フォト

最近のトラックバック

« タイタニック見送り | トップページ | 隔てるもの »

2009年4月15日 (水)

ぼぉ~っと

Rimg0208
 何となくぼやけて見える「くま(仮名)」さん。春霞のせいなどという風流なものではなくて、暗い部屋でしっかり構えずに撮ったのでピントが大甘でブレておるのです。彼女は、遊んでほしいときなどに歯をカチカチいわせるという、とっても不思議な癖をもっています。その癖が出た瞬間をとらえようとしたものですが、ただ吠えているだけに見えますね。

 懸案となっていたデカい提出物が仕上がって、なかなかいい気分。このあたりから私の仕事は楽になっていきます。一方、学級担任の先生方は、家庭訪問の日程調整に悲鳴を上げてらっしゃいます。まずはそれぞれのご家庭に、都合の悪い日時を教えてくださいとお願いします。「これ以外の日時なら来てもらってけっこうです」ということを書いて欲しいのですが、「この時間に来てくれ」と指定されるご家庭がものすごく増えてきております。さらには「家庭訪問だからといって午後の授業をカットしないでください」とおっしゃる保護者も少なくありません。

 最近、どの業界でもさまざまな権利を踏みにじられたり無視されたりする例が多いようですが、教師とて例外ではありません。以前、家に帰ってくるのが23時なので0時から1時の間に家庭訪問に来てくれ、といわれたときには、この仕事やめようかと思いました。世の中、厳しくなっているんだなぁと思ったら、退社してゴルフの打ちっ放しで練習してから呑みに行くので、早くても帰宅は23時だからと聞いて、呆れてしまいました。
Rimg0505
 若くて今以上に頼りなかった頃、家庭訪問に伺うと門が開いており、アプローチには打ち水、お香を焚いて迎えてくださる、といったおうちも1軒や2軒ではありませんでしたが、それも今では「古き良き時代」の記憶でしかありません。でもまぁ、どうしてこんなに世知辛くなったんだろうと考えるより、なんで昔はあんなに良かったんだろう、と考える方が楽しいですね。

 そんな古き良き時代を偲ばせるシェーファーの萬年筆、譲ってくれた人はノンナンセンスだ、と言っておりましたが定かではありません。クリップのメーカー名は筆記体やイタリックではなくスクエアなもの。最近の萬年筆としてはごく普通の大きさであるLAMYのVISTAと比べるとこれだけ小さいのです。キャップを後ろに挿した筆記状態でも長さ15センチ程度です。
Rimg0503
 持っているのを忘れてしまうような軽いペンで、上着のポケットなどに挿しておくとそのまま忘れてしまいそうです。以前の職場で机上の大橋堂とキャップレスを持って行かれてしまい、必死に探しても見つけられず泣いたことがありましたが、このペンが見あたらなくなってもチッと舌打ちしてそのまま忘れてしまいそうです。それほどにチープなペンですが、書き味は上々。鉄ペンですし、さほどしっとりしているわけではありませんが、サリサリと元気よく書き進められるペン先です。春爛漫、陽気のせいでしょうか、肝心のペン先の写真がぼんやりした写りで、お恥ずかしい限りです。
Rimg0506

« タイタニック見送り | トップページ | 隔てるもの »

コメント

うーん、このあたりはどーむさんとかの守備範囲ですね、わたしにはわかりませーん。

学級訪問ですか?昔のことを思い出します。
うちはまぁ普通ですけれど、いつもいじめられていた子がいて、家庭訪問を機にその子のいえに数人押しかけた結果、いじめがなくなったことがありました。
えらくできん坊で、内向的に過ぎた子だったんですが、単にとび抜けて遠隔地出身だったため、ことばがなじめなかっただけだということがその時、わかりました。
家庭訪問まで何もいわなかったのでみんな事情をしらなかったんです。

そういうこともありますから、家庭訪問も効果があるもんだなぁと思いました。
わたしの乏しい経験だけでもそうしたことがあるのですから、先生もいろんなことがあったんでしょうね、おつかれさまです。

 二右衛門半 さん

 そうですねぇ。馬には乗ってみよ、人には沿うてみよ、とはよく言ったものと思います。

 家庭訪問を行わない学校もありますが、逆に最近になって家庭訪問に力を入れる学校が出てきているのも、そういった事情があるのだと思います。

うちの会社も今週は家庭訪問がらみでパートさんのお休みが多いです。前もって言ってくれているので特に支障はありませんけどね~ってもちろん大変なことは大変ですが( ̄▽ ̄;)

ちなみにこのペンはBAXペンのオリジナルじゃないかと。
私は復刻版は持ってますが、ちょっと形違うかな?

 どーむ さん

 お忙しい中ありがとうございます。事業所から見ると、昼の日中に人手を取られるのはたいへん痛いですよね。この際、家庭訪問は夜でも良い、ってことにして、夜間に家庭訪問をしたらどこかで遅出をしても良いとか、そういうことも考えないといけない時期だと思います。行政でも繁忙期には夜間や休日に窓口開けたりしておりますものね。
 BAXペン、聞いたことはありますがどうなのでしょう。この訳のわからなさがシェーファーの魅力でもあるのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037709

この記事へのトラックバック一覧です: ぼぉ~っと:

« タイタニック見送り | トップページ | 隔てるもの »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31