2020年1月12日 (日)

虚しさ

20200125-112555

 ぱたん、と倒れてそれっきり熟睡の「ちち(仮名)」さん。飼い主が帰ってくるとしっぽをちぎれんばかりに振ってお出迎えしてくれるのですけれど、ここのところは毎晩遅くに帰ってくるので、待ちきれずにケージに入ってしまっていることも少なくありませんでした。

 時間外勤務を月に45時間、年間で360時間以内に抑えなさい、というお達し、実に結構なことと思います。民間企業であれば、このラインを守っていない場合には立ち入り調査やら罰則などもあるとのこと。しかし、私たちの業界ではそれは不可能な数字と思えます。朝、わが子が学校に行こうというときに、どうも顔が赤いと思ったら熱がある、そうなると、保護者としては学校に「休みます」と連絡を入れますね。そういう連絡は7時半ごろから入り始めます。教員の勤務時間は7時間45分。私の職場では8時25分から16時55分までですが、さて、7時半に担任の先生を名指しで呼び出す電話がかかってきたらどうするか。まだ出勤していません、と答えるとトラブルになりがちです。

 中学生の部活動は、日の長い時期ですと午後6時ごろまでやりますので、そこから帰宅した生徒が自宅につくのは6時半ごろ。これを過ぎて家に帰らない場合、心配した保護者が学校に問い合わせの電話をかけてきます。当然のことですが、さて、だれが電話をとるのでしょう。

20200121-231612

 深夜、日付が変わってから車に乗り込むと、窓ガラスが凍っていました。教員の場合、月に8時間は時間外労働があるという前提で、給料の4パーセントが手当てとして上乗せされ、その代わり、残業代は一切つきません。月に8時間。まず無理な数字ですね。

 で、解決策は実に簡単なことで、学校に警備員さんを雇うのです。就業時間外の電話の応対をお願いすれば、先生も保護者も安心です。実際に留守番電話を導入する学校も増えてきていますが、いまだに夜中の10時11時に職員室の電話が鳴る実態を考えると、世間の人は教員も交代制勤務で、早番、遅番があるのだろうと考えているようにも思われます。児童生徒を預かっている施設なので、時間外だから知りません、というのもなかなか言いにくいところ。要するに、学校単独の努力ではどうしようもなく、行政も含めて考えて制度設計してくれなければ無理なのです。朝で1時間、夕方で1時間は確実に時間外労働しなければ絶対に回らない職場に、月45時間を超える時間外勤務は禁止、なんてことを言ってくるのは、頭がいかれているとしか思えません。日本中の先生という先生がみんな病院送りにならない限り、だれも真剣に考えないのでしょう。そしてそれは、一見規制を守っているように見えてサービス残業を敷いている民間企業とて同じこと。働く人はみな、自分の命と家族の生活、それを第一に考えるべきでしょう。

2020年1月11日 (土)

希少本

20200120-001048

 眠っている「父(仮名)」さん。こんな風にしっかりと目をつぶっている彼女を撮るのは結構難しいのです。何か感じるらしく、カメラを向けたとたんに薄目を開けてしまうからなのですが、このときは熟睡していたようで、撮影時のシャッター音にも反応しませんでした。

 年明けのこの時期は、いつもの月初めよりも忙しく感じられます。その月の様々な報告などは翌月の5日までに提出、というパターンが多いのですが、12月分の報告はそういうわけにもいかず、1月10日過ぎまでに提出、となります。結果として、新年早々大車輪で片付けなければならない書類仕事がたくさん出てくるのです。本来なら年末に済ませておきたいところなのですが、その基礎となる書類を出してくれない先生が少なからずいるので、そういう風には進まないのです。教員の働き方改革は、まず、意識を改めるところから。そうでなければ、全員死ぬでしょう。

20200126-232431

 で、忙しい中、適当に仕事をきれい上げて帰宅すると、こちらの希少本が届いておりました。40台に入ったこのお三方が、文化としての萬年筆を守らなければならない、という志を立てて活動に入られたあたりのことを知ることができる、格好の史料です。

 自分は40台に入った頃何をしていたのか、と考えると、あぁ、情けないことに、実にだらだらとした暮らしぶりであったことばかりが思い出されます。市内有数の荒れた学校に赴任して、教員として今のところ最後の学級担任を持っていた、それが40歳かそこらのことでした。周りの人たちは荒れた学校で大変だねぇ、と言ってくれたのですけれど、実は、荒れた学校に勤めるのはある意味楽なことでもあるのです。

20200118-112011

 落ち着いた学校に勤めていると、そう、しっかりと授業をする必要があります。それ自体は荒れた学校においても同じことなのですが、荒れている学校では授業の内容や質よりもまず、教室に生徒を入れる、教室から逃がさない、ということが大切になってきます。さらには、まじめに学習しようとしている生徒を守るために、学校内の安寧秩序を守る、ということも大切です。で、それらは肉体的、精神的にきついことではあるのですけれど、質の高い授業を毎時間続ける、ということよりは楽な側面もあるのです。

 この本で、お三方の活躍を読ませていただいて、あぁ、自分の40台なんて実にくだらない、惰性ばっかりの毎日だったのだなぁ、ということが改めて思い出されたことでした。

20200126-232439

2020年1月10日 (金)

営業

20191230-000845

 肉球が実にチャーミングな「ちち(仮名)」さん。我が家のワンコたちは、基本的にあちこち触られるのは好まないように思います。それでも歳月をともにするにつれて次第に変化してきて、いまではぺったりと飼い主にくっついてきて、「撫でて」と前脚で腕を引っ張る、なんてこともするようになりました。肉球なんかをぷにぷにしても、それほど神経質に怒るわけでもありません。

 本日は人手不足のため、中学3年生所属の先生方に代わって営業活動に出かけておりました。私立高校を受験したい、という生徒のために、入試の難易度やら何やら、細かなことについての情報収集をするために先方へお邪魔する、というもので、この時期、どこの中学校の先生方も着慣れないスーツを着てあちこちの私立高校を訪問しているはずです。

20200108-235447

 その高校に絶対入学したい、なんていう生徒がいる場合は、人物的に優れているので推薦入試が受けられないか、なんていう交渉をしたりもします。そこまでやっても、誰に感謝されるわけでもないのですが、やらなければ何か心配、というので続いている習慣です。

 はたして、中学校はどこまで入試の面倒を見るのが良いのか、最近はいろいろと考えます。かつては中学校の要員が願書の書き方を指導し、書き上がった願書を点検して、校長印をおして持って行かせる、という形でしたけれど、最近はWeb出願が主流となっていますので、結局は本人と保護者が責任を持って出願書類を整えてください、と言うしかありません。

20200108-235444

 あちこちの私立高校を回り、情報収集を終えると、お土産を買って職場に戻ります。本日のお土産は動物の形をしたマシュマロ。職員室で皆さんお好きな動物をお選びください、とすすめて、最後まで残ったのは茶色いクマでした。可愛らしさが足りないのかも知れません。

 で、実際の入試は節分を過ぎた頃。昨今は少子化が進んだせいもあって、私立高校受験者の合格率はどんどん上がっています。で、本命は公立高校で私立はいわゆる「滑り止め」という生徒が、私立に受かって「私は出来る!」と勘違いをして、2月3月とけしからん態度で中学校の授業を受けた挙句に公立高校の入試に失敗する、というケースが増えています。

 少なくとも私の勤務する県では、内申書に生徒を悪く書くような、そういう記入欄がそもそもありません。実力から見て通るはずなのに落ちてしまう、っていう生徒は、結局のところ、私立に受かってのぼせ上り、いい加減な学校生活を送った結果、効率の入試前に実力を落としてしまう、ということが多いのです。皆さんの身近に高校受験を控えている人がいたら、アドバイスしてあげてくださいね。

2020年1月 9日 (木)

