フォト

最近のトラックバック

« ミルク | トップページ | なめる »

2009年1月14日 (水)

おしゃれ

Rimg0089
 念入りに前足のお手入れをする「くま(仮名)」さん。裏白で黒い躰がオレンジのお布団に映えておしゃれです。「まゆ毛」の部分が目のように見えて、寝ているときでも目をつぶっているのかどうかよくわかりません。白と黒で目立ちそうなカラーですが、案外、自然界では理にかなった配色なのかもしれません。

 真っ黒で美人の「くま(仮名)」さんと、真っ白できれいな「ちち(仮名)」さんの飼い主は、おしゃれというものに縁がありません。こういう色が好みとか、このタイプの服が好きとか、あ、この小物、おもしろい、とか、そういうのはあるのですが、コーディネートというものが全くわからないので、結局は地味で目立たないことが最優先です。この季節、月曜から金曜まではドブネズミ色のスリーピースで教壇に立っておりますが、こいつの天敵がチョークの粉。職員室では「よぉっ、ホコリ高き男っ!」といつもほめられております。そんな私が最近手に入れたのが、5000円也の値札も晴れがましいこちらのペンです。
Rimg0104_3
 甘くなってしまいましたが、ブラウンのボディに14金のペン先。セーラーのシャレーナです。最近のものは豪華になっておりますが、この当時のものは実用品らしいたたずまい。握ってみると、少し太めの耳かきでも持ったかのような感じ。つけペン状態で書いてみましたが、見失いそうな小さなペン先にもかかわらずしっかり、しっとしした筆記感です。いたずら心を起こして、Φ3.5のイヤホンジャックにあてがってみましたが、さすがにペン先の「えら」の部分が邪魔になって入りませんでした。逆に言うと、この部分がなければ、すっぽり挿し込めてしまいそうです。

 目下、専用のコンバータとカートリッジインクを手配中ですが、使い途が思い当たりません。まめにメモをとるような人でもないし、こういう細くて華奢なものを持ち歩いていたらすぐに失うか、壊すかしてしまいそうです。結局は見せびらかし専用ということになるのかもしれません。
Rimg0105

« ミルク | トップページ | なめる »

コメント

こんばんはー
専用コンバーターなしで入手されたんですか?
また思い切ったことを(笑)
入手、めんどうですよねー?
ちなみに当方はボールペンは持っていますが万年筆は持っていません。
おもしろそうですなー。
しかしこれだとペン芯の能力にも限界がありますから太字というのはありえないでしょうね。

 二右衛門半 さん

 こいつのコンバーターについては都市伝説(?)が諸説ありますが、大手の文具店やネット上のいくつかのショップでは平気で販売されてますから、むしろカートリッジよりコンバータの方が手に入りやすい印象ですが、どうなりますやら。
 まぁ、こいつを真剣に使い倒そうなんて気にはならないので、飾りでいいんですが・・・。

おはようございます。たがみです!

この写真の後ろの金屏風が六甲ライナーの車内で紛失されたにも関わらず、奇跡の生還を果たしたモノですね!でも写真撮るの難しくないですか?反射してうまくいきそうにない様な気がするのですが……

 たがみ たけし さん

 お察しの通り、反射のコントロールが難しいですが、夜に写真を撮るときにはこの反射がよかったりします。手前の方に、もう1枚の屏風を立てるとレフ板みたいでいい感じです。
 まぁこんな変なもの、ネコババしてもいいことはひとつもないので、帰ってくるとは思ってましたけれど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037617

この記事へのトラックバック一覧です: おしゃれ:

« ミルク | トップページ | なめる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30