フォト

最近のトラックバック

« あれぇ? | トップページ | 小さく見える »

2009年3月29日 (日)

黒とオレンヂ

Rimg0301
 タイトル通り、オレンヂの毛布の上でゴロゴロしている黒柴の「くま(仮名)」さんです。くつろいでおりますので安心して「ちち(仮名)」さんと遊んでおりますと、すっくと立ち上がってぢっと見つめてくるのです。その眼ぢからに、思わず振り向いてしまうほどであります。

 リンクさせていただいておりますル・ボナーさん。神戸にある大規模な人工島、六甲アイランドで開業されている鞄屋さん。鞄はもちろんすばらしいのですが、Blogがまた凄い。今日の記事を拝見して、思わずお店に急行しましたところ、あふれんばかりのお客様が来店中。しかも、みなさん鞄や革製品の話をされているという異常事態!いつ業態変更したんだこのお店はっ!と訝しがりつつ店内に入ると、店主はいつも通りに「あれ、持ってきましたぁ?」と萬年筆のお話。良かったぁ、普段通りのル・ボナーさんです。ショッカーに乗っ取られたというわけではなかったのです。
Rimg0353
 残念、肝心のル・ボナーさんのロゴが隠れておりますが、オレンジの方はル・ボナーさんでのみ販売のもの。外装シュランケンカーフ、内装は上質なヌメ革で内側に隠すのがもったいないような手触りの良さです。本来は黒い方をお願いしてあったのですが、結局オレンヂも保護してしまいました。普段のメモには赤ステッチの黒を使い、旅行に出るようなときにはオレンヂを、などと夢想しております。
Rimg0354
 写真写り最悪ですが左からカヴェコ、M320、シャレーナ、バーディー、ショート、ラピタの付録、正体不明、そしてキャップレス黒樹脂に同デシモ。どれが合うのかな、といろいろやってみました。何とも思ってなかったのに意外とベストマッチング、というのがオレンヂにM320です。ただし、見た目はバッチリなのですが、吸入式でネジ式キャップというのは実用面では最悪。持ち歩いている内に本体が抜け落ちるかもしれません。

 さすがと思ったのはバーディー。ぴったりとあつらえたように収まります。嵌合式キャップにカートリッヂ式というのも好都合です。キャップレスは素早く抜いてすぐ書ける、のですが、いかんせん大きすぎます。ラピタの付録はクリップが固くてスムーズに挟めませんでした。
Rimg0361
 で、ここまでやってみて、何でそんなに萬年筆にこだわるの、と。いつも持ち歩いてメモを取る、そういう用途には萬年筆よりボールペンでしょう、ということで、プラチナ・ポケットBSL-1000シリーズ。こいつがけっこう合います。同シリーズの2500になると自動で伸びるそうですが、伸びて困ることもあるかも、とこちらを選択。バーディーぐらいのサイズのキャップレスがあれば文句なしですが、当面はボールペンで辛抱。とはいえ、すでになめらかなリフィルはないかと改造の虫が騒ぎはじめているのですが・・・。
Rimg0362

« あれぇ? | トップページ | 小さく見える »

コメント

私の場合、とっさに手帳に書き入れる事が多いのでペンシルを挿しております(タッカウェイのペンシル)、今一番行きたいと思っている場所は神戸、第一にお邪魔したいのは[ル・ボナー]の松本様、次に訪れたいのは[pen and message]の吉宗様、そしてコーヒーをご一緒にすすりたいのは[つきみそう様]や[shen様]。関西はいつも日帰り出張ばかりなので、今度は是非泊まりのお出かけプラスαで行きたいですね。

 夢待ち人 さん

 とっさに、というところが、この手の筆記具の生命線ですね。いつか関西に来られるときはぜひとも一緒にコーヒーブレイクといきたいところです。

 ペントレーディングでお会いしましょう。

私の場合、カラン・ダッシュのベネシアンのボールペンがはさかっていますね。
金色がちょっと派手ですが。。。

 二右衛門半 さん

 ベネシアンのリフィルはいかがですか? 私のは4C互換でいいのに変えてしまおうと思っております。

私もこのカバーは、手に入れたいです!
ル・ボナーさんには、なかなか伺うことが出来ずに今にいたっておりますが、このカバーを買いに行こうかと思っています。

以前、手帳にネジ式キャップの万年筆を装着していましたら、何度となく抜けおち、バッグ内装のピッグスキンを青いシミだらけにしてしまいました。
どのペンが合うのか探すのが楽しそうですね。

キャップレスのマットブラック、お持ちなのですね。
キャップレスを手に入れるなら、コレと思っているのですが、難しそうです。

 聖祥 さん

 実はオレンジよりも黄色のカヴァーの方が、この320にぴったりでした。色を合わせる楽しみにはまるともっと危険ですね。

 吉宗さんは黒マットのキャップレスを挿して使ってらっしゃいますね。ここはもう、元町のお店に行くたびに欲しい欲しいと言い続けることですね。そのうち誰かが放出するでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037691

この記事へのトラックバック一覧です: 黒とオレンヂ:

« あれぇ? | トップページ | 小さく見える »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31