年輪

20200119-233044

 おとなしく寝ていただけなのに、いたずら好きな家族によってクッションを被せられ、ブランケットで巻かれてしまった「ちち(仮名)」さん。その後寝返りを打つタイミングで巻き付けられたブランケットが少しはだけてこんな感じになりました。部屋の中は暖房が効いていて、しかも毛皮に覆われているのですから、こんな状態で寝ていると暑くて起きてしまうのじゃないかと思いますが、それで起きないのが彼女らしいところです。

20200126-231913

 ええっとこれは、ペリカンの500トートイスでしたっけ。最近までカタログに載っていたモデルは長く使っている内にキャップと尾栓の金色が違う色になりそうな感じでしたけれど、こちらは旧いモデルなので同じようにすすけています。

 金色の筆記具、自分が使うと滑稽でしか無いと思っているので、あくまでもコレクション。そう思っていたのですけれど、気がつけば還暦も見えてきたおじいさんなので、見た目に限って言えば、こういうペンを使っていても違和感がないかも知れません。けれど、そこから紡ぎ出される文字を見られたら・・・。体は爺さん、文字は子ども(小学生以下)という情けない状態に言葉もありません。

20200126-231925

 こういう旧い萬年筆こそ、日常的に使ってやらないと痛むのではと思いますが、体の使い方が下手くそな私のこと、スーツの内ポケットにこのペンを挿しておいたら、いつの間にかキャップが外れて、スーツの中はインクまみれ、ペン先は引っかかってぐにゃり、なんてことになるのが目に見えています。なので、最近はもっぱらキャップレスばかりを持ち歩いているのです。

 それにしても、旧いペンは良いですね。現行品はどれも、かっちりしすぎていて、実用品としては最高ですけれど趣味の対象としては胴なのかな、という感じがします。こんなペンを握って、読める文字をゆったりとしたためる、そんな爺さんになりたいものです。

20200126-231947

2020年1月 8日 (水)

競り合い

20200126-140934

 丸くなって寝ていたのに、ふにゃぁあと猫のような声を上げたかと思ったら展開してしまった「ちち(仮名)」さん。飼い主も寝転がって録りためた海外ドラマなんぞを見ていたのですけれど、前脚の感じが面白かったのでパシャリ。カメラが大嫌いな彼女ですけれど、熟睡しているときに撮られてしまうと防ぐ手立てはありません。

20200126-232106

 お正月休みに捜索していて見つけたペンケースから出てきたボルギニの萬年筆。木軸で、住友林業の何周年だかの記念品として関係先に配られたもののようです。キャップリングにしっかりと住友林業の名前が入れられています。

 ペン先は鉄ですし、カートリッヂ/コンヴァータの両用式。機構的にはマニアックな魅力は無いのですけれど、軸が美しいというのがすべてでしょう。かつては某巨大オークションにもよく出ておりました。

20200126-232121

 鉄ペンですし、所有者にとっては元値がただというペンですから、けっこう安い値段で出品されていて、それならと入札したのですが、ほかにも狙っている人がいて、どんどん値段がつり上がっていき、結局、落札には至りませんでした。

20200126-232144

 で、後日、WAGNERの会合に参加したときに、このペンを落札した人に出会いました。いや、珍しいことではありません。こんなペン、ほかには絶対誰も欲しがらないだろう、と思っていたのに、どんどん値段がつり上がっていって、誰や、こんなモン欲しがるのは、と思っていたら二右衛門マスターだった、なんてこともありました。競っている相手が知り合いとわかっていたなら、そこまで吊り上げなかったのに、と残念に思ったことでした。

20200126-232035

 その後、同じペンが出品されていたものを見つけて、競り合ったときとは比べものにならないような安価で落札することが出来ました。インクを入れて使っていた記憶は無いのですが、久しぶりに見ると焼けまくっていますし、インクも付いているような気がします。お掃除が必要ですね。

2020年1月 7日 (火)

金銀

20200113-112520

 やはり寝るには枕が必要な「ちち(仮名)」さん。彼女が寝やすいようにと、こたつ布団の裾を引っ張って平らにしておいたのですが、何度か試行錯誤を繰り返して、このように枕になる部分をこしらえて落ち着いたようです。手近に枕がなさそうなとき、もし飼い主が寝転がっていたりすると、その腕やら太ももやら、適当なところを枕にして寝てくれるので、動けなくなって大変に難儀をします。

 一応公務員の端くれですので、年末年始は3日間ずつ、6日間のお休みがいただけます。そこに土曜日曜が上手くつながって、12月28日から1月5日まで9連休。体も脳みそもとろけてしまいましたし、せっかくケトジェニックな体作りをしてきたのに糖質の取り過ぎであちこち痒くなって難渋しました。また、初心に戻ってやり直しです。

20200126-231715

 年の初めですので、おめでたく金銀の萬年筆を。ペリカンのM750とM760です。一応、限定品ということになってはいるようですが、実際にはどうだったのでしょう。ペリカンといえば樹脂軸、という感じですが、手持ちのペリカンの萬年筆は金属軸のものの方が多いような気がします。

 萬年筆の蒐集というもの、ある時期にはしゃかりきになるものですが、やがてそれも落ち着いて、欲しいペンがない、なんて時期も来ます。そしてこの2本は、けっこう一生懸命に集めていた時代に手に入れたものかと思います。現在はインクを入れていません。

20200126-231737

 自分にはM800系統があうように感じていまして、M400とかM600あたりの大きさのものは今ひとつな感じがします。そういうこともあって、これらは一時期インクを入れたものの、常用するまでに至りませんでした。これからもおそらくそうでしょう。

 やはり、人間の手は2本まで。左右同時に萬年筆を握って書く、なんてことも出来ませんから、何本持っていても結局使うのは数本です。実用品なのに、コレクションしてしまう。文房具の中でも、筆記具っていうのはそういう傾向が強いように思います。

2020年1月 6日 (月)

参考館

20200111-104117

 こたつふとんの上に陣取って「私の場所なのよ」と主張する「ちち(仮名)」さん。全身毛皮で覆われているくせに、ふわふわで肌触りの良い場所を選んで寝る傾向が強いのです。そうかと思えば、冷たいフローリングの上に寝そべっていることもあったりします。何となく寒いな、というときは布団の上に寝て、ちょっと熱いなと感じたらフローリングへ、ということなのでしょうか。

 奈良県でいろんな「検定」が行われるときに、試験会場としてよく使われるのが天理大学。けれど、これがけっこう難儀な場所なのです。天理駅から出るバスというのが実に貧弱なもので、市内各所を便利に結んでいるようなバスは、毎月26日、天理教の月次祭の日を除くと実質的に走っていない状況です。長女が奈良まほろばソムリエ検定を受ける、というので、長女の車で天理大学まで送っていって、近隣のコインパーキングに車を駐めて親父は電車で帰宅、という計画を立てました。

20200112-101820

 で、無事に長女を送り届けた後、せっかくですので天理大学前にある天理参考館に寄ってみました。入り口を入ると古代南米の文化の遺物が出迎えてくれます(もちろん複製です)。

 ここは定期的に鉄道関係の企画展をやるのですが、この時期は通常展示のみ。世界各地に天理教を広めていこうとするからには、世界各地の文化や歴史についても知らなければならないので、資料を収集し、研究するのだ、というコンセプトの博物館で、なかなか面白いのです。

20200112-100636

 アメリカに渡った信徒が住んでいた住宅を復元したもの。こうして世界中に天理の教えを広めるべく努力してきたんですよ、という展示ですけれど、そういう、天理教を前面に押し出した展示は一部であって、広く世界各地の民俗資料を収集、展示しているので、特に興味を持っていない人でも楽しめるのではないかと思います。

 問題はやはり、天理駅からのアクセスでしょうか。土地勘があればぶらぶらと歩いて気がついたら到着していた、という感じなのですけれど、そうでなければなかなか難しいかもしれません。けれど、もし奈良に来られることがありましたら、天理の街もご覧になると面白いかと思います。

