フォト

最近のトラックバック

« いぬ | トップページ | 節分イヴ »

2009年2月 1日 (日)

トレドの日

Rimg0185
 ケージの中で立ち上がってぴょんぴょん。そうやってケージごと少しずつ移動する「ちち(仮名)」さん。すぐ近くに「くま(仮名)」がいるせいなのでしょうか、この姿勢で排泄するという何とも迷惑な習慣が付いてしまっております。これを是正すべく無視したいところですが、なにせ4ヶ月のパピーなので、排泄したらすぐに抱き上げないと、踏みまくって悲惨なことに・・・。ケージ周辺の新聞紙なんかは、その対策グッズであります。

 これから数ヶ月、毎月1日はトレドの日、ということにさせていただいて、手元に集まってきたトレドさんたちを紹介していく予定です。今月のトレドさんは、他人に頼まれて入手したのになぜか手元にある、という来歴の持ち主です。

 私のビッグトレドを手にしてそのバランスの良さにノックアウトされた知人が、これの小さめのがあれば、と唸ったのをきっかけに探し始めたM700トレド。国内の大手オークションで、機能に問題なし、仕様に伴う小傷程度、箱も何にもなしの現状渡し、という条件で、ピンぼけの暗い写真とともに出品されていたのを知人が発見。旅行中に付きあんたが落としてくれないか・・・ということで落札したものです。
Rimg0189_2
 キャップは彫りでないタイプ。EN刻印のあるFニブ付きです。ガサゴソと品のない書き味に加えてある方向に引っかかりがあるという情けない状態でしたが、神戸元町penandmessage.に持ち込んで調整してもらって一安心。ちょうどお店に居合わせた方が調整済みのペンを手にとって「M250みたいな書き味」と評された通り、軽くてさらりとした書き味です。硬いペン先にほどよいインクフローの組み合わせは、ペン自体の大きさもあって、書類を書いたりメモをとったりするのにうってつけです。

 こんなに良い仕上がりにもかかわらず、依頼主は何かしっくりこない様子。彼は、重いペンはダメだけれど小さいペンもダメ、大きくて軽いペンを求めていたことが判明したのです。ビッグトレドの場合、あまりのバランスの良さに重さを感じなかったのであって、もう少し小さいの、ではなく、このサイズで軽いの、が欲しかったというわけです。

 結局、オレンジ色のデュオフォールドが彼の元に嫁いでいくことになりました。ダイヤ商会のお母さんにいろいろ教えてもらって購入した思い出のペンでしたが、請われていくのなら、ということで。その結果、トレドが残ったのです。

 バーメイル系のトレドには、緑がかった黒、ということで石丸さんに作ってもらった「古黒」というオリジナルインクを入れております。古びた大きな城門、その金属部分の色というイメージです。インクがなじんできたのでしょうか、さりさりとした軽い書き味の中にも、しっとりとした感じが出てきたようにも思います。

 お正月、トレド丑ということで、WAGNER新年会でかなりの時間、キャップを開けて披露しておりましたが、しまう際に書いてみると問題なくインクが出てきました。トレド、とってもいいペンです。新品はなかなかキツいですが中古なら・・・皆さんも1本、いかがですか。
Rimg0192

« いぬ | トップページ | 節分イヴ »

コメント

最近、当方もトレドを入手。こちらの方は、pfのBBニブ付きのものを、pfのFニブに換えて装着しました。が、書き味がどうにもならず、こちらはWAGNERのペンクリへ持ち込みです。

手許にあるトレドで、丑ではなく牛の角(\_/という感じ)がもうすぐ出来そうです。ビッグトレドに痺れてしまい、トレドの深みにはまりそうです。

次のトレドの日、待ち遠しいです。

トレドは素晴らしいとかねがね思っておりますし、先生のペンケースに入ったトレド達を拝見してその風格は目に焼きついておりますしそれだけに私にとってはトレドは特別であり、ある意味目標にもしています。兼ねてからの経営計画の目標売り上げを達成した時にと欲しい気持ちを封印しております。他愛もない事でしょうが、ようやくそれも目前に迫りましたので楽しみにしています。トレドは必ず取れど・・(笑)

 Bromfield さん

 Blog拝見しております。ペリカンの美点はニブを簡単にすげ替えられるところですね。調整さえ決まれば、夢のような書き心地に変身することでしょう。静岡大会に参加できないのが残念ですが、盛り上がりますようお祈り申し上げます。

 次の3月は大の月なので、ビッグトレドです。


 夢待ち人 さん

 すばらしい目標設定ではありませんか・・・。最後のはともかく・・・(笑)。ビッグトレドの方が重厚なのですが、外観からみますと、やはりトレドが特別扱いなんだなぁと思います。つや消しのクリップとか、細い2本のキャップリングとか。

en刻印は珍しいですね。
しかし、あの大量のトレドは本当にすんごい。。。
ため息が出ます。
良いペンなのはよーく承知していますよ。

 二右衛門半 さん

 本当に、トレドがあれだけ集まってきたことに感謝しております。通常の購入なら破産しております。向こうから来てくれたからこそのこの本数なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037635

この記事へのトラックバック一覧です: トレドの日:

« いぬ | トップページ | 節分イヴ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30