フォト

最近のトラックバック

« 好日 | トップページ | 暖簾 »

2008年12月 7日 (日)

かくほ

R0010462
 元気がない「くま(仮名)」さん。どうやら、「ちち(仮名)」さんが成長してきたことによるストレスかもしれません。これまでも気をつけてきたつもりなのですが、なにせチビがは手がかかる、すなわち手をかけるわけで、その辺を敏感に感じ取っているのでしょうね。

 おそまきながら、家中みんなで「くま(仮名)!」「くま(仮名)!」とかまいまくり。成長してきておとなしいので、ケージから出して自由に徘徊させておいてもほぼ大丈夫。しばしの間、好きにさせてやりました。このストレスのせいか、足をなめたり噛んだり・・・そのためでしょうか、少し毛が抜けて肌が荒れております。明日はお医者さんに診せないといけません。

 さて、昨日は異例の日中更新をすませて、やっぱり風が強くて寒い! ということで須磨の海を見るのは中止。夙川を通らない電車で六甲アイランドに行って「みせびらかし」です。いつものようにここは何のお店なんだと強い疑問を抱きつつ、店主からはおかしいおかしいと批判されつつ、しっかり珍しいペンも見せていただいて元町へ向かいます。R0010445_2

 ルミナリエ開催中ですので、スタート地点となる元町周辺はクルマの大洪水。何とかたどり着いて、2本ばかり調整していただきました。「どうぞごゆっくり」という店主のお言葉を振り切って、早々に退散。夜の10時を過ぎた頃には、写真のような椅子に座っておりました。

 「新車の匂い」というのがありますが、あれは接着剤その他の匂いだそうで、あんまり体にいいものではないとか。で、この椅子が着いた車はこの4日から営業運転に入ったもので、車内は新車のにおいが充満。とっても快適でありました。

 JRバスのドリーム号の一部には、もともと6席ある1階部分を4席にしたプレミアムシートというヤツが設定されております。バスヲタクとしては一度は乗らねば、と思いつつ、いつも満席。ところがこの4日から、別会社でこれを使った便が設定されたのです。ま、便というより、流行りのツアーバス、しかもピンクの車体なので、あぁちょっと乗るのに覚悟がいるかな、とも思ったのですが、不安を好奇心が押し切った形で初乗車となりました。

 結果は大満足。運行に関わっている方々のご苦労については良く聞きますし、その点で不安もありましたが、運行(運転)や接客その他、まったく文句なし。大阪を出発して名神から東名、浜名湖と海老名(だったと思います)で30分ずつ休憩をとって、TDLの駐車場に定刻の7時40分に到着。夜行バスにありがちな疲労感をまったくといっていいほど感じませんでした。これでぷらっとこだまより少しだけ安く東京へ行けてしまうのですからたまりません。とっても冷たい風の中で撮った1枚。三菱ふそう エアロキングダブルデッカー ハイウェイライナーです。撮影者の背後には、パークのオープンを待つ人、人、人の大洪水であります。
R0010447
 オッサン一人でTDLまで行くとは、相当なネズミマニアと思われそうですが、目的は他のところにあります。この寒い時期、時間を潰すのも楽ではないので、それならと終点までツアーバスに乗ったという次第。新宿駅西口と品川駅前にも停まるのですが、路線バスと違ってどこで降りても同じお値段なので、30分ほど余分に乗って時間調整です。

 バスを降りて、京葉線から埼京線直通のりんかい高速鉄道を乗り継ぎ、着いたところは恵比寿。ここへ9時に来ることが本来の目的、「アホな企て」なのです。萬年筆研究会WAGNERの表例会。私以外にも関西からの参加者がいらっしゃって(知ってましたが)お互い好きでんなぁ、ってなもんです。

 成果は上々、楽しくお話をして、いろんな人を冥府魔道に引っ張り込みました。トレドを買おうかと思っている人にビッグトレドもいいなぁと思わせたのも罪深い行いですね。これは悔い改めなくてはならん、ということで、聖地フルハルターに巡礼し、そのあと教会にも行ってきました。教会で得たものはまずおいて、今日の「アホな企て」の成果を。

 一番下は、飛天(M)に冬将軍を入れて書いたもの。その上は、螺鈿朱鷺(F)に純正の黒インクをいれたものです。私はまともな字を書くことができませんので、妻に代筆してもらいました。筆記角度が立ち気味で、私が書くより「しっかりした」線が出ております(ここ、重要)。

 最上段に髪の毛が写ってます。・・・・・狙ってやったわけではないのです、断じて(笑)。これは書いてある文字の通り。インクは純正の黒。アホな企てですが、確保したペンでかくほそい字、というお話でした。
R0010464

 

« 好日 | トップページ | 暖簾 »

コメント

うわぁ、そんなに細かったんだ! ウルトラ極細20本中の超ウルトラ極細スペシャル5本のうちの一本ですな。

調整師の勘で、この細さでは字は書けまいと、ウルトラ極細スペシャルをパスしたのは失敗かもしれん・・・

ウルトラ極細の15本も必要以上に細いのだがな・・・

お疲れさまでした。「アホな企て」なかなか壮大なものだったのですね〜感服仕りました〜フットワーク軽すぎますよ!