20200112-100810

 で、駐車場を見つけて車を駐めたお父さんは、その場所を娘にメールしてから天理駅までぶらぶら。そして、あろうことか、駅に着いた時点で一番早く乗れる電車がそれだった、というだけの理由で、JRの和歌山行きに乗車。そのまま阪和線を経由して天王寺から関西本線に乗り、奈良まで帰って参りました。ちなみに天理駅からなら駅まで、素直に電車に乗ればわずか4駅の所を、半日以上かけて電車に揺られるという、実に酔狂なことをしてしまいました。で、最後に近鉄奈良駅までやってきて、駅前の整骨院の看板に何かを感じてパシャリ。お休みの日はやっぱりのんびりしませんと、ね。

20200112-170920_0000

2020年1月 5日 (日)

更新なし

20200102-031519

 家族みんなで家を空けていて帰ってくると、つまらなさそうにこうして寝ていた「ちち(仮名)」さん。ワンコは手足で布団を掴んで引き寄せることは出来ませんから、床に置いてあるクッションの下に自らうりうりうりっと潜り込まないとこうはなりません。

 家族でお出かけ、っていうのは、子どもたちが大きくなってくると相当に難しくなってきています。それぞれが学業や仕事などで予定を持っていますから、それをすりあわせて同じ時間を空けるというのは簡単ではありませんが、今年も何とか、家族揃って初詣に出かけることができました。

20200103-135034

 初詣と言えばこの人の書ですが、小学生の書き初めのほうがよっぽど整ってるよ、というレヴェルだったところからこの字にグレードアップして数年、変化がありません。思うにあのときはあまりに破壊力の高いあの文字を放置しておくことが出来ず、即座に掛け替えたのでしょう。

 お伊勢さん周辺でも、大音量の中国語があちこちで聞かれました。まだ土地の買い占めまでは進んでないのでしょうが、観光客、あるいは観光客を装った日本制圧のための下見は各地で怠りなく進められているようです。東京でも、銀座あたりはすでに陥落してしまっているのではないかという印象を持ちます。私は超有名なお人形さんと同じ名前の精神科医みたいに中国語の勉強なんてしてませんから、日本が制圧されたら真っ先にウィグルやチベットの人たちと同じ運命をたどるのでしょうね。そうならないように、もしなるのなら手にかけられる前に消えてしまうように、というのが、今年のお願い事でした。実に哀しい初詣です。

20200103-135622

2020年1月 4日 (土)

まーすやー

20200111-224901

 見事自分のものにしたブランケットをお気に入りの形に成形してこしらえた「巣」に収まる「ちち(仮名)」さん。カレンダーの並びのおかげもあって、今年のお正月は9連休。体がお雑煮の餅みたいにとろけてしまいそうです。

 もうすでに1週間近く前のことになりますが、昨年末の年末大バーゲンは、例年以上に「売り買い」に特化した感じでした。私などは毎年買い物もせず、久方ぶりにお顔を見る方々にやぁやぁとご挨拶をしてあれこれ世間話、そしてまた来年、なんてことばかりなのですが、今年は皆さん、けっこう一生懸命に売り買いされていたように思います。なので、年末大バーゲンの会場をちょこっと抜け出して、麻布十番まで行ってきました。

20200103-210139

 なぜ麻布十番か、というと、そこにこんなお店があるからです。十番神社の真向かい、東京らしいおしゃれな構えのお店です。かつては大阪にもあったのですけれど、今はありません。沖縄へは修学旅行の引率を中心に十数回行きましたが、その都度、国際通りのお店に立ち寄ってはあれこれと珍しい塩をみて買い込んで、ということを繰り返してきました。東京へ来ている以上、寄らないわけには行きません。両国からですと東京ソラマチの方が近いのですけれど、あえて遠い方の麻布十番店へ。そちらの方が品数が多そうな感じだったからです。

 ちょっとしたことで手足が「つる」私、マグネシウム不足は明らかなので、調理用には「雪塩」を使っています。まずは雪塩を買うこと、そして何か珍しいものでもあればついでに、という訳です。

20200103-210311

 雪塩は良いのですけれど、そのあまりの「雪」っぷりが帰って使いにくい面もありますので、あえて水分を加えて大きな粒に固めましたという顆粒タイプを購入。お正月のお粥なんぞに振りかけて食べるのにも良さそうです。もちろん普段は、安くて脂がたっぷりの豚バラ肉を買ってきてしゃぶしゃぶにし、それに振りかけて食べるのに使います。

20200103-210235

 同じように「塩屋」の実店舗が大阪から撤退したことを嘆いている同僚がいますので、お土産にちょっと変な塩。もちろん自分用にも購入しましたので、これまたお肉を焼いて食べるときの調味料として使おうと思います。

 年末年始は糖質まみれですが、何とかやり過ごして、その後は再び仕切り直して断糖高脂質食、です。

2020年1月 3日 (金)

失われる習俗

20200101-1828431

 長女の膝の上に抱きかかえられてどうすることも出来ない「ちち(仮名)」さん。飼い主に向かって「助けて」という視線を送ってきましたが、飼い主は「おもろい」と写真を撮るばかりで何もしてくれません。

 柴犬の「シバ」とは「小さい」という意味である、とも言われます。亡くなった「くま(仮名)」さんは柴犬としては標準、もしくはやや小ぶりといったサイズ感でした。写真の白いワンコは、雄の柴犬でもこの大きさはそういません、というほどの大きさ。よく食べてよく寝る子ですからここまで大きく育ったのでしょう。

20200117-170112

 さるSNSの記事で「割り箸を繰り返し使用するなんて信じられない!」という趣旨の記事を見かけました。夫の実家ではお正月に各人が使った割り箸を洗ってまたお膳に出す、それが生理的に受け付けられない、というお話でした。それ、割り箸じゃなくて延寿箸でしょ。ぬってない木のお箸は割っても割らなくても割り箸なのかっ! とツッコみたいところですが、ものを知らなくても衛生意識はしっかりしてますね。

 私の実家では、家族各人の延寿箸の袋に名前を書き入れて、食事が済んだらお湯などでさささっとすすいだ自分の箸を袋に収めて再利用、というお正月でした。そのなごりで、我が家でも元旦には私が家族の名前を書くのです。もちろん、良い萬年筆を使います。

20200117-070145

 お正月が終わったら、延寿箸はどうなるのか。そう遠くないタイミングで、二つに折ってゴミ箱行きです。もちろん、折って捨てるのは私。白木のお箸ですし、あまり長いこと使っているとカビが生えます。そもそも、カビが生えたのを見てしまうってことは、それ以前にお箸が相当やばいことになっているということでありますから。

 この延寿箸、昔は我が家の氏神様から送られてきたものを使っておりましたが、最近はお参りをしていないので近所で買ったものを使っております。お正月のお箸のため、というわけではありませんけれど、氏神様にもしっかりとお参りに行かなければなりませんね。

2020年1月 2日 (木)

20200109-201358

 大嫌いなかぶり物を被らされているのに、気づくこともなく眠り続ける「ちち(仮名)}さん。長女の仕業ですが、長女相手ではどうにもならんと諦めているところがあるようで、何をされてもなすがまま、きゅうりがぱぱなワンコになってしまいます。

 お正月は大晦日の晩から大つごもりどころか大こたつむり。あまりに長い時間こたつの中で寝て過ごしすぎたのでお尻の肉が痛いほどです。このままこたつ生活を続けていたら、遠からずお尻に床ずれが出来るのではないかと思います。80キロ近い体重が70キロ近くまで落ちましたが、自分に甘い性格が災いしてそこからはなかなか進みません。5着ばかりある仕事着のスーツはどれもあちこちすり切れたりボタンが外れかけていたりとみすぼらしいを通り越してひどい状況になっていて、「あなたのスーツをクリーニング屋に持って行くのは恥ずかしいから嫌です!」と妻にも宣言されてしまいましたので、なんとかBMI22(現状は25)まで痩せて安物のスーツを買おうと思います。

