フォト

最近のトラックバック

« 空気が春 | トップページ | ミナミの帝王 »

2009年2月14日 (土)

徳島分室

Rimg0018
 飼い主の帰宅に大喜びの「ちち(仮名)」さん。「くま(仮名)」さんより完璧な「リトラクタブルお耳」であります。こういうのは少し眠たいときの反応で、得意の甘噛みも出ず、ペロペロとうれしそうに舐めてくるので飼い主としても相手をするのが楽なのです。

 今日はWAGNER四国大会。少しでも盛り上がれば、と参加してまいりました。7時半に家を出て10時に到着。21時に徳島駅前を出て23時に帰宅。往復とも、尼崎と徳島の間、同行してくださった方がありましたので、いろいろと興味深い会話が途切れることなく、良い雰囲気での遠征でありました。
Rimg0001
 参加者は10名を超えましたが、地元の方の参加はやや少なめ。関西(近畿)方面から4名、東京から2名(事務局)の参加ですから、「関西地区徳島分室」状態に近くなっておりました。それでも、例によって濃い内容で、約12時間が短く感じられました。

 例会、地方大会としては異例のことかもしれません。お昼過ぎには大半の参加者が会場近くのポッポ街へ。食事のためといいながら、とても強い風を切って到着したのは、その世界では知らぬ者とて無い有名店です。
Rimg0003
 正直、驚きました。出るわ出るわ、店主とお話をすればするほど、珍しいものが出てきます。理性を失わない自信がなければ行ってはいけないお店でしょう。ここには、シェーファーやパーカーなど、古き良きアメリカがあります。この店で、長年探していたものをついに見つけた!という人もおりました。とてもすばらしいお店です。でも、繰り返しになりますが、自制心のない人は行かない方が良いと思います。
Rimg0022
 私は何も求めませんでしたが、来店記念にとボールペンをいただいてしまいました。重ねていいますが、私は何も買っておりませんのに、です。厚かましい限りで、本当にすみません。

 お店にいる間じゅう、ほぇ~などといいながらきょろきょろ。何か見つけては凝視、店主に質問、の繰り返しでした。誠にすみませんでした。これは売れません、というものにばかり興味を示してしまいました。たとえばこの、シェーファー・インペリアルがかたどられた看板。普通の掛け時計ほどの大きさのものです。こういうものが、お店の中にあふれかえっております。
Rimg0010
 以上、徳島へ行ってきました、の報告です。会場ではミニペントレも行われており、実に魅力的なペンがたくさん並んでおりました。出発前から、何を手に入れて帰ってくるつもりなのだ、とあちらこちらで聞かれておりました。私が好きなのは、木、銀、柔。このあたりがヒントになるかと思いますが・・・・・むずかしいですね。

« 空気が春 | トップページ | ミナミの帝王 »

コメント

無事ご帰宅のこと。充実した一日であったようで、羨ましい限りです。

e-WAGNERで会場に探りを入れるべく連絡したのですが、皆さんはアローインターナショナルに出向かれていたとのこと。つながらないわけです。

意味深な結末。「木、銀、柔」。今、一生懸命、先週のPelikan_1931師匠のペントレ用ペンケースの中身を想い出しております。「柔」の一本はボルドー軸のあれかも知れないと思うのですが、「木」「銀」とあるので、違うかも知れません。

解答とともに、詳しい紹介、期待しております。

お疲れさまでした!四国大会は盛況だった様で何よりです!
アローインターナショナルですか!自分は物欲をコントロール出来ないのでゼッタイ近寄ってはいけないお店なんですね?肝に銘じておきます(笑)!


「木」で肥後象嵌のあれかな?って思ったりもするのですが!同じく正解を心待ちにしております!

つきみそう様
先日は、初のコメントありがとうございました。
四国まで遠征されたのですね。お疲れ様でした。
でも、意外と2時間半ほどで行けるものなんですね。。。
徳島からのお土産(?)のご紹介、楽しみにしております。

 Bromfield さん

 なかなか良い攻め方ですね。証券街は手持ちのものによく似た書き味のペンがありましたので早々と対象外に。「柔」のキーワードで師匠のペンケースからまず1本、としましょう。


 たがみ たけし さん

 私もあのお店では危険な状態になりました。さて、「木」はずばり、軸の素材です。


 聖祥 さん

  いつか元町でお会いできるのを楽しみにしております。徳島からのお土産に関して、銀軸好きな私ですが、「銀」は素材の話ではありません。

むーーー・・・わからんっ!!!
楽しみにしていまーす!

 二右衛門半 さん

 現場にいたとかでない限りわからんのがふつうの人。わかったりするとチト危険かも(笑)。

証券街は師匠のペンケースに居残っているとの情報は入手しておりました。もっと、調べておけばよかった。詰めが甘い!!

私が「柔」で覚えているのは「ヘロヘロ」ニブの、あれしか覚えていないのですが、違うとすれば何でしょう。謎が深まるばかり。

「銀」は素材ではない、今日一日楽しめそうな問題です。

 Bromfield さん

 記憶力がすばらしい、といっても、アレはスターですね。ということで、ヘロヘロのあれ、まず一つクリアです。師匠からはこれだけ。あとはミニペントレではなく、徳島へ向かう道すがらGETしました。

あの「ヘロヘロ」ニブ。レビューを期待しております。試し書きをしていると、私は少し「酔った」ような感覚になりました。

「銀」の謎、まだ考えています。

 Bromfield さん

 私は酔いませんでした。PILOTの70周年とか、アウロラの天狗とか、そういう柔らかいペンで違和感を感じたことはなく、むしろ現行ペリカンの紙にコツンとあたるような感触の方が嫌いなのです。

 ペン先が左右にうねる(ひねる)書き方をすると、ペンポイントが
「座礁」します。落ち着いて書家にでもなったつもりで書くのに向いているのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037648

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島分室:

« 空気が春 | トップページ | ミナミの帝王 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31