フォト

最近のトラックバック

« あしもと | トップページ | すっきり »

2008年12月16日 (火)

ばっちり!

R0010488
 とってもぶさいくなお顔でおやすみの「くま(仮名)」さん。傍らでカッターナイフやらニッパやらをとっかえひっかえ、あぁでもない、こうでもないと難しい顔をしている飼い主に愛想を尽かして寝てしまったのです。

 キーボードがい打ちにくい・・・指の腹にべったりと瞬間接着剤がこびりついております。少し早く退勤できたので、東急ハンズへ寄って(というよりは大回りして)材料を買い込み、ボールペンの改造に励んでおりました。

 工房 楔(せつ)のパトリオットペン。軸に使われている木がとても素敵です。現在、ブライヤーと黒柿を所有しておりますが、残念なのはその書き味。何ということもない普通の油性ボールペンなので、萬年筆を好んで使うような人間には好きになれないのです。早くから、三菱鉛筆のジェットストリームをばらして、そのリフィルを入れるという改造が知られており、私も手を染めておりました。
R0010550
 上から順に、パーカー互換リフィル、カランダッシュのゴリアットリフィル、ジェットストリーム(加工後)、ジェットストリーム(加工前)です。もともと一番上のものが入っているところへ、下のものを入れます。ジェットストリーム赤は、パトリオットペンのブライヤー軸に入れて使用中。重要なのは、リフィルではなく一番安いタイプのボールペンを買うこと。先端部のバネを使う必要があるからです。

 ジェットストリームは、お尻の部分を切ると、インクに続いて封入されている透明な油のようなものがこぼれますが、気にせずパーカータイプと長さを合わせ、バネごと仕込んで一丁あがり、です。とっても簡単で費用対効果が高いのでお薦めです。ジェットストリームにはボール径が3種ありますが、ぬらぬら系がお好きならボール径の大きなものを、滑らかでありながらなおかつかっちりと書きたい、というのであればボール径の小さなものを選ぶと良いかと思います。

 で、あまりに滑らかすぎて面白くないのと、今や誰でもやっていることなので、あえてコストパフォーマンスの悪い改造をしてみたくなりました。カランダッシュのゴリアットカートリッジを入れてみよう、というわけです。R0010551

 パーカータイプより少し短いので、何らかの方法で伸ばしてやる必要があります。ゴリアットカートリッジはお尻に穴があるので、不器用な私は何かを接着しようにもうまくできませんでした。そこで、ごく普通の事務用ボールペンの芯を切ったものをお尻の穴に突っ込んでみました。やや長めに切ったものを突っ込んで動作確認し、少しずつ切り詰めてベストな長さにする、という工程です。ニッパを使うと簡単に切り詰めることができます。

 何度も瞬間接着剤を付けられ、それをカッターナイフで削り落とされて、傷だらけになったゴリアットカートリッジ。お尻から突き出ているのが、名も無き哀れなボールペンの芯です。

 で、ここまで手間をかけて、結局どうなのよ、ということですが、そりゃもう、ばっちりです。ジェットストリームのどこにも引っかかりのない滑らかさも捨てがたいのですが、ゴリアットならではの上品な書き味、これはハマります。細めの軸が多いカランダッシュですが、こういう太い軸にいれてみると、むしろこの方がマッチングがよいのでは? と思えます。

 これで、萬年筆が使えないときも快適な書き味が堪能できるわけです。ちなみに、シェーファーのボールペンでも改造を試みたのですが、そちらは今のところ成功しておりません。シェーファーのリフィルはパーカータイプとほぼ同じ長さなのですが、お尻のところだけ径が細くなっており、ここがネックとなって、ゴリアットが入りません。ならばジェットストリームで、といきたいところですが、こちらは先端部の太さがネックです。多色版に使われている細いリフィルを試してみようかと思っております。いや、改造って本当に楽しいです。ゴリアットを使ったので高くつきましたが、ジェットストリームだと本当に安くて効果大。是非(自己責任で)お試しください。
R0010553

« あしもと | トップページ | すっきり »

コメント

ゴリアスをいじられたんですか?
あの高価なカートリッジをいじるとは豪儀ですねぇ。
でも、確かに書き味はいい。
ジェットストリームもいいですが、こちらはカランダッシュのベネシアンでがんばっています。
サイト立ち上げて運用していますが、つきみそうさんのサイトをリンクにあげています、よろしいでしょうか?

 二右衛門半 さん

 是非お願いします。サイト教えてくださいませ。

 ゴリアット、いじったといってもまぁ外だけなので・・・。あとは、お尻の穴、これが何か機能を果たしていたとすると、ドボドボ入れた瞬間接着剤が気になりますが、今までボールペン使い切ったことがないので、まぁ大丈夫かと。

基本改造のご紹介ですね。私、学校では「文房具といえば達哉ん」なので、改造等も頼まれることがありますが、未だジェットストリームをパトリオットペンに入れる改造を頼まれたことはありません。地理的に当然か・・・。

 達哉ん さん

 何かしようと思ったとき、まずネットで情報収集。今までそれで何度助けられてきたか、と考えると、自分の持っている情報jは出さずにはおれません。相互扶助の精神ですね。

つきみそうさん、名前のところをクリックしたらポップアップしてでてくるようになっております。
試してみてください。
上記の改造、口金部分はいじらないんですな。
そのあたりをいじるひともウェブを漁ると結構いますよねー?

 二右衛門半 さん

 ありがとうございます。早速当方からもリンクさせていただくとともに、一気読みさせていただきました。

 口金のところ、ガタガタする場合はいじる値打ちありですが、私の場合、購入時にがたついたら口金を変えてもらいますので、今のところいじったことはありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65037581

この記事へのトラックバック一覧です: ばっちり!:

« あしもと | トップページ | すっきり »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31