20200118-111325

 正月2日の稀代の悪習、干支トレド。今年はあまりにシンプルな字形ですので、誰がやっても同じような感じでしょう。トレドは700が2本、900が1本です。銀色の710や910を使うことも考えましたが、「銀鼠」っていうぐらいですからあまりにも直球過ぎます。お正月ですのでくすんだ金色というのがおめでたくてよろしいですね。

 さて、ルータの調子が悪いのですが、レンタルものなので正月休みが明けるまで手も足も出ません。ルータもまた、今はどれを買うにも半端な時期という感じがします。今年は身の周りのさまざまなことやものを刷新していかなければならない、面倒な年になりそうです。

2020年1月 1日 (水)

12回目

20200101-002532

 明けましておめでとうございます。Blog上でこのご挨拶をするのも12回目となりました。干支のかぶり物でご機嫌を伺う「ちち(仮名)」さんも、12歳という高齢犬ですし、私以外の家族は皆、この子がいなくなったら猫じゃ猫じゃと盛り上がっておりますので、私としては1日でも長く元気でいてくれと祈るよりほかありません。

 そんな私も、父と母の逝った年齢を足して2で割った歳まであと5年。静岡県の嫌がらせをはねのけて予定通りにリニアが開通したとしても乗ることは叶わないという寂しい未来が予想されております。それと、経験上、5年も6年も同じ所に勤務した教頭先生というものを知りませんので、この春には定年までの最後の異動が確実にやってくるでしょう。4年も教頭のインターンさせてやったんだからそろそろホンマもんの教頭として独り立ちしなさい、ということで、山の中の小さな小学校に飛ばされるのはほぼ確実です。人が足らないのが理由とは言え、私のような無能力な人間に教頭職を任せた教育委員会の肝っ玉には敬意を表するべきでしょう。

20200101-002623

 相変わらずかぶり物は好きでない彼女。写真からも想像されるように、カメラを構える人の隣におやつを持ってホレホレしている人がいるのです。高齢ながら、相変わらず食欲は旺盛で、飼い主が断糖高脂質な食事をこしらえるために台所に立つと、ずっと足下で忠犬座りをして待つとともに、出来た食事のお相伴を強く強く求めてくるのです。

 実際、ワンコに牛脂などを与えたら健康に痩せた、という話もあるのですけれど、我が家では禁止されていますので、彼女は牛脂のおいしさを知りません。かわいそうですが、仕方ありません。

 で、飼い主の今年の目標は、痩身、減量、そして倹約。萬年筆は・・・買わないでしょう、いっぱい持ってますから。

2019年12月31日 (火)

場の理論

20200104-123804

 落ち着かないので自宅に戻ったものの、扉を閉められては困るからと半身を乗り出している「ちち(仮名)」さん。一体何がしたいねん、と皆に突っ込まれながらも、本人(犬)は以外とこの態勢が気に入ったようで、ふと気がつけばこうしているのを見かけるようになりました。

 ワンコの学習能力というのはたいしたもので、冬場のお出かけ、人間は必ず上着を羽織るというのをよく知っていて、そういう姿を見ると自分でケージに入るのです。「お留守番」と声をかけてケージに入ったらおやつを与える、ということを繰り返した結果だそうです。そういう躾ならいくらでも受け入れられるというのに、老婆と言うべきこの歳になっても未だにご飯の用意をしている妻にきゃんきゃん鳴くというのは治りません。

20200103-205843_0000

 これといって何も買わないのに、なぜ新幹線にのってまで東京の年末大バーゲンに参加するのか、自分なりに考えてみますと、師匠が常日頃書かれている「WAGNERは場である」ということに深く関係しているように思います。

 写真は「世界の車窓から」のカレンダー。普通であれば縁もゆかりもないはずの方から毎年頂戴しているもので、ありがたいことに今年もいただいてしまいました。会場に到着したときには傘しか持っていなかったのに、会場を後にするときにはいくつも袋をぶら下げていて、まさしくわらしべ長者ですな、などと言われますけれど、私、元になるワラ一本持って行ったことがありません。誠に申し訳なく、ありがたいことでございます。で、こういう人間関係、それが「場」なのかな、と。まぁWAGNERにしてもY.Y.Pen倶楽部にしても、カリスマ的な人が立ち上げたもので、いずれ消滅するでしょう。でも、それはそれでいいと思います。そのときに、また別の「場」があれば、それで萬年筆趣味の人たちは楽しく生きていけるはずですから。

20200103-210002

 こちらも同じく、じゃんけん大会の景品にでも、といただいて帰ってきたもの。神戸か名古屋か、はたまた岡山か。私が出没する大会はそのあたりですし、それ以外の所ではじゃんけん大会もありませんね。今年はじゃんけん大会の景品にもより一層力を入れていきたいと思います。

 さまざまな状況に置かれている人たちが、萬年筆やインクという共通の「趣味」だけで一カ所に集まってああだこうだと話し込む。そこにはもちろん、主義主張の違う人も混じっていますから、あれ、自分とは合わんなぁ、と思うこともあるわけです。でも「場」ですから、嫌なら離脱すればいいだけのことです。そういう、ゆるーく、そして一面では強固につながっている、そういうのを楽しめないと、趣味とは言えないんじゃないかなぁ、と思います。必死に趣味しちゃ、だめですよね。

2019年12月30日 (月)

何のために?

159afdf79787490cb85f3a50917342ec

 しっかりと寝床をこしらえて眠る「ちち(仮名)」さん。年の瀬で忙しいはずの1日ですが、今日は来客があり、そのせいでおやつをたくさんもらうことができたので、彼女にとってはなかなか素晴らしい1日だったそうです。

Aa1da5afad9e46158e4b21eb6b4ad3c7

 飼い主は早朝から起き出して新幹線でこんなところへ。本来であれば青春18きっぷ使用でおやつの時間ぐらいに到着するところですが、今年は9時半ごろには東京駅に到着。先にお土産を買い込んでコインロッカーに入れ、そこから両国へ向かっても、まだ新規の人は入れないという時間でした。安く新幹線に乗ろうという切符を買うとこういうことになります。

36a9d4937b5648cfa23dc867ecfb945f

 今年はここ数年で最も「バーゲン」の名にふさわしい雰囲気だったと感じます。などと言いながら、私は鉛筆一本買うことなく会場を後にしました。夜はお決まりの焼肉宴会。結局はこの一年、お世話になったりご無沙汰していたりの方々にやぁやぁとご挨拶をして宴会してとんぼ返り、というパターン。行かなくても良さそうなものですが、なぜか行こうという気になってしまうところがヘンタイです。ちなみに、せっかく用意していただいた「半島」にも、自ら命名した「ランゲルハンス島」にも座ることなく会場を後にしたのは内緒です。帰宅して驚いたのは、最近のガスコンロって電源ボタンがあるのね、ってことでした。 

Fbb07d03ce33491c884a6985cc8eb014

2019年12月29日 (日)

拗ねた?