トレドの冥府魔道ですか!アンティークにどっぷりハマりまくっている自分は初期型トレドの冥府魔道ならハマってみたいものです!その時は先生に悪魔の館への水先案内人、お願いします(笑)

 pelikan_1931師匠

 いろいろとお世話になりました。書けないぞっ、ってことでしたので、敢えて筆記体での挑戦・・・ってけっこうすんなり書けるものでした。
 例のデスクペンの経験がものを言う、ってほどでもありません。普通です。
 これは研いだ人が凄い、ってことでしょうね。
 

 たがみ たけし さん

 いろんな興味関心、目的が入り交じっての東下りでありました。初期型トレド、そりゃいいでしょうねぇ。本当の意味での初期型トレド、触らせてもらったことはあるんですが、今日のペンとは違う意味で折れそうで、怖いです。

今日行っといたらよかったですかねぇ…。金欠&友達と会う により行かなかったんですが・・・。行っていると面白そうですね。

20日は忘年会も兼ねているかも?こちらには出席予定です、私が布教した人をともなって・・・・。

 達哉ん さん

 何と22日からそちら方面へ家族旅行。加えて今日、その「下見」に行きましたから(笑)20日は行けそうにありません。まぁそれはそれで、別のくだらない企画もあるにはあるのですが、それ実行してしまうと笑われますね・・・。

あら、恵比寿行きだったんですか。
こっちは毎日仕事なのでダメダメ・・・入手したペンの代金の振り込みも出来ない始末です。
年明けは年明けで忙しい予定。
11日にうちの町のホールで錦織健のコンサートがあるのでそれで一息入れようと思っています。
そのあとはまた日曜も平日も無しの出勤が待っているのですがね。
おかげで松坂屋本店に出かけるヒマがない!!!

私は22日から帰省、25日や新年4日に某万年筆店にちょっと行こうかなと考え中です。来年の神戸大会は強引に帰省する可能性大ですし…。

そう言えば、神出鬼没?のつきみそうさん、彼方此方のブログにも登場なさってますねぇ・・・。

 二右衛門半 さん

 超多忙な中で趣味に時間を割くのは本当に大変ですが、でも、充実した時間ですね。松阪屋本店に何があるのですか?
 大阪に松阪屋があった頃は、冬といえば洋蘭の展示即売会、というのが楽しみでしたが。

 達哉ん さん

 新年4日にはお会いできるかもしれませんね。本年中は23日から26日あたり、家族をTDRに放り込んだら自由行動、ってなことも考えております。
 あっちこっちのぞきに行って、新鮮な感動を覚えておりますよ。人生いつまでも勉強、です。

ビックトレドを布教して頂き、ありがとうございました。
あのあと、新宿伊東屋にてイエロートレドを見てきました。
先立つものがないので、しばらくは見送りです。
オークションをやる選択肢は心情的に(怖くて)ないのですが、店頭品を買うか、ネット通販で安く買うという悪魔の囁きにのるか、考え中です。

貴重かつ高価なPenを体験させて頂き、本当にありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています。

 とんぼ さん

 その節はありがとうございました。ビッグトレド、使い込むほどに良くなっていきます。最近はオークションでも被害に遭う人が増えておりますが、私の場合は、半分業務のようにされている方を相手にするとか、評価の高い人に限定するとか、そういう方法で、今まで幸いにして被害に遭っておりません。少額のものからはじめて、そういうカンを養ってからペンに行く、という手もありますよ。

10-16日は名古屋松坂屋栄本店で日本の職人展です。
石丸氏のインキ工房と長原(幸夫)氏のペンクリ、20本限定の屋久杉万年筆の販売があります。
屋久杉はこないだプラチナのを入手したばかりだしなぁ・・・。

 二右衛門半 さん

 屋久杉と一口に言っても、1本1本表情が違いますから・・・なんて煽ってみます。
 16日までとは残念。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037572

この記事へのトラックバック一覧です: かくほ:

« 好日 | トップページ | 暖簾 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31