フォト

最近のトラックバック

« 寝られない | トップページ | 歓送・迎 »

2009年4月 9日 (木)

花まつり

Rimg0430
 これまでにも何度か紹介しておりますが、「くま(仮名)」さんは寝ころんでご飯を食べるという困った性癖の持ち主であります。朝の散歩のあともらった餌を半分ほど食べて残りを夜食にする、その時に寝て食べるというパターンでしたが、ここ数日は朝一番から寝て食べております。まことにもって横着千万、けしからん限りですが、ご本人(犬)は唯我独尊、そしらぬ顔です。
Rimg0436
 今朝、出勤してすぐに、同僚がおもしろいものをくれました。昨日は釈尊のお誕生日。娘さんが勤める保育園(お寺が経営されてます)で昨日園児たちに配られたものだそうです。透明なビニール袋に、ハガキ大の小冊子、ヒマワリの種、ゴム風船、キャンディ、そして甘茶のティーバッグが入ったセットです。

 このパッケージ、コンパクトにまとまっておりますが、徹底的に花まつりを祝っております。「元気なわたしにスイッチ・オン」と題された小冊子。明るく前向きに生きるべきである旨が、平易な言葉で説かれております。

 ヒマワリの種が入った袋を貼り付けてある台紙、と思いきや、これも見開きのカードになっていて、自分が今あるのも先祖があったればこそ。先祖を思い、命を大切にしましょうと説かれております。花言葉が「献身」というところから選ばれたのであろうヒマワリ、袋が貼り付けられている部分には、育て方が簡単に書かれています。
Rimg0437
 キャンディと書きましたが、袋にはanimal dropsとありますので、中身は飴ちゃん。これには特に仏の教えは書かれておらず、甘くておいしい現世利益のみのようです。やはり子ども向けですから無理もない、と思ったら甘い。風船にはしっかり「花まつりおめでとう」の文字が入っております。

 一番気になったのが、甘茶のティーバッグ。花まつりといえば甘茶ですが、甘茶っていったい、どんな味なのでしょう。半世紀近く生きてきて、それと意識して飲んだことがありません。ぜひ試してみたいところです。袋には「普通の紅茶と同じ要領でお召し上がりください。1袋で5杯分くらいが目安です。」と書かれているので、何人か人を募って飲んでみようかと思っております。

 ペントレーディング東京も近づいて参りました。1日遅れの花まつり。御仏の慈悲により、萬年筆への煩悩を断ち切ることができると良いのですが・・・・・。
Rimg0439

« 寝られない | トップページ | 歓送・迎 »

コメント

えっ!?
はなまつりすっかり忘れていましたー。
仏教系学校出身なのに横着さまさまでしたねー。
むぅー。

ということで、甘茶は学生時代にさんざいただきました(笑)
たまに呑むからこそ美味しい、とだけ言っておきましょう。

 二右衛門半 さん

 たまに飲むからこそおいしい、ですかぁ・・・。怖いもの(の)みたさに飲んでみよう。

甘茶が、どのような味か想像がつかなかった私は
はじめて飲んだ時、「へぇ~」と一言。
おいしかったです。

花まつり、近くのお寺では、旧暦にあたるころの5月上旬に行われています。

 聖祥 さん

 やはり、おいしい、ですか・・・。私は紅茶もコーヒーも、砂糖やミルクを入れない人なので、甘いのはひょっとしたら怖いかも、とは思っております。

ペントレーディング東京へはお越しになりますか。当方は、初日は午前中のみ、2日は午後のみ参加となりそうです。煩悩はたっぷりですが、懐が・・・。

 Bromfield さん

 明日からですね、ペントレーディング。2日間ほぼ参加です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037702

この記事へのトラックバック一覧です: 花まつり:

« 寝られない | トップページ | 歓送・迎 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31