2a9e863cb7174a31b54364b0f168e920

 ふと気づけばそこにいる「ちち(仮名)」さん。寝ている飼い主に脚を踏ん張るようにして、わたしはここよ、とアピールしています。仕方がないので頭を撫で撫でしてやると、目を閉じて眠ります。たいへんな甘えん坊です。

7333f3b0019e49ce8be0a6d81bae7d2a

 この20年ほど、我が家の食を支えてくれたガスレンジ。さすがに寄る年波には勝てず、最近は火がつかなかったり、電子レンジがおかしな動きをしたりと、いつ使えなくなってもおかしくない状況でしたので、ついに入れ替えとなりました。

F1edf3a6d0cf4099ac492dc2df0102e0

 年末のクソ忙しい時に東京へ遊びに行く私。取り替え作業が少しでも楽になればと捨て去るレンジを掃除し、磨き上げる妻。実に対照的です。

 レンジも察したのか、今朝から一層挙動がおかしくなったようです。私を捨てるのね、と拗ねているのかもしれません。車を買い替える時などにはよくあることですが、ガスレンジでもあるのですね。明日の夜、東京から戻ったら、新しいものに入れ替わっているはずです。長い間、本当にありがとう。

2019年12月28日 (土)

中華限定

20ea23e9e8e14add96529fc0e8a25ab6

 しかと、の形で眠る「ちち(仮名)」さん。人間も丸まって眠ると落ち着く場合がありますから、これはこれで眠れているのでしょうけれど、そのうちうぃーんと伸びをして長くなることもしばしばです。

す そういう、ワンコのさまざまな寝姿を見ながらなんとなく寝転がっているうちに眠りに落ちる、という不健康な毎日です。

28e30e4838bc4aeab39df3fab4a6f299

 590&CO.さんで目にして連れ帰った箱。実はこれではなくて、ぺんてるのスマッシュ3本セットを狙ってきたのでしたが、現物を見るとまったく好みではありませんでした。それが良さなのでしょうけれど、樹脂の軽い感じ、ポップなデザインがピンとこなかったのです。私にはそういうセンスがないということなのでしょう。

30bc01748eec4262983363cd048d0609

 中国語。漢字ですから何となく意味がわかるような、わからないような。中国限定のシャープペンシルです。気に入りませんけれど、やはり大きなマーケットですから仕方ないのでしょう。中国限定の筆記具、結構あるようです。

Cbc40c94a4ad47cfb8d49cafc4796f59

 例によっておめでたい金色。中国に限定しなくても、と思いますが、金色なんて、と思っているのか、それとも中国を大事にしているのか。いずれにしても私は、今回は付属品である革のペンケース目当てというのが強いのです。そのうち、中身が別のものに変わっているかもしれません。

8d2c40c62fe94fe4b4662a6b2b67b350

2019年12月27日 (金)

年内帰還

C5cb097ce2604957ae531ee369078ea0

 これまた液状化して寝ている「ちち(仮名)」さん。以前に掲載した写真の別アングルで、タコ糸で縛った豚肉みたいになっています。例年、神戸南京町で焼豚を買って年末に楽しむのですが、今年はぼんやりしていて忘れてしまいました。明日は早くに売り切れてしまうでしょうから、今年は諦めよう、と思った仕事納めの日です。

D224f76775b54ab38555f666b09f11ce

 しばらく行方不明になっていたドライバー。貸してくれというリクエストは毎日のようにあるのですけれど、そのうち何度かは断らざるを得ません。言うまでもなく、貸しても戻ってこないことが理由です。

 借りるときは必死になってあちこち聞いて回るくせに、返却先には無頓着、という人が多いのです。学校の先生にはそういう人が実に多いので、もう慣れっこですけれど、今回は見つけ出すのに手間取りました。

3e61e9fe6cf2413789db9bd33f102e08

 ポイントはこれ、トルクスビット。こういう形のネジがこの世に存在することすら知らない人が多いことには驚かされますが、先日も私のすぐ隣でプラスドライバーでトルクスネジと格闘している人がいました。

 それをまたまた隣の人が見て、あぁ、その変なネジはずせるドライバー、うちの教室に転がってますよ、と持ってきたのです。どこから借りたのかわからないけど、実に便利ですよ、なんて言いながら。

22d59f28a4c24c4d8388142f2b15c373

 今後、ドライバーが行方不明になったら一つ一つ教室を見て回ることが大切という教訓を得た、と喜んでいたら、「人に貸さないようにした方がいいんじゃないですか?」とほんまモンの教頭先生が呟きました。納得です。

2019年12月26日 (木)

謎解き

979ceb52cf3e4a28bc9e5adea870becd

 安心し切って眠る「ちち(仮名)」さん。ですが、ドッグイヤーの言葉の通り、センサーはオンのままで、遊びや食べ物に関わりそうな兆候を察知するとガバッと跳ね起きます。高齢なのにお見事、というほかありません。

16f4d5cdaf8e46318ac66115b7176772

 妻と二人、こんなお遊びに出かけてみました。実のところ、私一人では謎なんか解けるはずがないので、日頃から脱出ゲームなどに熱心に取り組んでいる彼女の力を借りようという魂胆です。

 大阪メトロが1日乗り放題のチケットに謎解きに必要なグッズ類がセットになって2300円。大人のお遊びとしてはお手軽な価格です。あとは謎を解く知力と、幾分かの鉄分。必要なものはそれくらいです。

55fcb2d23e854afb81a10ff24a66625b

 すでに他地域でもリリースされているイヴェントですが、その難度の高さは人によりけり、というところ。謎を解かないと次に向かうべき大阪メトロの駅がわからないシステムですが、終盤に差しかかると、最終目的地がピンポイントでわかってしまいます。

 でも、最終目的地なんてものは重要ではなくて、そのあと、最後の謎はおうちでじっくり解いてね、っていうのが曲者。我が妻をしても正解に至るまで結構な時間を要しました。

 皆さんも、一回、いかがですか?

873938e2e0ab48858e0348801d21c0cf

2019年12月25日 (水)

いのち

92e4bb1d6a6749d98494e12d5937f961

 写真を撮られるのを防ごうと起きたものの、耐えきれずにまぶたがくっついてしまう「ちち(仮名)」さん。とっても甘えん坊な彼女は、1人で寝ているのに耐えられず、一定間隔で家族のもとをまわり、傍に寝そべっては「撫でて頂戴」と求めます。それが一回りすると、満足してゲージに戻るのです。これが可愛くなくてなんでありましょうか。

F47c5b9d714c482a9249924713c4fac8

 本日はこれまた義理で、うだアニマルパークというところへお勉強しに行ってまいりました。毎年夏に教員対象に行われている「いのちの授業」の研修が、あろうことか今年はクリスマスの日に設定されてしまい、参加者が猛烈に少なくて中止の危機。なので拝み倒されて動員に応じたのでしたが、結果として、行ってよかった、というものでした。

5ca90aca2c494ed786b7a84e3274a4b8

 張子の動物たち。これを使って、人間と動物の共生についての授業をするのです。実によく練られていて、授業がヘッタクソな先生でも何とかできそうな感じのマニュアルもあります。そしてここが大切なのですが、子供たちにめちゃくちゃウケるのです。

 で、そういう研修の後、午後からは併設されている動物愛護センターの見学。要は野犬や野良猫を保護してきて去勢、ワクチン接種などを行なったのち、希望する人に譲渡する、という業務を行なっている施設です。

4d94657c68c247efbbdfdc2e8e999f5c

 しかしながら、あまりにも小さな(幼い)ものや病気の個体などは安楽死となるそうで、すべての個体が新しい家族に迎えられるわけではありません。けれども、毎年確実に保護される動物の数が減ってきているそうで、失礼ながら、行政が運営する施設にしてはよくその目的を果たしているなぁ、というのが偽らざる感想です。よろしければ皆さんも、新しい家族を迎えてみてはいかがでしょうか。ただし、結構しっかりした審査に通れば、の話ですが。

2019年12月24日 (火)

年末恒例

2298f2ce4d6440629fd14b34836bdf38

 もうなんなのかよくわからない物体となって眠る「ちち(仮名)」さん。暑さ寒さにはあまり関係なしにその時々の気分で潜り込むように思われます。炬燵の中に潜り込んでいることも稀にありますが、流石にすぐ出てきますので、ワンコどこ行った!と騒ぎになるようなことはありません。

Db0a5855f7d64fbca1256d0d44aeb7ec

 これがないとお正月が迎えられない、と勇んで買ってくる白味噌。我が家は20年以上このお味噌限定です。お雑煮の流儀は地方により実に様々ですが、私の実家では白味噌仕立てに大根、にんじん、丸餅を入れたものです。

1ba72b99a31649769f6bdf37be9b98f0

 かつてはこの白味噌を2キロばかり買い込んでいたのですが、子供たちが大きくなってくるにつれ、正月休みも短くなり、雑煮を食べる回数も減ってきて、今や1キロあたりでちょうど、というところです。

