フォト

最近のトラックバック

« 花金 | トップページ | 安心 »

2009年1月17日 (土)

見えない動き

Rimg0119
 静かに目を閉じている「ちち(仮名)」さん。ただのお昼寝ですが、こういうシーンを撮れるということは、それだけ大人になってきたということでしょう。顔の部分だけですと、黙祷しているところ、と捏造することもできそうですが・・・。

 あの日は、鉄筋コンクリート造6階建てのマンションの5階にある1室で朝を迎えました。3LDKで60平米という、やや古めの住居でしたので、布団を敷くと部屋はいっぱいで、枕元にはタンスがそびえている、という状態でした。ドスッという鈍い音で目覚めると、隣にあったのは妻の寝顔ではなく木製の救急箱でした。タンスの上に置いてあったものです。寝ぼけた頭で、あぁよかった、救急箱で怪我をしたら笑い話だ・・・などと馬鹿なことを考えていると、「揺れた?」と妻が話しかけてきました。それからはひたすら情報収集。7時近くになるまで、神戸がすごいことになっている、といいう情報はなく、京都市の南部で震度5、というのに驚いていたほどでした。Rimg0125_4

 出勤した頃から、だんだんと状況が明らかになり、時間の経過とともに、生まれてこの方経験したことの無いほどの災害だということがわかってきました。幸い、という言い方は不適切だと思いますが、親戚など近しい人がそちらの方面にいないことに安堵したことを覚えています。

 私が今住んでいる地域も、活断層の巣といわれております。土の下に、見えない動きがある。満員電車で倒れかかってくるおっさんに我慢ができずに、グイッと押し返すのにも似た動きが土の中で起これば、土の上の私たちは倒れてしまうのです。このような駄文を打っている最中にそれが起こらないとも限りません。こんなに呑気にしていられることに感謝せずにはいられません。

 ビルが横倒しになっていたり、阪神高速の高架が落ちていたりした、あの日の風景。今、神戸の街を歩いても、その記憶が確実に薄れてきていることを実感します。いつも、意味も無く急いでいて、グッと押すエレベータの「閉」ボタン。神戸方面にいるときには、ぐるりと見渡してから押すことにしています。神戸の人は、確実に優しくなったと感じています。そして、その中で自分本位に振る舞うことが、とても恥ずかしいことに感じられるのです。「人徳」という言葉から最も遠いところにいる私が、束の間「ちょっとだけいい人」になれる場所。それが神戸(とその周りの地域)なのです。

 さて、記憶にとどめておくべきこの日に紹介するようなペンを、私は持っておりません。せめて、ほかにはあまりないようなペンを紹介して、この日の記憶を忘れがたいものにしておきたいと思います。
 Rimg0126
 シェーファー製、スノーケルのデモンストレータです。2度ほどオークションで見かけて2度とも逃し、東京へ行った折に通りかかったブランドリサイクルのお店で見つけたものです。なんと、吸入機構も生きています。比較のために、ほぼ同じ形のスノーケルを並べてみました。このピンクのスノーケルは、pelikan_1931師匠はじめ、何人かの方のご協力で生き返ったものです。
Rimg0127
 尻軸を回すとペン芯の中から吸入管が繰り出される、そこが最大の特徴ですが、では吸入されたインクはどのようにしてペン先に供給されるのか、とか、単純に、中はどんな仕掛けになっているんだろうとか、謎な部分の多いペンです。軸が透明になっていることで、スノーケル管が繰り出されるときの内部機構の動きを見ることができます。

 デモンストレータにはインクを入れていないので、ピンクのペンでの感想を述べます。重い目、太い目のペンが好みの私ですが、このペンはとてもしっくりと手に収まり、ガチガチに固いけれども当たりの柔らかいペン先は、なめらかすぎず、引っかかりすぎず、とても気持ちよく文字を紡ぎ出してくれます。自分が健康で今日在ることに加え、先人たちがシェーファースノーケルという偉大な発明を遺してくれたことにも感謝したいと思います。
Rimg0128

« 花金 | トップページ | 安心 »

コメント

大学生となって、東京に住みだしてから十数年が経っていました。何かの虫の知らせか、1995年の震災の朝は、いつもよりもずっと早く、朝6時前に起床。テレビを見る習慣がないのにもかかわらず、ニュース番組にチャンネルを合わせていました。

すぐに京都府下にいる両親に電話し、安否を確認したことを覚えています。朝八時くらいまでは、京都や大阪、尼崎界隈に住む友人とも電話で連絡が可能でした。

帰省の時には、私の生まれ育った甲子園の家を見に行きましたが、そこは倒壊を免れていました。が、周囲は昔遊んでいた時のように、空き地となっていました。私が引っ越した後に建った家が倒壊して、更地にされていたとのことです。

私の恩人に久々に会ったことも相俟って、昨日一日は、震災のことを思う日でもあり、昔の記憶を呼び起こす日でした。

 Bromfield さん

 カラスたちが騒ぎ立てていたように、動物には異変というか、危険の接近を予知する能力が備わっているようです。人間も、今の生活の中で弱くなってはいるのでしょうが、そういった能力を持っていて不思議はないでしょうね。寝坊助の私でもすぐに目が覚めたほどでしたから。

わたしもあの日は、地震の起きる1分くらい前になぜか目が覚めてしまいました。
私が神戸が震源であるのを知ったのは午前10時ぐらいになってからでした。
当初はラジオで京都と大阪の境あたりで、と報道していたのを覚えています。
デモンストレーター、先日もオークションで見かけましたが、逃しました。
いつも逃してばかりです

震災で亡くなった多くの方に心から追悼したいと思います。中部もいつかはと言われております、でもあれから14年も過ぎた事が信じられませんね。デモンストレーターいいですね、スノーケルは私にとって久々の刺激を体験させてくれました。先生~!米国でミントのPFMを含めまた4本新たに注文しちゃいました、円高はトヨタと同じぐらい怖い・・(違う意味で)

私は、地震の記憶を持っている最も若い世代ですが、それを大事にして、立場も含め、その記憶を絶やしてはならないと思います。メモリアルパークをはじめとした震災関連の記憶、なんとかして次世代へ伝えたいと思います。

あれから14年。あのころ5歳だった子供は、来年、成人を迎えます。成人を迎えた直後のこの日、20歳になっている私は、一体何を想うのでしょうか。

 二右衛門半 さん

 そうそう、情報は遅かったですね。結局はこの、情報収集の遅れとその後の対応の遅れが村山政権の足を引っ張ることにもなりました。
 今も、動くのと吸入館のないのと1本ずつeBayに出てますね。


 夢待ち人 さん

 非常に感染力の強いシェーファー菌をお持ちのようですから、こんなデモンストレータはお体に悪いですよ。

 先が反っていて吸入機構が変、そんなシェーファーが大好きです。

 

 達哉ん さん

 三つ子の魂・・・といいますからねぇ。震災地域に住んでいらっしゃった方々の心の中には、今でも消えないものがあるのでしょう。
 我々の愛するpenandmessage.でも、震災に関わっての感動的な再会があったではないですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037620

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない動き:

« 花金 | トップページ | 安心 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31