ電池があって時計が生きてました。

 愛と哀しみの萬年筆、コア。何ともアレなデザインです。これはなかなか使えそうにない。Gショックのコピーもんみたいな時計をはめてこんなペンでノートを取るのは、やはり無理があるでしょう。時計の裏蓋に何やら金色のラベルが貼られているので、わざわざベルトを外してみてみると、Made in Chinaと書いてあるだけでした。

 第2子である娘の高校入学の際、ペリカンのM320オレンジ軸を探してきてこれも拒絶されたので、2打席連続三振、ってな状態です。何も知らんから騙されてる(次女談)第3子だけが、萬年筆を喜んで使っておりますから、このペンもいずれ彼のものになることでしょう。4年後の中学入学まで大切に保管しておこうと思います。
Rimg0713

« みどりの日 | トップページ | メツゲライ »

コメント

人生に「たら」「れば」はありませんが、私の方もフエンテの存在を知った学生時代から所属していたとしたら、もう少し違った萬年筆ライフを送っていたと思います。
今でもフエンテに所属していませんがね・・・
コアからM320、だいぶ進歩(?)しましたね!

 二右衛門半 さん

 そうですね、現行品(当時)であったコアの詰め合わせをただポチるのと、廃盤になって久しかったM320を探してきてというのも、進歩しております。この進歩が嬉しいものかどうかは別として。

家族を万年筆ファンにすれば、少しは風当たりが和らぐかもしれませんね。特に子供なら最高です。

この万年筆なかなか書きやすそうなのでヤフオクで入手しようと思ったこともありますが、いかがなのでしょうか?

 ペリカン堂 さん

 ロットリングの萬年筆は総じて書きやすいと思います。何の変哲もない鉄ペン付きのモノがほとんどですが、フローが良く、するすると書けるモノにしか出会ったことがありません。

 首軸の部分を真横から見ると、貨物船を横から見たようになっています。胴軸に近い部分とペン先に近い部分が同じ高さで、その間がグッと下がっているのです。コアに限らず、このメーカーのいくつかのペンでこういう首軸を見ますので、これも書きやすさに寄与しているのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037729

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日:

« みどりの日 | トップページ | メツゲライ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31