 実際、それより少なくても大丈夫なのですが、我が家では私と長女がやたら濃い雑煮を好むので、お味噌の投入量も多くなるのです。

89dae90ba4994801b1bce24f3896c602

 さて、今年は断糖高脂質食にシフトしている私。大晦日の年越し蕎麦、元旦からのお雑煮とまったくもって食べてはいけないものばかり。ましてや大豆関連の食材はビタミンやミネラルの吸収を阻害しかねない反栄養素をしっかり含みますので、味噌をガンガン食べてる場合ではないのですが、結局、お正月は特別、となって、正月休み明けにはまだ太ってしまっている、なんてことになるのかもしれません。

2019年12月23日 (月)

彼我の差

12998c6b93c349ea88d0cbe5cf29f776

 いわゆる「液状化」の状態で眠る「ちち(仮名)」さん。相当にもふもふな彼女がその全体重をケージの柵に持たせかけて眠るので、痛くないのかと心配になるほど佐久が体に食い込んで見えますが、本人(犬)はなんとも思っていないようです。

7a2f0372176d4bda9c62f9952a82fd3d

 本日は終業式。そして夜は忘年会。私は毎年不参加ですが、クリスマスプレゼントの交換には参加しています。職員全員の名札を入れた袋から一枚ひいて、出てきた名前の人に「ふさわしい」プレゼントを用意するのです。で、不参加の私が事前にいただいたのが写真のパズル。複雑な時間割を組んでいたイメージからか、パズル系のものをいただくことが多いのです。

33cd7f4d8d854540ace07f084568fa65

 で、私は今年も昨年同様、とっても真面目な小学校の先生を引き当ててしまいました。なので今回も、真面目な先生が使ってたら面白いシリーズで決まりです。

 レタスの形をしたメモ帳に、マヨネーズやケチャップのボトルを模した修正液。まったくもってふざけております。

235b0657a3de4cbabbc45a870d3cada0

 メモ帳のほうは、レタスに見えることに最大の力点が置かれてますので、いざ使おうとなったら、しわくちゃの紙を剥がして何か書く、という難儀な代物です。そのくせ、バラバラになってしまわないような仕掛けがしてあるという、この、ふざけてるのか真面目なのかわからないところが良いのですね。

 こういうやつなので、私にプレゼントを贈る羽目になった人は真剣に悩んでしまうのだそうです。

6b598cc75f854eddbbb0a05012c552fe

2019年12月22日 (日)

発見できるか!

4a21b7a283aa4fdeba1eb97225921274

 あと少し、というところで気づいて振り向いた「ちち(仮名)」さん。可愛い寝姿だ、と思っても、なかなか撮らせてはくれません。

 一頭だけになって、ライバルがいないので性格が丸くなったような気がしますが、家族の意見は違うようです。

60b92877da6445fc80748989599ffa66

 欲しい人は声をあげる、煤けた小箱。どうせ半分以上蒸発してるんでしょ、というなかれ。しっかり中身が詰まっています。武蔵小金井の中村文具店で見つけて、使うつもりもないのに保護してしまったものです。

9851d85f2a1b487286ac1ef705e5f0ca

 サイズ違いもあったのですね。いや、むしろ、下の方が自然なサイズに思えますが、何せ一本あたりの容量が少ないので、ある程度たくさん待っていないと不安、ということなのか、そもそも2本まとめてセットするのだからたくさん必要だ、ということしょうか。

0f5395524c0342a986e34b4f430771b0

 で、あとやるべきことは何か。そう、それはガラクタの山の中からこのカートリッヂを使う萬年筆を探し出すことです。実はその方がカートリッヂを見つけるより難しいことかもしれません、

2019年12月21日 (土)

素直

20191224-231442

 何かを探し求める「ちち(仮名)」さん。先ほどまで液状化して眠っていたのですけれど、いわゆるレジ袋をカシャカシャいわせる音を聞きつけてムクッと起き上がり、その「袋」に入っていたであろう食べ物は今どこでどうなっているのか、というのを探索しているのです。

 かつて、毎日のように何か食べるものを買い込んではむしゃむしゃやっていた飼い主も、今では寝る前に牛脂スープをこしらえてすするだけになりました。今年も残りあとわずか。年内に悲願の60キロ台突入がかなうかどうか、というところです。

20191215-143137

 武蔵小金井の中村文具店で見つけた、MAXのステープラー針のディスプレイ。納入時の箱を展開するとディスプレイになる、っていう奴ですが、現行品と昔のもの、両方仲良く並んでいます。当時の価格は一箱20円だったのか、などと感慨にふけりつつ、このディスプリエに書かれている、ホッチキスの生命をまもる純正規格品、というのに目がとまりました。

20191224-2314081

 そういうことを書かれますと、天邪鬼な私のこと、サードパーティー製に走りそうなものですが、インクジェットプリンタのインクとホッチキスの針、こればっかりは素直に純正品と決めています。ステープラーは、保有しているものほとんどがいわゆるフラットクリンチのタイプですので、PLUSとかJOINTEXなど、通販系事務用品の針を入れるとかなりの確率で詰まります。やはりそこは、フラットクリンチ特有の、針の足に二度圧をかける、というのに対応した針でなければならないのでしょう。

 そういえば、シュレッダーの前で必死になってホッチキスの針を外している人をよく見かけますけれど、これまた、針の箱に書かれている文言をよくよく読んで、素直に行動すべきです。今どきのホッチキスの針は、紙の再生に悪影響を及ぼさない旨、書かれておりますね。要するにホッチキスの針が付いたままシュレッダーに放り込んでもいい、ということです。まぁ、シュレッダーの刃のことを考えると、10号より大きな針の場合は外した方が良いのでしょうけれど。

2019年12月20日 (金)

天空の鉄

20191221-103609

 気がつけばこたつ布団の裾に乗っかって寝ている「ちち(仮名)」さん。面白いのは、熟睡しているように見えても、こたつに入っている家族がトイレなどで席を外すと、待ってましたとばかりムクッと起き上がって布団の裾を占領しに動くことです。結果、帰ってきた家族はこたつ布団の裾を押さえ込まれているのでこたつに入ることが出来なくなりますが、彼女はそんなこと知らん顔で寝ているのです。

20191216-172810

 先日東京へ行きました折には、田舎者が足を踏み入れてはいけない空間、六本木ヒルズにお邪魔して、天空ノ鉄道物語という展覧会を見てきました。一般に、こういうのが開かれるときは、対象者を広くするためでしょうか、いわゆるマニア層にとっては「アホくさ」というような内容になることが多いものですが、今回は半分だけではありますが、非常に満足できる内容であったと言えます。

20191216-172455

 家族連れに満足してもらおうとすれば、お子様を対象にせざるを得ませんが、この博覧会は、前半と後半とに分けられていて、前半はけっこうマニアックな内容になっていたように思います。こういった歴史的資料と言うべきものが大量に展示されていて、すでにマニアなお兄さんたちでも十分に満足できるものでした。鉄道車両はこうやって動くんだよ、みたいな、初心者でも素通りしそうな展示はなく、硬派な内容であったと思います。これは実に嬉しい誤算でした。

20191216-172116

 ここに展示されている資料は非常に貴重なものですし、お子様向けにはまったくウケないものばかり。そのせいでしょうか、会場内を我が物顔に走り回り、奇声を上げるお子ちゃま、というのをほとんど見かけませんでした。

 けれど、それだけでは入場者数を稼げません。なので、2部構成の後半はぐぐぐっとレヴェルを下げた内容となっておりました。これならお子様連れでも大丈夫。お父さんお母さんともに、列車ならすべて「電車」と言ってしまうような人でも大丈夫です。入り口にいきなり「SL」なんて文字が大きく掲げられている時点で、展示内容は推して知るべし、です。なので、マニアなお兄さんお姉さんは第1部だけ見れば十分ではないかと思います。

