フォト

最近のトラックバック

« しはす | トップページ | わたしだって »

2008年12月 2日 (火)

くろうねぇ

R0010402
 食後にゆったりと前足の爪のお手入れをしている「くま(仮名)」さん。柴犬は清潔好きである、といわれておりますが、まだまだ小さな「ちち(仮名)」さんの場合、排泄こそ決まった場所でできるものの、出てしまったものには無関心。踏みつけようが、体に付着しようが知らん顔です。何頭か犬を飼ってきましたが、一緒にお風呂に入ったのは「ちち(仮名)」さんが初めてです。ええ、あまりに汚くなっていて、これは拭き取るだけではちょっと・・・だったものですから。飲食中の方、すみませんでした。R0010412

 さて、今日は本当に何もない1日で、Blogのネタにもこと欠く状態。仕方ないので、愛用(していた)の小銭入れの写真を撮ってみました。ええ具合になっております。鹿革なのでとっても柔らかく、ガバッと大きく開いて中身が一望できます。見えているのは、デンマークのクローネ硬貨。こいつが財布に入っていれば、お金の苦労ねぇ(無ぇ)、ということでしたので戴いたものです。

 銀座にお洒落なお店を構えていながら、こんなくだらない(失礼)駄洒落を機関銃のごとく連射してくる白髪の紳士。そう、北欧の匠の成川さんです。ハンス・オスターのペンケースを購入した際、あまりにすばらしい(くどいっ!)駄洒落に感動して、買ってしまったのがこの小銭入れなのです。成川さん愛用の同じものを見せていただくと、真っ黒に光っておりました。ため息の出る美しさ。

 しかしながら、あまりに柔らかな革でできているために、逆さまになると小銭が自重で「ふた」を押し広げて落ちてしまいます。うっかり逆さまにポケットから出して、あたりに小銭を撒き散らかすこと数度。最近ではぐっと出番が減っております。

 これを見た人はほぼ例外なく(私もそうだったのですが)、目一杯広げてやれば元のようには閉まらないだろう、と格闘すること数分、やっぱりあかんわ、と諦めるのです。こいつは、どれほどぐぐっと広げられても、手を離せば元の通り、すぅ~っと閉じてしまいます。レンズシャッターのような見た目が素敵です。

 さて、この時期といえばテストの採点。PILOT823で、滑らかさを楽しみつつささっと済ませました。823の前に使っていたのが、真っ赤な軸のPILOT製萬年筆。モデル名はわかりません。ペン先が細くて時に解答用紙を破ってしまうこと、そして、コンバータCON-50の棚吊りがひどいことに悩まされておりました。

 「棚吊り」をご存じない方もいらっしゃるでしょう。私も1年ほど前までは意味を知りませんでした。ペン先を下に向けているのに、コンバータの中ではインクが上、すなわちペンのお尻側に寄ってしまっている状態です。ペン芯に貯えられているインクが無くなると筆記不能となり、キャップを締めてペンを振っても、容易にインクがおりてこないのです。

 解決策として、引き出しの中に転がっていた、賞味期限切れのプラチナ製カートリッジを解体して球を採りだし、手持ちのすべてのCON-50に入れております。カタカタ音がするのは気になりますが、これで、棚吊りからも解放されて、ペンを使うのに苦労無ぇ・・・。毎日寒い中、たいへん失礼しました。
R0010413

« しはす | トップページ | わたしだって »

コメント

自分もパイロットの棚つりには困っています。
コンバータにプラチナの玉を入れる方法は前から知っているのですが、如何せんそんなにプラチナのカートリッジを使う事がありませんので、必然的に玉が殆どありません(笑)


それでカートリッジの再利用のスポイト作戦か、純正のカートリッジインクを使うなど、安全策を取っております!

 たがみ たけし さん

 まず、元町に出入りする教育関係者に頼んでおく手。プラチナの採点用ソフトペン、これのカートリッジにも玉が入っています。
 あと、手芸屋さんなどである程度重みのあるビーズなんかを手に入れるという手。WAGNER中部大会でこのお話をしたところ、そうやって調達された方がいらっしゃったようです。
 でも、カートリッジ再利用、これが容量も一番大きくて、一番良い方法ですね。カートリッジは型抜きの関係で内側がつるつるだそうですから。

昔は悩んでいた棚釣りですが、特に何もしていないのに最近は悩むこともなくなりました。パイロットのCON-50に極黒というかなり危険な組み合わせをしているのですが・・・。

 達哉ん さん

 極黒はなんというのでしょう、ぬるぬるした、粘性が高いような、それでいてさらさらのような、不思議な感じです。さすが顔料系と思わせてくれるのは洗浄時で、洗面台の白いボウルに、細かな黒い粒子がいっぱいみえます。そう、緑色になった水槽の水を捨てると最後の方で・・・みたいな感じでしょうか。

今更の書き込みですみません・・・。

棚つりには皆さん悩んでおられるようですね。
私も、LAMYのコンバータにパイロットのインキを入れたときに棚つりが起きて、困ったことがあります。
プラチナのカートリッジに入っている玉は、コンバータの口径によっては入らないことがあるんですよね。

そこで、近所のホームセンターに出向き、工具などのコーナーで3mmのステンレスボールを買ってきたところ、うまくいきました。

100個入りで数百円と値段もお手頃ですし、サイズも選べるので、けっこういい方法ではないかと思います。

ちなみに、現在所有しているペンは、すべて空きカートリッジを使用しています。
その予備として、セーラーの空きカートリッジが手元に山のように余っています(笑)

 セーラーマン さん

 おぉ、その手がありましたか。ホームセンターは本当に宝の山ですね。直径の小さい球を入れる、というのは、棚吊りに悩んでいる人にとって福音ですね。

はじめまして。
私もクローネ仲間です。
成川さんの、くだらないを通りこした完璧な駄洒落の数々。
ひさしぶりに行って同じ駄洒落を聞いたときはリアクションに困りましたが、「苦労ねえ」は気に入ってます。(笑)
日本中に、いまあのクローネは何枚あるのかな。

 通りすがり さん

 いやぁ、ほんとうにあれは、もう芸術の域に達しておりますね。成川さんの人格の一部なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037567

この記事へのトラックバック一覧です: くろうねぇ:

« しはす | トップページ | わたしだって »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30