2019年12月19日 (木)

貴重品

20191222-012020

 あご枕でまどろんでいる「ちち(仮名)」さん。ワンコがこういう状態なのは大抵深夜で、飼い主はこたつに潜り込んで寝転んだまま録画した番組を見ている、という感じです。その後飼い主は自然死してしまい、夜明け前と言われるような時間になると自然に目覚めて風呂に入り、上がってきたときには妻も起き出して朝食の支度をしている、という感じになります。

 断糖高脂質食を実践するようになってから、一番大きな変化はここで、朝、とにかくも目が覚めるのです。そういうときは、お 昼過ぎの猛烈な睡魔に襲われることも少なくなりました。恥ずかしい話、私はつまらない話を聞いていると居眠りしてしまうタイプで、そのことで教育委員会事務局の偉い先生に呼び出されてお叱りを受けたこともあります。けれど、断糖高脂質食をきちんと実践している範囲内においては、そういった居眠りも確実に少なくすることが出来ています。ありがたい話です。

20191218-220228

 上がタイトルにある貴重品で、下の青いのが今でも普通に手に入るもの。掲示板などに刺さっている画鋲を抜くとともに、抜き取った画鋲をそのまま本体内に貯蔵しておくことが出来るという、教員にとっては必須の一品です。これがないと、画鋲と掲示板とのわずかな隙間に爪を入れてこじることになります。もちろん、教員の世界の常識として、画鋲はまっすぐではなく斜めに刺す、というのもありますが、児童生徒に手伝ってもらった場合などは、たいていまっすぐに、しかもぐぐっと深く刺されていることが多いのです。そういった画鋲を抜くのに爪を使っていたのでは、どんなに丈夫な爪であってすぐにだめになります。

20191218-220122

 で、今、現場で困っているのは、この画鋲抜きの道具が案外デリケートで壊れやすいことなのです。写真にあった青いのは、画鋲をすくい上げる部分が金属製なのでまだマシな方なのですが、ここが樹脂製の製品もあって、そういうのはすぐにゴミ箱行きになってしまいます。ですのでほとんどすべてが金属製の製品を大事に大事に使っている人も少なくないのですが、それでも、形あるものはいつかは壊れます。武蔵小金井でミントなこれを目にしたとき、迷わず買ってしまったのはそういうわけです。

20191218-220254

 グリーンのプラスチックで覆われた部分に外された画鋲が溜まっていくのですが、問題はその画鋲をすくい上げる部分。実に綺麗な造形ではありませんか。ここで画鋲をどんどんすくい上げては抜き去って、貯蔵部に送り込むのです。

 ただこれ、その先端部分の「ふた」が馬鹿になりやすいという問題があります。その部分が緩んでしまい、使用時にフタが半開きになってしまうのです。そうなると、あちこちに画鋲がこぼれ落ちるので厄介なのです。この器具の寿命は、まさにこのフタの部分がしっかりと閉じていてくれるかどうか、ということで決まるのです。

 でも、最近は画鋲を使わない掲示というものも広まってきました。そして、そのことが教員の負担軽減につながっているというのも事実です。やはり、こういう道具も消えていく運命なのかも知れません。

20191218-220157

2019年12月18日 (水)

吸い取る

20191220-011705

 クッションをかぶってお休み中の「ちち(仮名)」さん。今日もいっぱいお外でうろうろして、いろんな人にかわいがってもらったので十分満足、ということでしょうか。かわいい可愛いといわれていてもすでに老婆ですので、深夜というべき時間帯に入ると目がしょぼしょぼしてきて、明らかにお眠だということがわかります。で、もう寝るからおやつ頂戴、と自ら進んでケージに入るのですが、あえて知らん顔をする家族。我慢も限界となると「ワン」と吠えて、「夜中にうるさい」と叱られる、というのを毎晩のように繰り返しています。

20191215-142154

 中村文具店は、本当に宝箱のようなお店でした。この次来た時にはあれを買うぞ、というのも決めてありますが、さて、この次っていつになるのでしょうか。うまい具合に土曜日曜に東京へ行くことができて、さらには武蔵小金井まで往復するだけの時間が必要ですから、言うほど簡単なことではないかもしれません。

20191218-220044

 このラベルが張られていたので、こいつは売り物なんだな、とわかりました。実にチープな、それだけに実用品、普及品であるということがよくわかるブロッターです。どこと言って分解できるような構造でもないので、メンテナンスといっても吸い取り紙を取り付けたぐらいのことなのかな、とも思いますが、実際にはいろいろとご苦労があったのかもしれません。そういうことに思いをはせるのも楽しいものです。

20191218-220054

 もし今、萬年筆が実用筆記具の中心にいるのなら、ブロッターなどはまさに面白い文具ということになっていたかもしれません。机上品として、そこそこ存在感があって、邪魔というほど大きくもない。そういうものは、個人の好みが出やすいですから、各メーカー、趣向を凝らしたものを出してきているはずです。しかし今、萬年筆は実用品というより趣味の対象ですから、ブロッターの新製品も期待できません。

 私の業界では、こんなしゃれたものではなくてチョークを使います。通知票なんかを作るとき、ゴム印を捺したところにチョークを転がすのです。そうするとうまい具合にインクが吸い取られます。こでも、遠からず消え去っていく技ですね。

20191220-212548

 ペントレで手に入れたのでしたか、古風な木製のブロッターと並べて記念撮影。太字の万年筆で封筒のあて名書きなどした際には重宝しますので、私の机の上からは、この先もしばらくブロッターが消えることはなさそうです。

2019年12月17日 (火)

昭和

20191219-231625

 照明の落ちたリヴィングで、寝そべってはいるものの目を開けていて、何かを考えているようにも見える「ちち(仮名)」さん。今日は家族にも飼い主にもけっこうよく遊んでもらったので、じゅうぶん満足、あとは寝るだけなので、今日という日を振り返っているのかも知れません。時折こうして人間みたいな仕草や表情を見せるので、ワンコを飼うのは実に面白いのです。

20191215-141643

 今まさに東京では女子文具博とかいうのをやっているらしい、と聞いて興味は惹かれましたが、その手のイヴェント、とにかく会場内が人でぎっしり、ということになりがちで、しかも、女性比率が猛烈に高い。そんな中へオッサンが突入していくなんて危険以外なにもない、ということで遠慮しておりました。

 そんな中、このお店の店長さんが「男だったらここへおいで」みたいなつぶやきを流されたのでした。ご本人曰く女子文具博をDisろうなどという意図はまったくなく、女子文具博もいいけれど、うちのお店も覗いてみてね、ぐらいの気持ちだったとのこと。そう、みんなで文房具好きの裾野を広げていけば良いのです。

20191215-142223

 ほれ、行ってみたくなったでしょ。基本的には土日のみの営業のようですから、週末に東京へ行くなら武蔵小金井、と覚えておくべきです。こちら中村文具店さんにお邪魔すると、昭和の時代、学校の門前にあった駄菓子屋なんかも兼ねた文房具屋さんを思い出します。その頃だったらこういうのは先生が買っていったのでしょうね。

20191215-142018

 こういう、目を楽しませてくれる非売品も多いのですけれど、これ、買ってしまってもいいの、というものもたくさんあります。そういうものは順次ご紹介していこうと思いますが、このお店、中も外も実に良い雰囲気でして、建物がもう少し昭和なら完璧だったのにな、などと余計なことまで考えてしまいます。

20191215-144410

 お店の前に、まるで放置されているかのように置かれている自転車。荷台にくくりつけられている箱、この中に、毎月楽しみにしている学習雑誌なんかを入れて学校に来ていた文房具屋さん、本屋さんもありました。とっても懐かしいですね。

 このお店に行ったら、いろいろとお話をしながら、気に入ったものを記念に保護して帰りましょう。実用に耐えるものもありますけれど、むしろ貴重なコレクションとなり得るものの方が多いようにも感じます。でも、死蔵されてしまったら文房具もかわいそう。使ってあげるのも文房具への愛情なのでしょうね。

20191215-144402

 

 

2019年12月16日 (月)

対比

20191217-000311

 眠たいけれど、ケージの外でごそごそやっている飼い主が気になって、なかなか目をつぶることが出来ない「ちち(仮名)」さん。こういうときは気をつけないと、飼い主が何か楽しそうに動くと「私も、私も」と起き上がってきて盛り上がってしまいます。こういう状態のときは刺激しないようにゆったりとした動きを心がけることが大切です。

20191216-235949

 神戸の老舗文具店へ行って、ジェットストリームEdgeの陳列什器をぼぉ~っと眺めていたら、なぜか店長登場。知らない人でもないので縁起物ですからと1本お買い上げ。実は、神戸まで来なくてももう少し自宅から近いところで購入することも出来たのでした。

 その足でDENに入ると、ここでも店長登場。世間話のつもりでつい、「エルエス・・・」なんてつぶやいてしまったのが運の尽きでした。DENの店内はやや照明が落とされたところにスポットライトが配されていて、萬年筆が綺麗に綺麗に見えてしまう環境。このときお店の方が手に取ったのがパープルでしたので、これもご縁、とお迎えしました。写真はペン先を引っ込める直前の手の形。ポケットに挿したときに一番底の方になる部分の断面は真円ではなくカムのような形で、その出っ張りの部分を指で押して回してペン先収納、となります。

20191216-235910

 ダイヤカットリング。これがないブラックマット軸という選択肢もありましたが、前述したような店内照明ですと、ブラックマットは実に控えめというか地味というか、つまみの部分にある赤いワンポイントもよくわかりませんし、これ、と決めている人、マットブラックでなければダメ、という人に選ばれていくものでしょう。

 私自身、なんでこの色なのか、どうしてブルーにしなかったのか、後で考えると不思議ですが、まぁその場で綺麗に見えたから、でしょう。

20191217-000010_20191220003501

 慣れると実に使いやすいけれど、嫌う人はけっこう徹底的に嫌っているキャップレス。しかもこの標準タイプというか、デシモではない、ある程度ふっくらしたボディを持つタイプには拒否反応を示す人が少なくないようです。この先、このLSのメカニズムをさらに改良してデシモ系にも組み込む、なんてことをやるのかやらないのか、そういったことをあぁでもないこぅでもないと論議するのも面白いものです。

20191216-235851

 で、某氏からこき下ろされて奮起を促されていたオエステ会「ニッポニア」の金鍍金。いわゆる標準タイプのキャップレスと並べてみるとLSの方が少し長いのです。キャップレスを嫌う人は「ノックボタンが長いんだよね」などとよく言いますが、それも若干短いのです。さらには、これまたキャップレス嫌いなら必ず口にしなければならない呪文、「書くときにこのクリップが・・・」についても、少し感触が違います。是非、現物を手に取ってお確かめください。標準型もいいけれど、LS、けっこうハマります。

2019年12月15日 (日)

さすが

Dc633887793747c49a0cdb4a1d70dd84

 しっかり遊んでもらって、おやつもいただいて、もう思い残すことはありません、とケージに入った「ちち(仮名)」さん。こうして大人しくしていると、本当に可愛らしく思えます。本来なら、いつでも可愛らしく思えるようにきっちり躾をすべきでしたが、自分の身辺ですらきちんとできない私にワンコの躾なんてできるはずもありません。

844f8dffb6934faaad493b4685a9fa48

 先週末、現存する日本一の老舗文具店のTwitterアカウントで、限定品はすぐなくなるよぉ、というつぶやきがあったので、お義理の試験が終わったらすぐに神戸へ走ろう、と決めていたのです。なのに、朝から電話が入って、管理職にしかできないことを今日やってくれ、などと言われたものですから、試験が終わってから職場に寄り、その後、ルミナリエも点灯しちゃってる神戸に突入となりました。

 やはり、限定のオレンジ軸は完売。まぁ世間一般、入荷すらしていないお店の方が多いのですから、まだまだ大丈夫でしょう。

6fe9505fec7e4c69876a1968f6b0c774

 一番上が、今回発売となった0.28ミリのジェットストリーム エッヂ。真ん中はキャップレスのEF、一番下は同じくキャップレスのMで書いた文字です。細美研ぎを探したのですが手近にありませんでした。

 実に細い筆記線ですが、さすがにカリカリしません。そのあたり、滑り過ぎると文字の形が崩壊する私なんぞには合っていると思いますが、細い文字ほど下手さが目立つ、というのもまた事実。悩ましいところです。

1ed5a07b817a4373b5baea4ae3ccaa87

 オレンジ軸を求めて、銀座伊東屋ですとか池袋丸善あたりをさすらってみましたが、入荷自体まだです、ということでした。老舗なればこそのフライング(気味)販売だったのでしょうね。

20191219-231745

 などと暢気なこと書いていましたが、入ってるところには入ってるようで、限定食のオレンジを確保。要はシルヴァーのクリップが今ひとつ気に入らず、赤いクリップは軸色が白だし、そうなれば青とオレンジだな、というだけのことです。書類の狭い狭い桝目に文字を埋めていくという地味なお仕事には最強の1本かも知れません。

20191219-231803

2019年12月14日 (土)

義理

Vu2rrv0000000h6i_1

 本日は面接でした。教員志望者が減少の一途をたどっているそうですが、現役の教員の中でも管理職のなり手が減っていて、けっこう困った状況にあるようです。かつては教頭試験に合格しても教頭になることなく退職する、なんていう人も多く、私もそのコースをたどるはずだったのですが、まさかの教頭不足により、教頭が複数いる学校に配属されたのです。以来、もう一人の「ホンマモンの教頭先生」におんぶに抱っこ、草刈りだけしていればOKという、県内で一番楽をしている教頭です。そんな状況で校長試験を受けるように勧められても、とんでもない、と逃げ回っていたのですけれど、昨年は逃げ切れずに受験して当然のごとく不合格になりました。

 いくら名誉職とはいえ県教頭会の会長を拝命している今年、落ちると実にかっこ悪いので、と校長に申し出ていたのですが、私の勤務校からは校長試験、教頭試験ともに誰も受けないということで、どうやら校長は相当に肩身の狭い思いをされていたようです。

Kouchou_sensei_speech_20191214235101

 そもそも、今どきは校長なんて魅力的な仕事とは言えません。しっかりとしたビジョンを持ち、それなりに力量のある人なら、それこそ自分が理想とする学校を創る、ということもできるでしょうし、それは実に魅力的な話です。私のように自分の日々の生活すらどっちに転ぶかわからないような人間に、そんなたいそうなことが出来るはずもありません。

 それにしてもこのイラスト、悪意に満ちていますね。校長先生が、子どもたちにため息つかれながら、面白くもないお話を延々と、という状況でしょうか。しょせん、校長のイメージなんてそんなもの。特に今の時代は、教育委員会の意向をくみ、先生方をそれに従わせる、というのが主な仕事になってしまっています。あとは、対外的なことで「謝る」のも大きな仕事の一つでしょう。いずれにしても、魅力的なものとはとても思えません。「職員室の担任」としていろんなことが出来る教頭の方が数倍魅力的に思えます。

66d4272447ce7737c0351ff6d84c6568

 試験をする以上、ある程度の人数が受けないといけません。要するに「落ちる」要員が必要なのです。受験者全員が合格なんてことになったら、試験そのものが疑われてしまいます。

 かくして、今年もまた、受かる見込みのない試験を受けてきました。部活動で実績を上げているとか、授業研究ではその名を知らない者がないとか、そういう、何らかの実績を残している人でないと校長にはなれません。クラゲのような教員人生を送ってきた私には縁の無い世界なのです。それでも、これもお仕事、と割り切って、かた苦しい面接を終えました。義理のお仕事も終わったので、明日は存分に東京での文具店巡りにいそしみます。

«ひかり

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック